スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・ブルーベリー 

2009年7月19日 朝から、おいしい手作りブルーベリージャムを堪能しました。

R0010399.jpg
写真1)美味しそうに見えますか?

R0010398.jpg
写真2)ヨーグルトにのせてみました。美味しそうでしょ??

 なぜ?私が手作りブルーベリージャムを持っているのか?? それは、もちろん自分で作ったから。


 それは、一昨日7月16日の出来事でした・・・ 


 ワイルド・ファイヤー(山火事)の傍を走ったこの日、寝床がワイルド・ブルーベリーの真っ只中だったのです。
 野宿をする時は、道路から見えにくいところにテントを張ります。が、この日、私たちがテント設営作業を始めたところ、車が止まる音がしました。30mほど離れたところに停まった車からは、女性が下りてきました。

心 「あら・・・、地元のおばちゃんかな?」
岳 「ですかねぇ?」
心 「多分・・・、「ここでキャンプしちゃだめ!」って言うんかな・・・?」


 でも、そのおばちゃん、私たちの方ではなく、道路脇を歩き始めました。私が「ハイ!」と呼びかけると、「わっ!びっくりした!!」とおばちゃん。どうやら、私たちに気が付いて停車したわけではなく、何かしらの別の目的があったようです。

おばちゃん 「びっくりしたわぁ~!何?ここでキャンプするの?ああ、そう。あっ、私ね、私はブルーベリーを摘みに来たのよ。こっちも驚いたことに、もう実ってるの!例年よりも2週間以上早いのよね!」

 だそうです。おばちゃん、私たちが夕食を食べている1時間ほどの間に、小さなバケツ一杯のブルーベリーを集めました。推定1.5~2kgぐらいでしょうか。帰り際、私たちに何粒か試食させてくれた上、ここいらで採れるブルーベリーやらラズベリーやらの採れる時期や調理方法も教えてくれました。


R0010381.jpg
写真3)ここがおばちゃんが言う『ワイルド・ブルーベリー・フィールド』

R0010382.jpg
写真4)あっ!ほんとだ!!ある!ある!!

 夕食後、試しにワイルド・ブルーベリー狩りをしてみることに。一見、それらしいものは見えませんが、腰を落とし、草の間を見てみると!あるんです、結構な数が!
 粒は、栽培されているものに比べて、一回り小さく、味はちょっと酸味が強い。でも、あの甘ぁ~い香りは本物です!時々口に運びつつも、一心不乱に集めました。蚊がたくさん寄ってきますが、お構いなし。岳くんと競うように、摘んで摘んで摘んで・・・

R0010383.jpg
写真5)こんなに集まりました!

 これ、私が集めた分だけです。ふたり合わせると20cm鍋に一杯分くらい集まりました。

 で、翌18日、フェアバンクスに到着した晩、さっそくジャム作り。軽く水で洗った後、たっぷりの砂糖を加え、コトコトコトコト煮詰めます。初めはサラサラしていたものの、徐々にトロミが出てきて、一晩寝かせた今朝は、程よい硬さになっていました。

 このジャムは、パンに付けたり、ヨーグルトに入れたり、と、たっぷり楽しみました☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/921-6873863a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。