スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿度が気持ち悪い・・・ 

 2008年4月8日 なんかこう、肌にまとわり付く湿気が・・・、気持ち悪いです。

 ダカールから走ること3日間、セネガル北西端のサンルイ(St.Louis)に到着したのが3日前。セネガル川河口にある中州と川の両岸に町が広がっています。海風もあるし、大きな川もあるし、空気が湿ってます・・・。日本の湿度を思えば、たいした湿気でもないのですが、この3ヵ月半、ほとんど湿気のない場所を旅してきたので、肌がベタベタするのが気持ち悪いです。

 サンルイ、今日が3泊目。2泊で抜けるつもりでしたが、素敵な町並みが気に入って、1泊だけ滞在を伸ばしました。ここは19世紀フランスの植民地時代の街並みが多く残っているんです。南北に1km、東西300mぐらいの中洲は、碁盤の目状に建物が並んでいます。
 アールデコ様式?っていうのかな?よく知りませんが、歴史を感じさせる建物がとても印象的。その上、何が良いって・・・

 全部ボロボロ!!

 なのが良い。フランスが去って50年、セネガル人が暮らすこの町の建物は傷み放題です。廃墟というわけではありませんよ。しっかり、人が住んでいますし、それなりに補修もされています。
 壁はちょっとくすんだパステルカラー。砂に埋もれた路地では子供たちが遊び、鮮やかな衣装をまとった女性が軒先で家事をしています。

 とても素敵なところです☆

IMGP6407.jpg
写真1)中州の中心部。役所などのある広場から少し入ると、こういう通りが続く。

IMGP6414.jpg
写真2)19世紀に掛けられた鉄橋が、本土と中州を結んでます。

IMGP6462.jpg
写真3)鉄橋の反対側に架かる橋を渡ると、砂浜に沿って南北に細長ぁ~く!伸びる猟師町。砂浜は、ゴミがなければキレイなのですが・・・

IMGP6480.jpg
写真4)猟師町の子供はオネダリ攻撃をしてこない!?この子だけかな・・・?「写真撮って!撮って!」と言うので撮ったら、その後のオネダリ無しでした。良い子だ★

IMGP6491.jpg
写真5)この少年もオネダリなしだった。この笑顔、良いですよね。オネダリする子らの表情とは違います!

IMGP6474.jpg
写真6)海岸線にはズラァ~・・・リ!!船が並んでました。

 中州の町並みも、海岸の猟師町も、なかなか良い雰囲気です。たまにウザッたいガイドみたいな男や、「シノワ!シノワ!」とうるさいガキどもと遭遇しますが、この町のブラブラ歩きはおもしろかったです★
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/757-b062e108

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。