スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せ!北極海!! ④極北の村 

2009年7月25日 目覚めたら、岳くんがいました。

 北極圏の入口に達した昨晩、そこにいるべきサイクリスト・岳くんの姿はありませんでした。が、目覚めると、テントの外から人の気配・・・。顔を出すと、そこには知ってる自転車が!岳くん登場です。

北極圏のプレートにて
写真1)ふたりで記念撮影! 左が私、右が岳くん。聞けば、昨夕の通り雨の時、ちょうど橋があるところを走っていたらしく、雨を避けるため、橋の下にテントを張って野宿していたとのこと。なるほど、同じ道を走っていたのに、いつの間にか私が彼を追い越してしまった謎が解けました。
 岳くんはここでUターンします。もともとダルトン・ハイウェーを走る予定がなかった彼は、「北極圏到達だけでも・・・」ということで、ここまで来ました。当初のもくろみでは、ここで観光客の四駆やキャンピングカーをヒッチハイクして、フェアバンクスまで車で戻る…、という予定でしたが、そんな車、どこにもありません。走行中、観光客を乗せた車が時折通りますが・・・、自転車付きのヒッチハイカーは敬遠されそうです。彼、3日間でここまで来て、また3日かけてフェアバンクスに戻るそう。私は、あと4日かけて、プルドーベイを目指します!


IMGP0524.jpg
写真2)これ朝食です。ドッグフードじゃないですよ・・・。チョコのシリアル。1kg以上買ってきました。嵩張りますが、調理せずに食べられるので、朝食が楽です。
 自転車のバッグの中には、大量の食糧が入っています。フェアバンクスから走り出し、また戻るので、不要な荷物は宿に置いてきました。カバンの中は、衣類と、キャンプ用品、自転車の修理用品、そして6日分の食料。すでに3日分の食糧が減っており、残る4日間の走行には足りません・・・。が、この先100kmのところに、小さな村があるので、そこで何かしらのモノが補給できる・・・、はず、です。

IMGP0531.jpg
写真3)お天気上々☆ 山火事の煙はここまで届かないのか? 久しぶりに霞んでいない空が広がっていました。

R0010523.jpg
写真4)初日~3日は、丘陵地帯が続きましたが、今日はちょっと起伏が大きい地形が続きます。前方には、アラスカ北部を東西に走るブルックス山脈の山並も見えてきました。

IMGP0570.jpg
写真5)走行90kmほどで、コールドフット(Coldfoot)の町並み(村並み?)が見えてきました。アラスカ旅行にとっても便利な道路情報ガイドブック『The Mile Post』によると、この村には私営キャンプ場とガソリンスタンド、レストランなどがあるらしい。商店はないようですが、何かしらの食料を補給したいところ・・・。

IMGP0558_20090903073557.jpg
写真6)コールドフット手前で、ムースに遭遇。ダルトン・ハイウェーで3頭目でした。そろそろ、グリズリーとかも見たいなぁ~・・・

IMGP0575.jpg
写真7)コールドフットのビジターセンター。こんな僻地にはふさわしくない、立派なビジターセンターでした。ここは『北極圏の扉・国立公園』という自然公園の管理センターにもなっているそうです。自然公園で見られる動植物の説明・展示などがありました。が、食料はありません・・・。

IMGP0573.jpg
写真8)展示物のひとつ。私、ここにいます。

写真9)コールドフットにあるガソリンスタンド&レストラン。どうやら、ここは村というより、単なるドライブインのような場所のようです。レストランでは、高い!ペプシコーラ2本(2.5ドル×2)と、高い!食パン1袋(4.5ドル)を購入しました。他には食材を入手できませんでしたが、まぁ、食パンで3食分にはなりそうなので・・・、予定通り7日間でプルドーベイに到着できれば、食料は足りそうです。

 今日のお宿は、コールドフットから更に8km進んだところにある公営キャンプ場。使用料8ドル。トイレがあって、井戸があるので、まぁ、これくらい出しても良いか。今日は7日間の走行のちょうど中日。106kmしか走っておらず、まだ午後6時前です。ここで洗濯などを済ませ、後半に備えることにします。
 四駆やオフロードバイクの旅行者がちらほらとテントを張っていますが、その中に、サイクリストを見つけました!英国人のデーブ。北中南米縦断をスタートさせたばかりらしく、彼もまた私と“同期生”。聞けば、ダルトンハイウェーの終点プルドーベイまで観光ツアーのバスで移動し、そこから南下を開始したとのこと。ここですれ違えたのは良かった☆ 彼から、この先の道路状況などを聞き出し、私も彼にこれまでのことを教えました。

 西日が眩しい午後10時、洗濯物はまだ乾いていませんが、そろそろ寝る時間・・・。デーブとは、またこの先どこかで会うでしょう。メールアドレスを交換して、それぞれねぐらへ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/929-a9c179c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。