スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

208 + 21.6 

2008年10月27日 耳が痛くって・・・、痛くって・・・

 昨日発症した『左耳痛』、昨夕から痛みが出始め、夜は熟睡できないくらいでした。

 で、覚悟を決めて、病院へ!


 ここデュッセルドルフは、ドイツで一番!いや、ヨーロッパで一番!日本人の人口密度が高い街です。日本人スタッフがいる病院もたくさんあります。さて、耳鼻科・・・ どっか良いとこないかしら?

 この街のことなら・・・
 →ドイツ・ニュースダイジェスト


 在独日本人向けに発行されているフリーペーパー『ドイツ・ニュースダイジェスト』“便利なリンク集”から、『Dr.Rabe, Karin & Dr.Keller, Roger (ラーベ&ケラー耳鼻咽喉科)』なる耳鼻科を発見!
 宿のお掃除の仕事を終え、昼食後に病院へ向かいました。デュッセルの日本人街『インマーマン通り』のすぐ近くに、その病院はありました。
 入り口には、日本語の案内!? 月曜・木曜の15時~17時は日本語通訳さんがいるとのこと。時計を見ると2時ちょっと前。 英語で受診しても良いのですが、せっかくだから、日本人通訳さんに助けてもらいましょう。

 1時間ほど自転車屋さん巡りで時間を潰し、3時に病院へ。日本人が3人座っていた待合室で待つこと10分、ラーベ先生だか、ケーラ先生だかの部屋に通されました。通訳の日本人は、えぇ~っと名前は忘れましたが、テキパキとしたおばさん。

 診断は、英語と日本語とドイツ語のミックスで、テキパキと進み。 『あなたの予想通り、中耳炎です!』 とのこと。

 そう、予想はしてましたが、変な病気ではなかったので安心しました。鼻腔の消毒と喉の消毒をしてもらい、処方箋を出してもらいました。その後、部屋を変え、電話ボックスのような狭い所に入れられ、ヘッドホンを着けられ、聴覚検査なるものもしました。左耳は、音が篭ってきこえますが、聴覚にはダメージはみられませんでした。良かった良かった。

 で、お会計は・・・

 208ユーロ!!

 60~80ユーロ程度だろう、とタカをくくっていたので、銀行に行かなければなりませんでした。ドイツ、医療費が高いとは聞いてましたがぁ~・・・、ここまでとは!

 もちろん、この治療費は旅行保険が適用されます。今回は、とりあえず自腹で後日保険会社に請求する方法となりました。旅行保険って、大事です。

 貰った処方箋を持って、薬局に行くと、抗生物質を鼻腔洗浄スプレーをくれました。こちらは、21.6ユーロなり。合計約230ユーロの治療費となりました。

 来週月曜には、ニューヨーク行きの飛行機に乗ります。それまでにしっかり耳の治療に専念します。ドイツを発つ前に、ビールを浴びようかと思っていましたが・・・、それは無理かもしれません。残念・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/827-b7caeb4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。