スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEY! BEAR!! 

2009年7月16日 「HEY!BEAR!!」って、言うそうです。

 目覚めると、昨日の雨が嘘のように・・・、晴れてないか・・・。今日も薄い曇り。今日は、デナリ国立公園内を自転車で日帰りサイクリングです。天候は回復傾向にあるそうですが、もうちょっと頑張ってください、お天道様!

 一昨日の晩、石の上に寝てたがために痛めた背中は、まだ少し痛むものの、いくらかマシになってます。今日は荷物も積まないし、お気楽なサイクリングになりそうです。朝食を食べ、のんびり出発準備。
 今日も岳くんと同一行動です。9時過ぎ、それぞれ、水と昼食だけを携えて、空荷に近い状態の自転車で走り出しました。キャンプ場から数km、サベージ・リバーに掛る橋を渡ると、チェックポイント。ここで昨日購入した国立公園のチケットを提示します。さぁ、ここから先は、オフロード! セーブル峠というとこまで行って戻る、90kmのお気楽サイクリングです!
IMGP017901.jpg
写真1)公園内の道路は1本のみ。チェックポイントから先は全て未舗装。自然環境と野生動物への配慮から、一般車の通行は制限され、一般の旅行者は、園内バスを利用することになります。でも、自転車は自由に通行できます。

IMGP018202.jpg
写真2)小さな峠道を越えると、前方に園内バスが停まっていました。これは、何かしらの野生動物が出たってこと! 注意深く周囲を眺めていると・・・、道路脇にいたのは、ライチョウでした。『なんだ、ライチョウか…。それなら、俺のテントの周りにたくさんおるわ…』 昨日の朝までは、“珍しい野鳥”だったのに、私の中ではすでに“普通の野鳥”になってしまっています…。まぁ、可愛らしいことに変わりはありませんけども。

IMGP019003.jpg
写真3)広い谷間に入ってきました。川沿いまで下ると、徐々に路面が悪くなってきました。昨日の雨で湿った路面が、ところどころ泥濘になっており・・・、非常にペダルが重たい! 足を着くと、靴がドロドロになります…。

IMGP019404.jpg
写真4)再び峠道に入ります。周囲の山々に木々はありません。森林限界を超えてるってことでしょう。これは野生動物遭遇の予感!視界を遮るものがないので、時々立ち止まっては、双眼鏡で周囲を観察します。

 お昼前、目的地のセーブル峠に到着しちゃいました。峠の頂上で周囲の山肌に目を凝らすと…、遠くにトナカイを見つけました。かなり遠い…。>お目当てはグリズリー(ヒグマ)なんですけど…。

 グリズリーとは、極北の大地に生息する、世界最大級のクマ。 人間を襲うことは稀で、人間がグリズリーを恐れるのと同様に、グリズリーも人間を恐れています。ゆえに、一定の距離を保って付き合うのが最良なのですが、時に、その距離を踏み越えてしまうこともあります。お互いに接近に気がつかなかった時などです。一気に距離を縮めてしまうと、グリズリーは我が身を守るために、攻撃してくる可能性があります。

 そんな時どうするか? ①「HEY BEAR!」と言って、人間が近くにいることを気付かせる。 ②それでも近づいて来たら、優しく声をかけて、自分が人間であることをアピールする。 ③それでも接近してきたら、伏せて、死んだふり(動かないモノになる)をする。 ④それでもやっぱり接近してきたら、戦う!

 ということだそうです。③~④は絶体絶命の大ピンチです。が、できれば、①くらいのことはやってみたい・・・。

 HEY! BEAR!! って言いたい!!

 さぁ、私はこの先、言えるのでしょうか??  後半へ続く!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/915-bd881cd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。