スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハラ・アラブ共和国 

 『西サハラ』と呼ばれる国をご存知でしょうか? 最近の若い人(私が言うのもなんですが)は、知らない人も多いのではないでしょうか??

 私、明後日には、この西サハラを旅してるはずです。

 サハラ・アラブ共和国、通称『西サハラ』と呼ばれるこの国は、その名の通り、サハラの西の端にあります。モーリタニアの北、モロッコの南、アルジェリアの西、大西洋に面しています。この国、国連には加盟してませんが、アフリカ連合(AU)には加盟しています。どういうことかと言いますと、政府はあるけど世界的に認められた国ではなのです。現在、この地域を実効支配しているのは、北隣のモロッコ。

 世界の紛争や難民問題に興味・関心が強い私ですが、恥ずかしながら、西サハラがどうして今日のような状況にあるのか?ポリサリオ戦線の存在と、モロッコとアルジェリアの不仲、に関する知識から得られるものしか、知りませんでした。

 で、この地を旅することが決まった2008年1月になって初めて、予習を始めました。まぁ、予習といっても旅行中ですから、情報源はインターネットだけですが。


 以下、西サハラ(サハラ・アラブ共和国)についてです。せっかく調べたので、少し噛み砕いて、ここで紹介させていただきます。

 かつて、ヨーロッパ列強が勝手にアフリカの分割を決めた際、この地は『スペイン領サハラ』となりました。周囲のモロッコ、アルジェリア、モーリタニアはフランス領やフランス保護国。1960年代に、次々とアフリカの国々が独立を果たしてゆきますが、西サハラを統治していたスペインは1975年にこの地から去りました。
 スペイン撤退直後、統治機関のなくなった西サハラの領有を北のモロッコと南のモーリタニアが主張。スペイン黙認の上、モロッコとモーリタニアによる西サハラ分割統治が始まりました。それと平行して、国内には独立を目指す動きもありました。ポリサリオ戦線、正式名称サギアエルハムラ・リオデオロ解放戦線による独立闘争が始まります。アルジェリアの支援を得るこの勢力は、1978年にアルジェリアの首都アルジェに亡命政権を樹立、国名をサハラ・アラブ共和国とし、モロッコ、モーリタニアへの攻撃を続けます。
 武力に勝るポリサリオ戦線は南部からモーリタニア軍を排除。更には、モーリタニアの首都ヌアクショットにまで迫りました。結果、モーリタニアは疲弊し、政権崩壊に繋がります。モーリタニア軍は、西サハラ領内から撤退。ついには、モーリタニアはサハラ・アラブ共和国の独立を承認します。
 が、モーリタニアがいなくなった地域に、北からモロッコが入ってきます。これにより、西サハラのほぼ全域がモロッコの支配下に。対するポリサリオ戦線はモロッコとの争いを続けますが、紛争は長引く一方・・・。1988年にようやく国連の仲裁により停戦が成立しました。


 国連が提示した和解案は、独立の意思を問う住民投票でした。が、モロッコは、選挙の実施が困難であることを理由に、国民投票を行わず、現在に至るまで実質統治を続けています。 
 西サハラの面積は日本の3分の2ほどですが、人口は30万人もいません。地球上で最も人口密度の低い地域です。人口の大半がモロッコ国境に近い首都ラユーンにあり、それ以外には大西洋岸に町と呼べるものがいくつかあるのみ。残りの人口は、砂漠に点在するオアシスの民や荒野を行き交う遊牧民です。
 そういった国ですので、モロッコが主張するように、選挙権の有無の確認や、全国一斉の選挙というのは難しいかも知れません。でも、やろうと思えばできるはず・・・。モロッコには、その気がないだけです。

 停戦から20年が経とうとしていますが、現在の西サハラは、モロッコ統治の既成事実化が進んでいます。インフラ整備をモロッコがやっていますので、人口の大半を占める都市部がモロッコに染まっているのです。

 こうなってしまっては、独立を目指すエネルギーは殺がれるばかり・・・。

 『西サハラ』サハラ・アラブ共和国の独立は、今後も果たされないのではないでしょうか・・・。って、自分で書いてて・・・今、違和感を覚えました! 『あれ??』 
 独立は果たされていませんが、世界には『西サハラ』の独立を承認する国が、80カ国以上あるのですよ。日本や欧米の所謂先進諸国は、モロッコを立てて、独立を承認していません。80カ国は、アフリカと中南米と南アジアの国々だそうです。ちなみに、西サハラはAUアフリカ機構の加盟国で、それに反発するモロッコは、アフリカで唯一AUに加盟していない国です。モロッコの西サハラ領有を承認している国家は、モロッコの他にありません。

 日本では、存在しないことになってる国。
 モロッコを除くアフリカの国々では、存在することになってる国。


 うぅ~ん・・・、西サハラ・・・。どういった場所なのか?とても気になります・・・。知られざる国の旅って、とても楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/771-9c5ab9bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。