スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコン川下り⑨-2 廃村と廃砂金掘り機 

2009年8月19日午後の部 廃村と訪れ、壊れた砂金掘り機の傍で野宿しました。

 ユーコン川下り9日目の出来事はちと多いので、2つに分けてご紹介してます。

IMGP1140.jpg
写真1)午後は少しずつ雲が増えてきましたが、雨の心配はなさそう。カヌーよりも機動力に勝るカヤック。カヌーのふたりを後ろに見ながら、少し先を進みます。

IMGP1151.jpg
写真2)でも・・・、3時を過ぎたあたりから、徐々に足腰が痛み始めました。
 ペダルを漕いでるわけでもないのに・・・。ほぼ足を伸ばした状態で背筋を伸ばし、上半身だけの力でパドルを回す・・・、この動きが私には合わないのかもしれません。単に不慣れなだけでしょうけども、体が硬い私、変なところに力がかかってるようで、膝の裏の筋とか、腰の筋とかが痛みだしました・・・。
 あまり力まないように、力を抜いて漕いでいると、カヌーと変わらぬ速度まで落ちてしまいます。が、まぁ、急ぐ必要もないので、カヌーのふたりを前に見ながら、のんびり追いかけます。

 午後の休憩地(トイレ&ストレッチ休憩)は、『ビッグ・サーモン・ビレッジ』という、いかにもサーモンが獲れそうな廃村です。

IMGP1165.jpg
写真3)上陸すると、朽ちかけたログハウスが数棟点在していました。いつまで人が住んでいたのか?忘れましたが、とにかく今は廃村です。
 写真を取りながら探検していると、村はずれには新しい掘立小屋がありました。衛星携帯電話を持ってる人が住んでやしないかと、敷地内に入ってみましたが、人がいる気配はなし。今日は9日目の午後・・・。レンタルカヌー屋の篤司さんは、今日の正午に私たちを迎えにカーマックスを訪れているはずです・・・。他のお客さんの迎えもあったはずですから、無駄足ではなかったでしゅけども、早く連絡しないと、心配掛けてしまいます・・・。

IMGP1158.jpg
写真4)ここで野宿するカヌーイストもいるのでしょう。廃屋のひとつには、ウィスキーの瓶などがたくさん並んでいました。そして、柱には、日本語の落書きがたくさん!!
 ○○大学○○部、××大学×××学部。遠征メンバーでしょうか、それぞれ10名くらいの名前が記されています。落書き・・・、といれば落書き、寄せ書き・・・と言ってみても、やはり落書きです。今は誰の家でもない場所ですけど、やはり、こういう落書きを見ると、悲しくなってしまいます・・・。

 まぁ、野営地にテーブル作ったりしてる私が言うのもなんですけど・・・、それとこれは違うと、私は思います。

 廃村を離れ、今夜の野営地へ向かいます。川地図に記された『Good Camp』なのですが、その畔には砂金掘り機が転がってるそうです。どんな装置なのでしょう・・・?気になります!

IMGP1180.jpg
写真5)到着! 川岸にこんなのが見えたので、すぐにココだと解りました。

IMGP1182.jpg
写真6)陸から見た、砂金掘り機の一部。 近くにあった立札によると、これは1940年にホワイトホースで建造され、この地へ運ばれてきた掘削機で、川床の土砂を浚って、20日で72オンス(20kgくらい)の砂金を得たそうですが、1シーズンのみの稼働で、掘ってた人は翌年この地に戻ってこなかったそうです。20日で20kgって、ものすごい取れ方のような気がしますが、翌年戻ってこなかったとこをみると・・・、なんで?と思ってしまいます。

 ここでの野営、焚き火に大変苦労しました・・・。平らな場所は多く、テントを張るのは楽だったのですが、前日の小雨のためか、乾いてる薪の調達ができず、火を起こすのに30分以上かかってしまいます。せっかく起こした火も長続きはしない・・・。乾いた小枝をくべ続け、なんとか調理に使える程度の炎を維持するのが精いっぱい。暖を取るのは無理な話です。

 ピラフの夕食を美味しく食べた後、また河原で釣りです。初めて間も小雨が降り出したため、私は早々にテントへ。その後も続けてた井戸さんは、真っ暗になっても川面にルアーを投げ続けていました。・・・で!私がテントでウトウトし始めたところで、大きな声が聞こえました。

 駆け寄ってみると、優に50cmは超える、超大物を釣り上げているではないですか!! 大興奮の井戸さん。そして、ちょっと考える私・・・。

心 「こりゃぁ食えませんよね・・・」
井 「へ?ダメですか?」
心 「この雨で更に焚き火は困難になったし、これだけ大きな魚をフライパンで調理するのも大変ですし・・・」


 おそらくパイクと思われ、食用になる魚ですが・・・、残念! この巨大な魚を美味しく調理することができません。明日の野営地前運ぼうにも、バケツには収まらないし・・・。残念ですが、リリースすることになりました。でも、井戸さんは、釣り上げたことで大満足の様子。

 良いなぁ~・・・、私も釣りたいなぁ・・・。残る旅は2日間。私も頑張らなきゃ!です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/971-b08d71f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。