スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコン川下り②鏡のレイク・ラバージ 

2009年8月12日 広大なレイク・ラバージに突入しました。

 ホワイトホースから、ユーコン川本流を下ると20kmちょっとで、レイク・ラバージという大きな湖に入ります。南北50kmの細長い湖。これを超えるのが大変なので、セスナでここをすっ飛ばして、ラバージの北端からカヌーを漕ぎ始める人も多くいます。

 さて、そのレイク・ラバージに突入のこの日、お天気が心配でしたが・・・、朝、テントから這い出して見ると青空が広がっていました。

R0010777.jpg
写真1)朝食を取り、身支度を済ませ、テントを畳んで、荷物をカヌーに積み込んで・・・、出発の準備が整ったのは11時。
 起床は7時半でした。朝食はお米を炊くので、調理にも食事にも片付けにも時間がかかります。荷物の積み込みにもまだ慣れていないので、どうしても時間がかかってしまいます・・・。とはいえ、6時とかに起きてまで早く出る必要はありません。急ぐ旅でもないですし、朝はのんびりしたいですよね。

R0010784.jpg
写真2)今日は私、カヌーの後席。舵取りと航行ペースを仕切る、船長さんです。そして、昨日も地図係をしましたが、今日も地図係となりました。というのも、航行ペースを仕切ろうにも、この先の地形や川岸の状況が解っていないことには、仕切れませんよね。昨日、そのことに気が付き、今日から船長の役割がひとつ増えました。川地図、1冊しかないですからね。

R0010782.jpg
写真3)出発して1時間もせずに湖に入りました。南北に細長い湖とは言え、幅が狭いわけではありません。数kmはあります。自転車ならあっという間の距離ですが、カヌーで横断するには大変です。ラバージ湖では、東側の岸に沿って航行します。
 写真に映ってるのはパドル(櫂)の先。船長は『舵取り役』と説明しましたが、カヌーに舵が付いているわけではありません。漕ぐときに、このパドルを舟の後方で斜め立てたり、斜めに漕いだりして、舟の進路をコントロールします。これがなかなか難しいんですよ・・・。

R0010787.jpg
写真4)レイク・ラバージは、鏡のように静かでした。これには助かりました★ というのも、これだけ広大な湖です。風が強いと大きな波が立ってしまいます。
 おまけに、ラバージ湖の南東端は川から運ばれてきた土砂で水深が浅く、ちょっとした風でも白波が立つという難所。セオリー通りならば、多少の遠回りになろうとも、岸に近いところを航行し、万が一の転覆の際には岸まで泳いでいけるようにするべきなのですが・・・。あまりにも湖面が静かなので、湖岸から数百mのところを大胆に直進!大幅なショートカットをしました。

R0010790.jpg
写真5)昼食は湖岸にボートを付け、陸でラーメンを食べました。昼食後は、湖岸近くを航行します。沖合で漕いでいると、あまり進んでる気がしないのです。対象物が近くにないので、スピードが出てるんだか?出てないんだか? 進んでるんだか?進んでないんだか?が解りにくい・・・。
 午後も静かな湖面を静かに進み続けます。聞こえるのは、パドルが水を跳ねる音と、自分の鼻息だけ。やはり、湖で漕ぐのはシンドイですね・・・。川見たいに漕がなくても進むわけじゃないですから・・・。

R0010791.jpg
写真6)カヌー・前席は、エンジン・井戸さん。カヤックの岳くんは少し離れたところをパチャパチャ音を立てながら進んでいます。
 お天気が良いので、漕いでると汗ばんできます。ライフジャケットは着けておかねばなりませんから、寒くなったら、ライフジャケットを一端脱いで、上着を着て、またライフジャケットを着て・・・、と体温調整が面倒です。

 今日の野営地は、湖を3分の1程進んだところにある『VERY GOOD CAMP』の予定です。川地図には、川岸・湖岸のキャンプに適した地点が明記されており、『POTENTIAL CAMP』 <  『GOOD CAMP』 < 『VERY GOOD CAMP』 < 『EXELLENT CAMP』 の順で区別されています。ベリー・グッドと、エクセレントは、私たちの予定ルート上にはそれぞれ1箇所しかありません。今日は、そのベリー・グッドでキャンプするのです!

ZIMGP1012.jpg
写真7)うぅ~ん! ベリー・グッド!!
 午後5時を前に、お目当てのベリー・グッド・キャンプに到着しました。キャンプって言っても、キャンプ場というわけではありません。岸辺にあるちょっとした平らな場所、というだけです。ここがベリーグッド!なのは、①小さな入り江&砂利のビーチになっており、湖面がとても静かで上陸がしやすい。②湖岸の森の中にテントが張りやすい平らな場所が多い。③少し離れた湖岸に大量の流木が打ち上げられており、薪が簡単に集まる。④誰かが流木(板きれ)で作ったテーブルがある。 からでしょう! 

 夕食は岳くん担当で、マーボーナスを頂きました。これがまたビールに良く合う★ 

 2日目、美しいレイク・ラバージを満喫できましたが、やはり、流れのない湖は体力を使います。夜はぐっすりと眠れました。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/961-017253a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。