スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトホースまでのラストラン! 

2009年8月7日 ホワイトホース到着です。

 フェアバンクス~ホワイトホース間は、距離にしてちょうど1000kmほど。フェアバンクスで出会った2人の日本人サイクリスト(岳くんと井戸さん)と、ホワイトホースで再合流の約束があるので、ちんたら走るわけにもゆきません。で、私は1000kmを7日間で走るという計画を立てたのですが・・・


 走れました☆ よく頑張りました☆ 


IMGP0995.jpg
写真1)残るは150kmほど。アラスカハイウェーは、なだらかな高原に入り、起伏も少なく走りやすくなりました。おまけに・・・、今日は、追い風なんです!!

IMGP0996.jpg
写真2)追い風に乗って3時間ほどで80kmほど走ったところで、向こうからやってきた米国人サイクリストカップルに出会いました。彼らとは、一緒に道路わきで昼食を摂りました。彼らはともに教師。アラスカ州南部のヘインズを起点に、3~4日のサイクリング小旅行中だそうです。
 昨日、ホワイトホースのキャンプ場に泊っていたというので、「私の友達がいるはずなのですが、サイクリストの日本人を2人見ませんでしたか?」と聞いてみましたが、答えは「いいえ・・・」岳くんと井戸さんは、まだ着いてないのでしょうか?んなわけないですよね・・・。どこに行ったんだろう??

IMGP0998.jpg
写真3)昼食後も快調に走り続け、ホワイトホース手前30kmほどで道路工事に捕まりました。全長5kmの舗装工事。片側交互通行のため、工事区間手前には長い車列ができてました。
 交通誘導員のおばさん(タイ系移民)と話しながら、のんびり待ちます。話題がタイのことに及ぶや、おばさん「娘たちにも、タイを旅させてあげたいわ!あの子たちったら、自分がカナダでカナダ人として生まれたことがどれだけ幸せなことか解ってない!いつもわがままばかりで…、ったく。タイの農村の暮らしを体験してくれば良いのよ!」と切々と語り始めました。おかあさんは、工事現場で砂ぼこりになって働いてるのに、きっと娘たちはそんな苦労もしらないのでしょう・・・。移民家庭のちょっとした現実を窺い知ったあと、一気に、工事区間を走り抜けました。

IMGP1002.jpg
写真4)ホワイトホースのダウンタウン。なんだか・・・、ひなびた感じの通りです・・・。

 ホワイトホース郊外に差し掛かってからの、最後の10kmが長かった! 道路脇には、マクドナルドなどの看板がチラホラ。心はハンバーガーとコーラに支配されており、町に入るや否や!マクドナルドに飛び込みました!
 んが、値段が高くて手が出ず・・・。結局、空腹のままダウンタンを通過し、町はずれのキャンプ場へ。キャンプ場では、すぐに井戸さん、岳くんが見つかりました。彼らはここに3~5泊目だそうです。ずいぶんと後れを取ってしまいましたね・・・。

 夜は、3人で揃って自炊。1000km激走の最終日、ビールが格別に美味しい夜でした☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/949-393387fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。