スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中に「フゥ~・・・」って・・・ 

2009年9月9日 あまりの恐怖に、縮み上がりました。

 昨日、憧れのオーロラを見るべく、テントの入り口から顔だけ出して、空を見続けていましたが・・・。午後11時頃から雲に覆われ、結局オーロラは諦めました・・・。また今度、天気が良い晩にでも・・・。

IMGP1346.jpg
写真1)テントを畳んで、出発準備が整った頃・・・、空からポツリポツリと雨が・・・。


IMGP1349.jpg
写真2)雨はお昼まで続きました。緩やかぁ~な上り下りが続く森の中の道。ただ黙々と走り続け、昼食は道路わきのピクニックゾーンで。昼食を終えると、徐々に空が明るくなってきました。レインウェアを脱いで、午後はしっとりとした森の中をひた走ります。

IMGP1356.jpg
写真3)夕方、ついに!バッファローと出合いました!! 道路脇の草地で、草をもしゃもしゃもしゃもしゃ食べています。こちらに気が付くと、ジィ~っと私を直視・・・。なるべく急な動きはしないよう、ゆっくりとすれ違いました。

IMGP1373.jpg
写真4)またまた遭遇! 今度は道路の路肩にかなり近いところにいました・・・。こちらをジィ~っと見てるので、ちょっと緊張・・・。迫力のある見た目ですが、さほど攻撃的な動物でもないそうです。が、写真を撮ろうと接近し過ぎた人が襲われることもあるのだとか・・・。

 野生動物は野生動物、近づき過ぎないに越したことはありません。

 どうやらここいらにはたくさんバッファローが生息しているようです。道路の両サイドは幅20~30mの幅で草地となっており、バッファローたちにとっては良い食事場所のようです。でも・・・、その草地、私にとっては素敵なのキャンプ場所でもあるんですよね・・・。
 日没を迎え、道路わきの草地に、車道から死角となるような場所を見つけると、自転車を停めて周囲を確認します。バッファローの姿はありませんが、足元には大量の糞が・・・。『ここはなんか嫌だ・・』そしてまた移動・・・。何度も停車しては周囲を確認、でもどこに行っても糞がある。

IMGP1376_20091118081841.jpg
写真5)いよいよ暗くなってきたので、道路わきの平地にテントを張りました。車道から見える場所ですが、まぁ、夜中に私を訪ねてくる人もいないでしょうから・・・・、今夜はここで野宿。


 で、夕食を食べ、いつものように寝袋に入り、あっという間に・・・zzzZZZ

 と、いつも通りの森の夜だったのですが・・・。ここから衝撃展開!?




 フゥ~・・・ フゥ~・・・




 テントのすぐ傍から聞こえる動物の鼻息に飛び起きました! 心臓バックバク!です・・・。 『えっ!?バッファロー?? バッファロー・・・だよね!?バッファローであってくれ!!』


 一瞬過ったのは熊の存在。ここいらはバッファローの生息地ですが、グリズリー(ヒグマ)やブラックベア-の生息地でもあります。アラスカ以降、常に熊と遭遇するリスクの中で野宿をしています・・・。私、どんなに疲れていても、テントの外から聞こえる不自然な物音(枝が折れる音、呼吸音)などには飛び起きる習慣が身に着いてしまっています。

 熊だったら・・・?テントごと襲われると逃げることもできません。熊と距離があるうちにテントから這い出し、退路を確保し、万が一襲われた時の撃退(ベアスプレー)の用意もせねばなりません。



 どうする!? どうする!?どうする!?!? 

 


 意を決して、テント側面のベンチレーションから外の様子を見ました!




 見えたものは・・・・




 暗闇をもそもそと動く、十数頭のバッファローの群れ!!




 ホッと胸をなでおろしました。ま、そうだろうとは思ってましたが、熊じゃないと解るとホッとします。


 で・・・、これはどうなんでしょうね・・・? 夜中にバッファローの群れに囲まれてるテント・・・、危ないのでしょうか? どうなんでしょうか??

 また心臓バクバクしてきましたが、幸い、鼻息や足音は少しずつ遠ざかっています。息を潜めながら待つこと数分、音は微かに聞こえる程度になりました。上着を着てテントから飛び出し、遠ざかる群れを見送ってから、再びテントに戻りました。


 いやぁ~・・・・、 ドキドキの夜でしたよ・・・
 
スポンサーサイト

コメント

心です。

■ひげさん
 コメントありがとうございます。ご自身も旅行中でしょうに、私の旅行ブログなどご覧いただいたありがとうございます(笑)

 幸い、この北米縦断中、熊との危険な遭遇はありませんでした。10月末にはロッキーを離れ、熊の生息圏を後にしました。

 星野さんが命がけで撮り続けた極北の動物たちの姿・・・。憧れはありますが、あそこまで深く大自然に近づくことは叶いませんでした。比較的安全な距離から、それらの一部を感じられただけでも、収穫の多い時間でした。
  • [2009/11/27 07:29]
  • URL |
  • 管理人・こころ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

くれぐれも

星野さんのようにならないようにお気をつけて。。。
って気をつけようもないんかな。
アラスカ、行きたいなあ。
リアル"ゆらゆらとユーコン"て感じですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/980-a08c8d86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。