スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしの紅焼牛肉面 

2008年10月吉日 懐かしいなぁ~・・・、この味・・・。食べると、チベットの風景が脳裏に浮かびます。

 ドイツ、デュッセルドルフは国際都市。この街で暮らす日本人の多さには驚かされますが、中国人も多い(まぁ世界中の都市でそうですが)ようで、中華系スーパーもたくさんあります。

 ホステルで、清掃員として暮らしていますが、食事は朝食(パンとコーヒー)しか付きません。よって、昼と夜は自分で作っています。
 和食を作ったり、エスニック料理をしたり、ステーキ焼いたり、パスタをしたり、といろいろ作ってますが、昼間は“手抜き”で済ますことも多々。で、手抜きといえば、インスタントラーメンでしょ?

 正直なとこ、インスタントラーメンはキャンプ泊の時にも、ちょくちょく食べているので、キッチン付きの宿に居るときまで食べたいとは思いません・・・。んが!この街には、いろいろと美味しそうなインスタントラーメンがあるので、飽きません★
 日本のものはもちろん。韓国のもの。中国のもの。ベトナムのもの。タイのもの。ドイツのものまで。いろいろ。日系、韓系、中華系のスーパーを数件回れば、おそらく100種類くらいのラーメンが集まると思います。

懐かしの紅焼牛肉面
写真)ジャン!! 日清『今麦郎』の紅焼牛肉面! 65ユーロセント也。

 上の写真は、中国でよく食べていたラーメン。いろいろとある中国のメーカーの中で、『今麦郎』は、レベルの高い商品で、他のメーカーのものよりも、1元ほど高い。それもそのはず、日清(合弁会社?)が作ってます。たしか、3元(45円)くらいしたような・・・?こちらでは、65(約90円)ユーロセントですから、2倍の値段ですね。

 紅焼牛肉面というのは、中国のラーメンで、定番の味。いろいろとある味の中で、最もよく目にする味でした。ちょっとスパイシーなチャーシュー麺といった風味です。

 懐かし~い・・・、この味! チベットでは、この味のラーメンしか手に入らないことが多く、『もう嫌!!もう食べたくない!!』と泣いたものですが・・・、久々に食べると、なかなか美味しい! 

 嗅覚や味覚って、記憶を呼び起こしたりしますよね? このラーメン食べると、チベットの深く青い空と広大な景色が、頭に浮かぶのです・・・


チベット高原で、遊牧の羊を見ながら紅焼牛肉面
写真2)こういう風景が・・・
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/840-f9641983

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。