スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・ファイヤー! 

2009年7月17日 山火事の近くを通りました。 

 目覚めると、今日もライチョウの母子がテントの周りを歩き回っていました。デナリ国立公園とはお別れ、今日と明日の2日間の走行で、フェアバンクスまで走ります。
 湿ったテントをテキパキ畳んで、テキパキ荷造り。ふと空を見上げると、青い空が広がっていました。で! いざ、出発!という時に気が付いた!

IMGP0256.jpg
写真1)マッキンリー山(デナリ山)が見えてる!!
 キャンプ場から、マッキンリーを遠望できました。昨日までの雲が吹き飛んで、今日は素晴らしいお天気です。あれが、冒険家・植村直巳氏が命を落とした山・・・。ちょっと遠いけど、その威容をしっかりと目に焼き付けました
 右手後方にマッキンリーを見ながら、国立公園入り口まで走ります。パークスハイウェーとの合流地点まで出ると、土産物屋やレストランが並ぶ、ちょっとした町(?)が現れました。この先2日分の食料を買い足して、走行再開!!

IMGP0262.jpg
写真2)快調に走り続け、道路脇のパーキングゾーンで昼御飯。

 今日は素晴らしい風が吹いています☆ ほぼ真後ろからの追い風! 時速25~30kmをキープできるほどで、グングン進みます。昼食の後も、順調に距離を伸ばし続けますが・・・、前方に怪しい雲が!?

IMGP0268.jpg
写真4)解ります? 右手の雲です。

 前方に現れたのは、ワイルド・ファイヤー、山火事です。アンカレジからの道中、晴れた日はだいたい空が霞んでいました。山火事の煙がその原因だとは知っていましたが、進路に山火事の現場があるとは知りませんでした・・・。
 道路脇には、『消火活動中』という看板が点在しています。消火液を積んだ飛行機でも飛んでるんでしょうか?消防車でも出てるんでしょうか??

 徐々に近づく煙に緊張しながらも、どこかワクワクしている私。でも、そのワクワクが、満たされることはありませんでした。真北に進めば、ドンピシャ!煙の中でしたが、道路は北東方向に大きく逸れてしまいました。

IMGP0271.jpg
写真5)古い山火事の跡。

 山火事・・・、広大な森を焼き、人命をも奪う、恐ろしい災害です。ワクワクしてはいけませんね・・・。反省・・・。ここアラスカでは、毎夏このような山火事が発生しているそうです。原因は火の不始末が多いのだとか。道中、あちこちで焼け焦げた森を見ました。焼け焦げた木々の足元に広がるピンクの花々がとても印象的な光景を作り出しています。

 濛々と空へと昇る煙を左手に見ながら、北東方向へ進みます。背中から受けていた風が、横~前方から吹くようになり、ちょっとペースは落ちましたが、今朝、同行の岳くんと決めた『目標115km』は楽に突破しそうです。私ひとりだったら150kmは走っちゃってたと思います。ペアランだから、まぁ、これくらいで。

 115kmを突破し、ぼちぼち野宿場所を探しながら走ります。が、周囲には湿地や小川が多いのか、停車すると無数の蚊に襲われます・・・。「水から遠いところで野宿しよう!」ということで、さらに数キロ走り、適当なところを見つけました。

 午後6時、空の高いところで燦々と太陽が輝いていました。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/919-0de0b499

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。