スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコン川下り⑧美しきユーコン 

2009年8月18日 これですよ! これがユーコン川下りってもんですよ☆

 8日目です。当初の計画では、今夕、ゴールのカーマックスに到着しているはずでしたが・・・。まだここは全行程の中間地点くらい。前半は広大なレイク・ラバージがあったため(悪天候がなかったとしても)航行速度は遅くなりますが、後半はユーコン川本流でも、比較的流れの速い区間になります。残り4日間、1日6時間ほど漕いだとして、ちょうどカーマックスに届くくらいでしょう。

R0010838.jpg
写真1)今日のお天気は晴れ。強い日差しの中、真っ白な雲が空を流れており、とてもきれい・・・。これですよ! これがユーコン川下りってもんですよ☆


R0010836.jpg
写真2)今日は私が船長さん(カヌー後席)。比較的流れが早いので、午前中は、ほとんど舵取り程度で、前席の井戸さんには休んでてもらいました。

IMGP1063.jpg
写真3)のぉ~んびり流れていたら、前方に波立つ川面が・・・そういえば、クロンダイク・カヌーイング・レンタルの店主・篤司さんが、「テスリン川と合流する前に、急流地帯がある」みたいなことを言ってましたね・・・。
 慌てて、前席のエンジン・井戸さんに指示し、2人漕ぎ体制を取ります! 流れに乗って、カヌーは徐々にスピードを増し、音を立てて渦巻く急流に差し掛かりました。前後連携での機敏な舵取りで、なんとか急流に巻き込まれないよう、流れの緩やかなところを選んで進みますが・・・、それでもカヌーが激しく上下に突き上げられます!

心 「びっくりしましたねぇ~」
井 「しましたね。でも・・・」
心 「うん。でも。あのラバージの大波を経験した後だから、ビビりはしなかったですね(笑)」


IMGP1075.jpg
写真4)昼食は、川地図の『Developed Camp』と書かれた地点に上陸。『発達したキャンプ』?って何??と思ってましたが、行って納得☆ ピクニックテーブルやバーベキューピット(BBQの囲い&網)、そして、公衆トイレが設置されてるではないですか!!
 これには助かりました。実は、携行のトイレットペーパーが底を尽きかけていたのです・・・。インドなどの旅の経験を有し、『お尻を水で洗う』ことに慣れている私と岳くんですが、やはり、トイレットペーパーで拭きたいですよね・・・。ここの公衆トイレで、この先3日分くらいの紙を頂戴していきました。

IMGP1067.jpg
写真5)昼食は『日清/出前一丁/九州豚骨ラーメン』です。 香港で生産されているもので、香港と英国の繋がりのおかげか?カナダの広東・華僑の移民のおかげか? カナダの街のスーパーでは、比較的容易に手に入ります。香港製の出前一丁には、色んな風味がありますが、トンコツが一番おいしいです。
 血液の5%ぐらいが豚骨スープでできている福岡っ子の私にとって、憧れのユーコン川の畔で、トンコツラーメンを食べられるのは、幸せの境地!!

IMGP1069.jpg
写真6)昼食の片付けをしていると、川に大きなクルーズ船が現れました!これはチャンス!!
 と思ったのですが、目の前で急速ターンをしたかと思うと、もの凄い推力のエンジンで上流に走って逃げてしまいました・・・。船内には、観光客と思われる欧米人の姿が・・・。

 何がチャンスだったのかと言うと・・・。①ガソリンを分けてもらえるかも!? ②行程の遅れを、カヌー屋の主人・櫛田篤司さんに連絡してくれるかも!? というもの。この素敵なキャンプ場に上陸でもしてくれたら、ボートの乗務員にそれらのお願いをしようと思っていたのですが・・・。ダメでした。
 ①のガソリンはまだしも、②の連絡は急務です。私たちは携帯電話(どうせ圏外ですが)も、衛星携帯電話も持っていません。私たちの川下りが遅れていることを知らない篤司さんは、明日、カーマックスで私たちを探すに違いありません・・・。なんと、今日中に、衛星携帯か無線を積んでる舟を捕まえて、連絡してもらわねば!

IMGP1079.jpg
写真7)そろそろテスリン川との合流地です。合流地の水の流れを見るべく、右岸に寄って進みます。

IMGP1080.jpg
写真8)これが、テスリン川! テスリンは、ユーコンの支流のひとつ。8月初旬は、河岸の酷い山火事のため航行できませんでした。当初、私たちはこのテスリン川を下る計画も持っていたのですが、山火事のため断念していました。
 で、テスリンとの合流地点。川の水の境目に沿って進みます。左は、ユーコン本流の青く透き通った水。右手は、テスリンのうっすらと黄色を帯びた不透明な水・・・。

心 「テスリン、汚いっスねぇ~」
井 「でも、テスリンの方が魚が多いらしいですよ。」
心 「まぁ・・・、でも、僕はユーコン本流で良かったんじゃないかと思いますよ。湖大変でしたけど。キレイだから。」


 今日、あまり漕がなくて良いエンジン井戸さんは、船上からのルアー釣りに興じています。私も、舵取りの合間にルアーを水に沈め、流し釣りをしています。残念ながら、釣果はゼロ。釣れる気配もありません。釣りは朝夕の薄暗い時間帯が狙い目。こんなに天気が良い昼間には無理なのかもしれません。

IMGP1085.jpg
写真9)午後の休憩地は、テスリン合流地にある大きな島。森の中には朽ちた外輪船が横たわっています。かつて、下流の町とホワイトホースを結んでいた大型船です。ここらで座礁してしまったのでしょう。島が大きく、舟のある岸とは反対側に上陸してしまったため、舟の近くを歩くことはありませんでした。

IMGP1090.jpg
写真10)本日の夕食は、岳料理長のキノコ炊き込みご飯。キャンプ地は、川地図には何も明記されていない岸に上陸しました。川からテーブルらしきものが見えたのです。水辺から3mほど急坂を登らねばなりませんが、その上には、大きなピクニックテーブルと十分な広さの平地があり、隠れた『Good Camp』でした。

 夕食後、薄暗くなる川辺で、井戸さんとふたり釣りをしました。ちょうど小さな淀みがあり、いかにも魚がいそうな場所だったの少し大きい文字です。どんどん暗くなる中、私はルアーを川底の石に取られ、釣り終了・・・。その後も続けていた井戸さんは、20cmほどのニジマスと、30cmほどのニジマス(?)を釣り上げました!それらは、折り畳みバケツに入れといて、明日の朝食にすることに。


 今日は良い天気でした! 川の美しさも存分に味わえたし! 魚も釣れた!(私じゃないけど)

 これぞ☆ ユーコン川の旅!って感じですね。素晴らしい一日でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/969-c2fecbf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。