スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコン川下り⑤今日は大工仕事 

2009年8月15日 今日は大工仕事で1日を終えました。

 結論から申し上げましょう。今日も、強風・白波のため、出航することができませんでした!

 ユーコン川下り5日目、レイク・ラバージ突入4日目です。当初の予定(予想)では、ラバージを2泊3日で抜けているはずだったので、昨日の内に再び川の流れに戻っているはずでした・・・。

 が、まぁ、予定通りいかないのは仕方ない。ここは大自然の中です。自転車なら強風でも漕げますが、カヌーは危険です。上級者なら、多少の波の中ででもうまくカヌーをコントロールして乗りきれるのでしょうけども、私たちは初心者、無理はできません。

 というわけで、今日の暇つぶしは『大工仕事』です。

 湖岸には、大量の流木に混じって、板きれも打ち上げられています。おそらく、古い家や舟の一部だったであろう、板きれです。大きなものは、肉厚の材木で組み上げられた、縦横2mぐらいの扉のようなものもまであります。
 手元には、のこぎりが1本。釘や金槌はありません。が、私の腕で、この『Good Camp』を、『Very Good Camp』と呼べるほどの設備にしてやろうじゃないですか!!



 以下、私の作品たちです。

IMGP1032.jpg
写真1)岸からキャンプ地へ上がる高低差1mほどの斜面に、階段を作りました。

IMGP1035.jpg
写真2)階段を別角度から。材料は、切り出した板きれと、細い流木で作った杭、そして湖岸の石や砂利です。土の斜面だった通路が、3段のしっかりした階段になりました。

IMGP1034.jpg
写真3)『T』時に組んであった漂流物と板きれで、『Welcome』ボードを作りました。また、階段を挟んで反対側には、流木の根を切り出して作った看板『Good Camp』も立てました(写真2に写ってます)。

IMGP1030.jpg
写真4)重厚なテーブルを作りました。 これが大変な一番作業でした。上述の巨大な扉から、2時間かけて縦80cm×横120cmほどのを切り出しました。それを丸太の足に乗せて、テーブルの完成です! 椅子は元々あったものを使用。

IMGP1028.jpg
写真5)最後に、細ぉ~い流木を使って、物干し竿を作りました。


 頑張りました、私! 頑張りすぎました、私!!

 のこぎりの引きすぎで、両手は筋肉痛・・・。2日間、パドルを握って握ってないのに、腕がパンパンです・・・。


IMGP1044.jpg
写真6)日没前後、少しだけ波が弱まりました。これなら何とか漕げそうな波ですが、もう日没まで1~2時間しかありません。テントを片付けて、荷物を積んだら、もう日が暮れてしまいます。もちろん、出航はなし。


 「明日は出航したいね・・・」3人とも、想いは同じ。2日間動いてないので、夕食の食欲はあまりありませんでした。今日もビールは控え目に2本のみ。
 
 でも・・・、実は私、今日はなかなか充実した一日でした。夜はぐっすりと眠れました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/964-2ca0d642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。