スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレムに漂う高揚感 

2008年11月4日 街は選挙一色です。

 今日は、アメリカの新しい大統領が決まる日! 昨日降り立ったニューヨークは、JFK空港と、地下鉄と、宿の手前5ブロックぐらいの街並みだけしか見れませんでした。大きな荷物を抱えての移動でしたし、全くニューヨークを感じる余裕はありませんでした。

 が! 今日は、ニューヨークの!ハーレムの!雰囲気を存分に味わっています。

 午前中は、自転車の再建作業に費やし、宿のキッチンで昼食の後、ふらりと街歩きに出掛けました。
 宿を取ったのは、マンハッタン島の北の方、ハーレム地区の真っ只中。『Jazz on the Villa Hostel』というホステル。宿泊客は欧米人ばかりですが、宿の外は黒人さん(アフリカ系アメリカ人)だらけ、というところです。

 4時間に及んだ、自転車再建作業の疲れもあったので、歩いたのは、2時間くらい。125番通り周辺と、もっと北の方を少々。
 アメリカ史上初のアフリカ系大統領の誕生が確実視されてますが、やはり、ここはアフリカ系の街です! 町を歩く人の胸元には、『BARACK OBAMA』のバッヂやシール。街角の露店は、オバマ・Tシャツ、オバマ・ポスター、などなどなどなど、オバマさんだらけ。

IMGP0789.jpg
写真1)投票に並ぶ人々

 アメリカの投票所は、小学校などではなくて、教会というのが一般的なようです。あちこちの教会で、有権者たちが列をなして投票していました。

 125番通り沿いの広場では、今夜の集会のための特設舞台を設置していました。広場周辺や通りでは、フォトジャーナリストやテレビの取材班たちが、ハーレムの住人たちにインタビューをしていました。

IMGP0788.jpg
写真2)125番通りの交差点。通行人の8~9割が黒人さん。私、9割9分9厘黒人さんという場所を旅してきた後なので、街の雰囲気に緊張はしません。

IMGP0786.jpg
写真3)集会場に巨大モニター車が到着しました。きっと、今夜のオバマさん勝利宣言を流すのでしょう。


 街には、熱気というか・・・、独特な高揚感が漂っています。オバマさんの勝利は、ほぼ確実でしょう。この街の人々もそう思っています。そう信じています。

 今日の深夜頃には結果がわかるでしょう。今夜は、あのハーレムの集会の見物に行ってきます。興奮の瞬間を味わえそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/832-c6530856

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。