スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボな三十路にはキツかった・・・? 

2009年8月5日 うぅ~ん・・・


R0010699.jpg
写真1)こんなところに寝てました。右手が道路。左手は急な坂。その下には森。で、足元には、エルク(大きなシカ)だか、ムース(ヘラジカ)だかの糞がたくさんあり・・・、ひとつ、ちょっと気になる形状の糞もありました・・・。クマ??じゃないはず!ということにしておきましょう。

R0010707.jpg
写真2)今日は風が強い!天気は素晴らしいのですが、とにかく向かい風がビュンビュンです・・・。

IMGP0950.jpg
写真2)12時頃、道路脇で休憩するドイツ人らしきサイクリストを見つけました!「グーテンターク!」と話しかけると、驚いてました。


 さて、なぜドイツ人と解るのでしょう? それは、装備品と、自転車のパーツ構成から解ります。

 注目すべき点は、自転車本体、ホイール、キャリア、タイヤ、ボトルケージ、そして、バッグ類です。

 世界を駆けるサイクリストの出身国で多いのは、日本、ドイツ、フランス、英国、オーストラリア、オランダ、など。もちろん、ここはカナダですから、ここいらでは米国人やカナダ人にも沢山会います。それぞれの出身国によって、自転車のパーツ選びが微妙に異なるのです。それらは、微妙なものなので・・・、ここでは詳しく説明しません。やろうと思えばできますが、とても長い文章で、かつ、マニアック過ぎる内容になりそうなので、面倒です・・・。

 さて、このご夫婦ですが、2ヶ月間の旅行で、カナダ・ユーコン準州と米国・アラスカ州を走っているそうです。停まっている自転車のパーツ構成を見て、ドイツ人だと予想して、ドイツ語で挨拶してみました。で、結果、正解◎
 彼ら、向かう方向は同じですが、風が強いので、弱まるまでのんびりしてるんだとか・・・。私は、風は止まないとみて、さらに先を目指します!


R0010715.jpg
写真3)お昼ごはんは、インスタントラーメン3袋。これが、いつもの量です。

IMGP0952.jpg
写真4)アラスカを走り始めた7月上旬には、鮮やかな色を見せていたこのピンクの花も・・・なんだか色褪せてきたような気がします。


 午後も風は治まる気配はありませんが・・・、ボチボチ前進を続けます・・・。メーターに示された走行距離は、50kmを超え、60kmを超え、そして・・・、70kmを超えたあたりで、異変に気がつきました。

 どぉ~も、シンドイ・・・

 この3週間、かなりハイペースで走り続けてきました。5ヶ月間の一時帰国ですっかりメタボになった30歳の体に、疲労が蓄積してしまっていたのかも知れません・・・。向かい風でしんどいのだとばかり思っていましたが、ちょっと立ち止まって見ると、風はそれほどでもない・・・。ってことは、やはり、体調が良くないのでしょう。

 結局この日は、75km走ったところで、道路脇の空き地にテントを張り、午後6時、まだまだ太陽が燦々と輝いている頃に眠りに落ちました。やはり、熱があったんでしょうね・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/940-66ede2e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。