スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自右衛門、バラバラ殺人事件 

2008年11月4日 自転車の再建作業に4時間かかりました。


IMGP0783.jpg
写真)どぉ~ん!! バラバラの自右衛門号です。

 飛行機に自転車を載せる際は、自転車を箱詰めしなければなりません。一昔前までは、分解などせず、そのまま載せてくれる飛行機会社も珍しくはありませんでしたが・・・、今ではほとんどの会社が箱詰めを求めます。

 で、私の相棒・自右衛門号も箱詰めしました。少しでも小さくしようと、段ボール箱は、85cm×85cm×30cmの、自転車を詰めるにしては小型のモノを選びました。

 箱詰めに際し、ハンドルは着けたままステムを抜き、ケーブル類は全て捨て、フォークを抜き、タイヤを外し、キャリアも外し、クランクを抜き、ペダルを外し、ボトルケージを外し、サドルを着けたままシートステーを抜き、他にも色々外した結果・・・、上の写真のようになります。

 バラバラにした時に、簡単に掃除はしときましたが、組み立ての時には、再度汚れをしっかり取り、グリースやオイルを挿しながら、ひとつひとつ元に戻してゆきます。

 作業は、4時間で終了しました。が、チェーンとスプロケット(後ろのギア)は、ドイツに捨ててきたので、新しいものを購入せねばなりません。今の状態だと、蹴って進むことはできるけど、漕ぐことはできません。自転車じゃなくて、サドル付きキックボード状態・・・。
 宿の近所の自転車屋に行きましたが、超高級チェーンしかなかったので、中級品を取り寄せてもらうことにしました。明日、チェーンとスプロケットが手に入ります。

 明日は、北米☆初走りです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/833-f962d79c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。