スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリオ・ラン ⑧ジャスパー到着 

2009年9月27日 ジャスパーの町までの道のりも最高でした!

 ジャスパー国立公園に入って3日目。向かうは、公園の中心となる町・ジャスパーです。あと50kmくらいの道のり。初めは、“町までのラストラン=単なる移動の残り”という風に考えてましたが、いやいや、ジャスパーを舐めちゃいかんですね! ジャスパーの町までも素晴らしかった☆

IMGP1713.jpg
写真1)この河原で2泊野宿してました。写真の中ほど、ちょっと木があるところの向こう側にテントを張ったので、道路からは見えにくかったはず・・・。この河原、とても見晴らしが良く、いつもはコソコソ野宿してる私たちも、開放的な野宿を楽しめました。唯一の問題点は、見晴らし良過ぎるので、大きいほうの用を足しに行くのに、数百m離れた森まで行かねばならなかったこと、でしょうか。

IMGP1723.jpg
写真2)走り出してほどなく、大きな湖が見えてきました。で、その湖面に目を凝らすと・・・!? 人が水の上を歩いてるじゃないですか!? 停車してみると、とても浅い湖でした。うずうずが止まりません・・・。

心 「俺もやりたい!」
岳 「俺も!」
井 「じゃぁ、俺も!」


IMGP1730.jpg
写真3)満面の笑みで☆ 軽やかに♪ 輝く水しぶきを上げながら! 湖面を駆けて来るのは・・・、ヒゲ面の冒険野郎・岳くん。

IMGP1751.jpg
写真4)湖面の上を走るサイクリスト発見!!  私ですけど・・・、これ大変だったんですよ。浅い水の下は波打った砂地です。減速するとタイヤを取られて湖に倒れちゃいます。私靴履いてますから、コケないよう、必死に漕ぎ続けました。


IMGP1734.jpg
写真5)湖の写真、もう一枚。風が止むと、湖面が鏡となって、周囲の全てを映します。

IMGP1767.jpg
写真6)湖から上がり、再び自転車で走りだします。徐々に左右の山が迫ってきました。美しい山々と湖を見ながらの心地よいサイクリング☆ 途中、再び井戸さんのチェーンが切れるアクシデントがありましたが、私の8速チェーン用コネクティングピンで応急処置を施し、何とか走り続けることができました。

IMGP1771.jpg
写真7)ジャスパーまであと少し。遊覧飛行用のセスナ飛行場の隣、広い草原には、跳ねながら何かを追い回すキツネたちの姿がありました。

IMGP1780.jpg
写真8)町の入り口に差し掛かると、路上駐車の車列とカメラを構えた観光客のひとだかり。その原因は、こいつでした。立派な角を持つ、大きなエルク! どれくらい大きいかと言うと・・・

IMGP1783.jpg
写真9)これくらい! サドルに乗せてみました(笑) 実際には、ホルスタインくらいありそうな立派な体躯。エルク(アメリカアカシカ)は、ムース(ヘラジカ)に次いで、2番目に大きな鹿科の動物です。野生動物ですから、近づき過ぎは危険です。


IMGP1789.jpg
写真10)2時頃、ようやくジャスパーの町に到着。軽井沢から和のテイストを取り除いたら、こんな町になるのかな?といった街並み。まずは、スーパーで昼食の惣菜と夕食の食材を買いこみ、観光案内所前の芝生に座り込んでの昼食。
 その後、観光案内所で付近のハイキングルートや見どころを確認し、資料を集めました。お宿は、町はずれの公営キャンプ場。町から3kmくらい離れてますが、私たちには大した距離でもなし。ここには3泊することにして、夜は客の少ない広ぉ~いキャンプ場でのんびり。

 さぁ、ジャスパー国立公園ですよ! ここまでも素敵でしたが、ここから先が本格的なカナディアンロッキーです!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/998-c38814f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。