スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸都市の珍奇さと旅の驚異に興味をもつ者への贈り物 

2008年7月20日 猛烈に、ある旅行記が読みたくなりました。

 イスラーム世界最大の旅人、イブン・バットゥータの『三大陸周遊記』です。

 イブン・バットゥータは、14世紀、モロッコのタンジェ(タンジール)に生まれたベルベル系アラブ人。22歳でメッカ巡礼に向かい、その足でエジプト、イラン、アラビア、シリア、小アジアを旅し・・・。黒海をわたってキプチャク・ハーン国に至り、コンスタンティノープル(現イスタンブール)を訪れた後、、インドのデリーに滞在し、セイロン、スマトラ、ジャワを経て、元朝治下の中国、泉州に達し、大都(現在の北京)にまでやって来たという・・・

 大!大!大!旅行家です!

 45歳にようやく故郷モロッコに戻りますが、その後も、イスラーム王朝支配下のスペインを旅し、更にはサハラ砂漠横断の旅も成し遂げています。

 大!大!大!大!大!旅行家ですよ!

 IbnBattuta.jpg
画)この人です。

 そのイブン・バットゥータの旅行記『三大陸周遊記』で、原題を直訳すると、『諸都市の珍奇さと旅の驚異に興味をもつ者への贈り物』となります。
 彼の旅行記は、中世イスラーム世界を知る上で重要な資料となっており、私はこれまで、『資料』として断片的に彼の旅行記に触れる機会がありました。しかし、残念ながら、旅行記を旅行記として、しっかり読んだことはありません。


 で、ある日、ふと気がついたんですよ・・・

 私がこの10年くらいの間に、バックパッカーとして、添乗員として、そしてサイクリストとして、列車・バス・飛行機・自転車を駆使して旅してきたこの世界・・・。ようやく、よぉ~やく! 600年以上前の旅行家イブン・バットゥータが旅した世界と同じくらいの領域に達しようとしていることに!!

 鳥肌が立ちました。背筋がゾクゾクしました。思わず息が荒くなりました。イブン・バットゥータの旅の、なんと壮大なことか!!

 私は今、イブン・バトゥータが訪れた頃の、イスラーム王朝統治下の面影を残す、スペイン・アンダルシア地方を旅しています。そう思うと、また鳥肌が立ちました。

 読みたい!イブン・バットゥータの旅行記が読みたい!!

 日本に帰らないと、手に入らないでしょうね・・・。うぅ~ん・・・、今読みたい!!今!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/869-7b551c85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。