スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルトン・ハイウェー、行ってきまぁ~す☆ 

2009年7月22日 ダルトン・ハイウェー、行きます!!

 ひとつ前のエントリーで、うだうだウダウダと、「行くか?行くまいか?」と悩んでいるそぶりを見せていた私・・。
 ですが!自他共に認める “ドMサイクリスト”です。未舗装・無補給の悪路を前に、走らないという決断は、始めからなかったも同然なのですよ。

 【時間】という問題の解決策があったんです!
 解決策とは、ヒッチハイクと、強行ランです。

 フェアバンクスに到着したその日、キャンプ場でドイツ人サイクリストに出会いました。アルゼンチンから、南北アメリカを北上し、ダルトン・ハイウェーの終点・プルドーベイで南北アメリカ縦断を成し遂げたばかり、という彼(クリスチャン)からの情報。

クリスチャン 「デッドホース(プルドーベイ)に着いたら、“Carlile”って運送会社に行くんだ。その事務所で、“乗車中の事故やトラブルの責任は追及しません”みたいな書面にサインさえすれば、タダでヒッチハイクさせてもらえるんだよ!僕は、6日間でダルトンを走破して、そこの大型トレーラーに自転車を乗せて、今、フェアバンクスに戻ってきたばかりなんだ。」

心 「えっ!そうなん?そんな親切な会社があるの!?」

ク 「それにね、ダルトンの未舗装路は、しっかり整備されてるから、未舗装ったって、1日100km以上も簡単さ!

心 「マジで!?そりゃぁ、良いこと聞いた!!」


 決定的な情報でした。アンカレジからの道中、数人のサイクリストとバイク乗りに、ダルトンハイウェーの情報をもらいましたが、いずれも「素晴らしいところだったけど、大変だよ!良くて片道10日間だね。」という弱気な発言ばかりでした・・・。
 「簡単」と言ってのけたのは、彼が初めて! このクリスチャンは、私と同様、3年くらい自転車旅をしているそうです。身長2m、髭モジャのツワモノですが・・・、小柄な私とて、『タフ度』と『M度』においては、負けてはいないはず。彼に走れて、私に走れないはずはない!

 で、フェアバンクス滞在中の4泊で、綿密な計画を練っていました。一緒にユーコン川下りをする予定のふたり(井戸さん・岳くん)を極力待たせないで済むように・・・。私がダルトンを走破し、かつ、3人一緒にホワイトホースからカヌー旅を始められるように・・・。

 ヒッチハイクだけでは、遅れを取り戻せません。さすれば・・・、急げば良いのです。

超特急プランの完成です!

 ①ダルトン・ハイウェー、プルドーベイまでの約800kmを、7日間で走破!
 ②ヒッチハイクで、フェアバンクスまで1日で戻り、翌日1日間のみ休養。
 ③フェアバンクス~ホワイトホースの約1000kmを、7日間で走破!


 計画どおりにいけば、8月6日にはホワイトホース着です。3人の内、先発した井戸さんは、おそらく8月2~3日にホワイトホース着でしょう。次発の岳くんは、多分、8月5日頃・・・。

 よし!これなら、どっちも行ける!! ダルトンを走って、カヌー旅もできる!

 欲張りプランですが、たぶん、私ならできる☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/925-f6c99c7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。