スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリオ・ラン ③星がきれいな夜でした☆ 

2009年9月22日 星がきれいな夜でした。そして、私は気が付かされました・・・

 昨晩はモーテル泊まり。『高い金を出して泊った宿では、チェックアウト時間ギリギリまで、その環境を満喫する!』というのが、私、井戸さん、岳くんに共通する考え方。あ・・、いや、私だけかもしんないですけど・・・。今日は別に急いで出る必要もありませんし、チェックアウト直前まで、のんびり部屋で過ごしました。


SANY0045.jpg
写真1)自転車に荷物を積み終えた私。

IMGP1619.jpg
写真2)自転車に荷物を積み終えた井戸さん。

IMGP1620.jpg
写真3)自転車に荷物を積み終えた岳くん。


 さて、誰の自転車が一番重たいと思います??


 正確に計量したわけではないので、持ち上げてみた“感覚”でしかありませんが、おそらく、井戸さんと私の自転車がほぼ同じくらいで、推定65~70kgくらい。岳くんのは60kgくらいでしょうか。
 荷物は、井戸さんのが一番大きく見えます。カバンの総容量で言うと、私と井戸さん、井戸さんの方が20リットルくらい多い程度のはずですが、それ以上に大きく見えますよね・・・。

 井戸さんも岳くんも、旅立ち以降、随分荷物が増えてます。旅立って初めて『あっ!あれが要るのか!』『これが要るのか!』と気が付くことも多々あります。とはいえ、彼らの荷物が増えた原因は、私と出会ったことによる部分が大きいと思います・・・。
 同じ世界一周サイクリストですが、彼らよりも3年2カ月・4万5千km先行している私。まぁ、先輩というところです。彼らはその先輩のアドバイスをとても素直に聞き入れます。ほんと・・・、申し訳ないくらいに・・・。

 『こういうのあると便利ですよ!』と言うとと、次に会った時には、それを持ってます・・・。『これこれ!凄く良いんですよ!』と言うと、いつの間にか買ってきます・・・。


 もしも、彼らが旅先で初めて会った先輩サイクリストが、軽量化の意識が低く、装備品をたくさん集めてしまう私ではなく・・・、軽量化に拘る別のサイクリストであったならば・・・?おそらく、彼らの自転車は今頃もっとスマートになってることでしょう・・・。



 反省・・・は、このくらいにしておいて、出発です。重たい荷物を満載した3台の自転車は、グランド・プレーリーから南へ。9月初旬のユーコン準州とBC州北部は、初冬のような寒さでしたが、ここアルバータ州はまだ夏の余韻すら感じるポカポカ陽気!特に今日は気温が高く、25℃前後の暑いサイクリングとなりました。


IMGP1626.jpg
写真4)道は丘陵地帯に入り、徐々に起伏が出てきました。森の木々は、やはり、紅葉が始まったばかりといったところ。

R0011224.jpg
写真5)いよいよ起伏は激しくなってきました。昼食前までは、先頭で猛烈な速さを見せつけていた井戸さんも、激しい起伏と暑さに参り、後方へ・・・。先頭は、ヒマラヤとサハラを越えてきた私となりました。先輩サイクリスト、面目躍如です。


IMGP1629.jpg
写真6)昼前からの走行で90kmほどを走り、野宿場所は、谷間の河原となりました。透き通った水が流れる川のほとり。水は豊富に使えるし、最良の薪となる白樺の流木もたくさん転がってます。焚き火を囲み、紫色に染まる森の中で夕食・・・。


IMGP1632.jpg
写真7)とっぷりと日が暮れると、満天の星空が現れました☆ 焚き火の灯を消すと、まぶしいほどの星々が・・・

心 「あっ、人工衛星・・・」
井 「えっ!?人工衛星が見えるんスか!?」
心 「え?はい、見えまよ。ほら、あれ↑ あ、あっちも→」
井 「人工衛星!見えるんですね!!初めて見ました!」
心 「これくらいきれいな星空なら、あちこちに見えますよ。流れ星もたくさんね。」


 星空に興奮気味の井戸さん。私よりも年上の、ちょい渋めの33歳男性が子供のように騒いでます・・・。初めての海外個人旅行で世界一周に挑む井戸さんには、毎日いろんな新発見があるようです。

 そういえば、こういうプラネタリウムのような満天の星空を見ること、私にとっては特別なことではなくなってしまっているのかも・・・。ふと、贅沢な自分に気が付きました。そして、恥ずかしくなりました。美しいものを目にして、心を躍らせる、心を温かくする、そういうことに慣れ、徐々に鈍くなりつつある私・・・。

 いかんです! こりゃぁ、いかんですよ!! フレッシュな感動、素直な喜びを忘れてはダメです! 



ちょっと・・・、いかんよ・・・、俺・・・



 その夜は、同行のふたりがテントに入った後も、ひとり星空を眺めていました。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/993-06cffecb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。