スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人旅、最後の夜(?) 

2009年10月10日 旅行再開後、初めて飲みに行きました。

 4日間のカルガリー滞在で、装備品補充や自転車メンテナンスの作業は大方終えました。日に日に気温が下がってますし、出れるものなら、早めに走行再開して、少しでも南下しておきたいところ・・・。

 ですが、私はライター仕事を抱えているので、まだ数日は走り出せません。しかし、同志たちは違います。ブリティッシュ・コロンビア州のドーソン・クリーク以降、3週間一緒に走ってきた井戸さんと岳くんは、明日からそれぞれ走り出します。

心 「きっと、ここを出たら、また3人が揃うことはなさそうですよね」
井 「そうですか?」
心 「僕はふたりよりも米国入りが遅いし、イエローストーン以降のルーティングも違いますし。中米で再会するにしても、3人の移動ペースが合うことは難しいんじゃないスかね?2人ずつなら、この先も遭遇する可能性も高いでしょうけど。ところで、ふたりは明日からしばらく一緒に走るんスか?」
岳 「走るペースが違うし、それぞれ勝手に走り出して、どこかで会ったらまた一緒ってのも良いかと。そんな感じで。」


心 「んじゃ、今日が3人旅の最後ってことで、飲みに行きません??」



 一昨年&昨年ヨーロッパ走行時や、昨秋~冬の北米横断時は、バーやパブやビアレストランに飲みにいくことはありましたが、一時帰国を挟んで旅行再開後は初めてです。井戸さんも岳くんも初めてとのこと。では、私が彼らに欧米風の飲み方ってやつを教えてあげましょう!

 寒波に覆われたカルガリーの夜、気温は-10℃近くでしょうか。凍てついた夜の街を3人で歩きました。宿のスタッフに勧められた店は遠いので、適当に歩きながら、適当な店を探します。・・・が、適当な店がない!? 40~50分町を彷徨った末、結局その勧められた店に行きました。
 『アンカー』だか何だか言うパブ。入ってみると、若者でごった返してます。音楽もガンガン鳴っており…、『パブ』というには賑やか過ぎる店内…。比較的広い店でしたが、席は空いておらず、立ち飲みしようにも立つ場所すらないくらいの混雑ぶり…。
 カウンターで生ビールを3杯注文し、店の片隅で3人静かに佇みます。目を丸くして落ち着かない様子のふたり…。あまりの混雑が気に入らない私…。大音量の音楽のため、会話もままならない。これは…、失敗! 結局、ビール1杯だけで店を変えることにしました。

 また夜の街を徘徊。次に入ったのは、店名は忘れたけど、小奇麗な『バー』。客層は若いけど、さっきのパブよりは落ち着いた感じの人が多い。広い店内、隅のテーブルに座り、注文を取りに来た女性にビールを3杯頼みます。ここならのんびり飲めそうです。
 ビール片手に、3人旅の総括的な話で盛り上がります。私の勝手な感覚なのですが…、彼らふたりは世界一周の同志ですが、3年以上先行している私からすれば、教え子のような存在。これまで、自転車旅のノウハウや情報など、意識的に沢山話してきました。で、彼らもこの3ヶ月間、様々な試行錯誤の末、徐々に旅に慣れ、自分のスタイルができつつある様子。今夜は、私が彼らを手放す時、彼らが私から離れる時、なのです。

 とはいえ、特別なことは何もない、いつものようなダラダラ飲み。結局ビール3杯飲んだだけで、宿へと帰りました。

 この先、3人が揃うことはあるのか…?ないのか…? あるとしたら、メキシコか?ペルーか?そのあたりでしょうか。数ヶ月~1年近く先のことです。明日からまた3人別々の道を走り出します。

 今夜もうまい酒が飲めました☆
 また3人揃ったら、ダラダラと飲みたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/966-83b9dec3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。