スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハラの西の果てで考えたこと 

2008年5月○日 サハラの西の果てで考えた・・・

 背後にはどこまでも続く乾いた大地・・・
 
 前方には、どこまでも広がる大西洋の大海原・・・



IMGP7227.jpg


 世界最大の砂漠サハラは、その領域の一部を、モーリタニアと西サハラで大西洋と接しています。海と接する砂漠というのは、これまた違った趣があって良いものです。世界の果て、地の果て、サハラの果て・・・。『果て』という印象を強く与えてくれる場所です。

 現在、その『果て』の地を走り続けています。

 毎日毎日、僕は鉄板の上のような砂漠で身を焼かれながら、猛烈な向かい風に向かって走り続けている訳でして・・・、嫌になっちゃうこともありますが、“タイ焼き君”ではないので、海に逃げ込むわけにもゆかず・・・。いや?試しに逃げ込んでみるか・・・??なんて、つまらない冗談を考えたりしながらも、いろいろと考え事や空想に耽っています。


 ほんと、サハラという場所は、考えするには良いところです・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/868-dc853d0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。