スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリオ・ラン ⑤『80.1km』と『50,000km』 

2009年9月24日 ふたつの大台突破がありました! 


IMGP1646.jpg
写真1)目覚めると、あれ・・・?夕焼け??



 うぇ~!!! 大寝坊だぁ~!!




 って、んなわけないです。私には、すぐに事態が飲み込めました。山火事での煙です。昨夕、遠くの山の向こうに、煙が登ってるのが見えました。夜中に風向きが変わり、私たちが野宿してた谷間に向かって、大量の煙が・・・。そしれが、朝日を遮って周囲をオレンジ色に染めていたのです。

IMGP1647.jpg
写真2)喉がイガイガするくらい煙たい朝・・・。私はテントの通気口を閉じてたからか?目覚めるまで煙に気が付きませんでしたが、井戸さんは夜明けを前に気が付いてたそうで、「テントの周りが火の海なんじゃないかと不安でした!」とのこと。


IMGP1650.jpg
写真3)走り出しは煙の中でしたが、徐々に空気が晴れてきて、さわやかな秋晴れのサイクリングとなりました。正面は、谷間に出現した石炭積み出し所(?) 

IMGP1652.jpg
写真4)ここいらの森は落葉樹が多いので、とてもキレイです☆ 紅葉、まもなく盛りという感じですね。

 紅葉美しい谷間を抜けると、急な上り坂が始まりました。ロッキー山麓の町グランド・キャッシュへ続く道。汗だくで4kmほどの急坂を登りきると、山奥とは思えないくらい立派な町がありました。ここはジャスパー国立公園の外ですが、ここを起点に、ジャスパー北部の山岳地へ入るハイカーやトレッカーもいるようです。
 スーパーで食料の買い出しの後、、公園のピクニックテーブルでアイスのおやつとお昼ご飯。途中、町役場の女性2人がやってきて、私たちの旅の軌跡をハイテンションで聞いた後、町のフェスティバル用に作ったピンバッジをお土産として置いてってくれました。
 昼食後は、ガソリンスタンドで水を補給し、再び深い森へ。道中で会ったトラックドライバーによると、この先ジャスパーまでは、大した上り下りはない、とのこと。その言葉に淡い期待を抱きつつ、町の向こう側にあった急坂を下ります!


 グングン!グングン!!加速します!! 

 200mくらいの標高差でしょうか・・・、こんなに下っちゃったら、またいずれ登らなきゃなんないじゃん・・・

 と不安になりつつも、減速することはありません。見通しは良いし、路面状態は良好。これなら、行ける!!!


IMGP1665.jpg
写真5)行っちゃったぁ~!! 大台突破!!新記録樹立!!

 解りますか?自転車のスピードメーターです。最高時速を表示してますが、『時速80.1km』だそうです。

 私、スピード狂ではありませんが、もう一度だけ新記録に挑戦してみようと思ってたんです。過去の記録は、08年夏にスペインで作った『時速77.7km』。自転車としては異常な速度ですが、まだ出るんじゃないかな?と思ってました。で、今日、80kmの大台を突破し、満足しました。もうこれ以上を狙うのは危険です。もう最高速度記録を狙おうとは思いません・・・。

 

IMGP1659.jpg
写真6)その1時間後、また嬉しい記録が刻まれました!

 よぉ~く見て下さい! 今度は、積載走行距離です。2005年12月の旅立ち以降の総走行距離が『50,000km』を突破したのです。

 まぁ・・・、これで地球1周&4分の1周分です。まだまだ、通過点ですね。この旅を終える頃には、7~8万kmになってるはずです。


IMGP1669.jpg
写真7)走行終了は6時頃。針葉樹の森の向こうには、ロッキーの険しい峰々が見え始めたところで、寝床探しとなりました。周囲の森には木々が密集しており、テント3つ張れる広い場所はありませんでしたが・・・、道路脇の丘の上、ちょっと森が開けたところを今日の寝床としました。

 夜は、随分冷えました・・・。標高は1200m程。この先、1週間は1200~2000mの旅となるので、また寒い旅に戻ります・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/995-47ec55e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。