スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サハラの旅』中間地点のダクラで4泊目 

2008年5月8日 ダクラ、こじんまりとしてて良い町です。

 今日がダクラ4泊目。3泊で出ようと思っていましたが、お尻の肌が荒れていたので、1日延泊しました。もう3万3千km以上自転車乗ってますが、こんな症状久しぶりです。東南アジア以来かな・・・?サドルとの接地面の肌が、擦りむけてしまってるんです。ダクラまでのラスト2日間、ちょっとお尻がヒリヒリしてたんですよね。ダクラ滞在中に、ずいぶんと肌は再生しましたが、こりゃぁ今後が心配です・・・。

 ズボンが良くないのかな?サドルが良くないのかな?ビタミン不足かな??汗疹みたいなもんかな?? 色々と原因は求められそうです。とりあえず、蒸れないズボンを買い求めることにします。 


 4月4日、セネガルのダカールに始まった『サハラ縦断の旅』は、約1ヶ月間で半分が終了と言ったところでしょうか。ダカールからここダクラまで、15日間で1500kmちょっと走りました。休養日は16日間・・・。強い向かい風、砂嵐、酷暑といった言い訳はできますが、ちょっと移動ペースが遅いです。
 06年7月の中国・雲南省→チベット・ラサの3週間は、アップダウンの激しい山道をほぼ毎日走り続けていました。その3ヵ月後の10月、チベット・アリ→新疆ウイグル自治区・カシュガルの3週間は、海抜5000mのオフロード&連日の氷点下の中、ほぼ毎日走り続けていました。で、サハラは、4~5日間走ったら、3~4日は休養という具合・・・。

 でも・・・まぁ、そんなこともありますよね! 自然環境も違いますし、旅する国も違いますから。まぁ、仕方ない!!何も、私が根性なしになったり、体力的に衰えたりしている訳ではないのです。気にしない、気にしない。

 サハラ縦断の旅・後半戦は、2000kmぐらい。1日100kmぐらい走ると計算して20日ちょっとの走行です。ダクラからしばくは、大西洋岸に沿って土漠地帯を北上。モロッコ本国に入ったら、アンチアトラス山脈の南に広がる砂漠地帯へ向かいます。シェガガ砂丘やモロッコ・カスバ街道を楽しんだら、アトラス山脈の険しい峠道を越えて、地理的な“サハラ”とはお別れです。

 後半戦も『4~5日走って、3~4日休む』というボチボチ・ペースでサハラを楽しみたいと思います。

 さて、明朝の出発に備えて、食料の買出しにでも行きますかね。奮発して、久々にチョコレートなんか買っちゃおうかな★


IMGP7069.jpg
写真1)西サハラ第二の町・ダクラ。美しい海に囲まれた静かな町です。宿のテラスから撮影。

IMGP7090.jpg
写真2)モロッコの町はどこもそうですが。一番町が賑やかな時間帯は日没後。人々が通りに溢れます。一日中海風の強いダクラの夜は肌寒いので、上着を着て外出してます。

IMGP7072.jpg
写真3)モロッコ料理は美味い!そして、安い! これ6日の夕食。タンドリーチキン(ハーフ)に副菜の米&フライドポテト、スープみたいな何か、缶コーラ、サラダ(この写真には写ってません)、パンのセットで25ディラハム(約350円)なり。休養日は、とにかく『食』に情熱を注ぎます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/784-0e72928d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。