スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコン川下り④白波も立つさ・・・ 

2009年8月14日 白波が立ってたんですよ・・・。

 野営地は、ラバージ湖の東岸の小さな岬にありました。南西方向に湖が広がっており、ちょうど、沖から岸に向かって風が吹いてきます。
 昨晩は、波の音と、風の音がずっと聞こえていました。ザバーン!ザバーン!そして、ビュー!ビュー!と・・・

IMGP1027.jpg
写真1)お天気は良い感じ☆ でも風が強いので、波が高い・・・。
 朝食時の話し合いで、昨日のように風が止むまで待つことになりました。身支度を済ませ、荷作りも済ませ、焚き火を囲ってのんびりと風が止むのを待ちます。


 この野営地、焚き火の薪には全く困りません。湖岸には大量の流木!それも、とっても!火着ききが良い、乾燥した白樺ばかりです。その火着きの良さは、驚愕するほど!
 普通、丸太に火を着けようと思ったら、斧などで割って細くしてから火にくべます。が、白樺の場合、直径30cm×長さ1mの丸太をそのまま火にくべても・・・、すぐに火が付きます。あっと言う間に表面が焦げて、そこから炎が上がるのです。

 岸辺に下りて、のこぎりで流木を適当な長さにカットします。両手で抱えきれないほどの薪がすぐに集まりますが、その薪は1~2時間で燃え尽きてしまいます。

R0010802.jpg
写真2)昼食後も波は収まる気配がありません・・・。午後は、夕食のカレー・ライスの仕込みで時間を潰します。これはタマネギを炒めているところ。カレールーなんてありませんから、カレーパウダーからカレー粉を作るのです。

 カレー粉が出来上がり、具のジャガイモ、ニンジン、タマネギのカットも終えました。それらをサランラップで包み、次の野営地まで運べるようにしておきます。

 んが・・・、波は依然収まる気配はなく、結局そのラップはその場で解かれることになりました。今日は、移動なし!です・・・。再び荷物をほどき、テントを張り直し、夕食の準備を始めました。

R0010805.jpg
写真3)日没前の岸辺の様子。大量の流木があるでしょう?これ全部が良質の薪です。

 夕食のカレーライスは、ルー作りが失敗して、『カレーライス・もどき』となりました。今日は何ら労働はしていませんが、ビールはしっかり飲みます。でも、1日3本配給のところを、今日は2本としました。

 夜は再び、風と波の音を聞きながら就寝・・・。明日は風が止んでくれると良いのですが・・・。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/963-e164db7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。