スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオラック着! とにかく黙々と走ってきました・・・ 

2008年3月25日 セネガル西部、大西洋岸まであと150kmぐらいのカオラックに到着しました。

 24日にタンバクンダを出て、2日間の走行で282km(150km+132km)も走って来ました。こんな強行軍、アフリカ入り後初めです。

 3日間で110km・100km・70km、という計算だったのですが、訳あってスっ飛ばしてきました。訳とは・・・。マリの田舎でもそうでしたが、セネガルの田舎でも、田舎の人たちから嬉しくない言葉をかけられるんです。それ、前から好きではなかったんですが、最近では酷く気に障るんですよね・・・。 

 Toubabou, donnez-moi le cadeau!?
 
 私の耳には、「トゥバブ!ドネモ・レ・カド!?」と聞こえます。意味は・・・、

 白人!贈り物ちょうだい!! =お金ちょうだい!

 村人が私の姿を認めた次の瞬間、この言葉が飛び出します。ボンジュール(こんにちは)よりも、サバ?(ご機嫌いかが?)よりも、何よりも先に、「何かくれ!!」(≒お金くれ!)ですよ? 
 酷い時は、「カド!カド!カド!」と連呼するのみ。出会って最初の言葉が、「くれ!くれ!くれ!」(主語は”贈り物”、或いは“お金”)という訳です・・・。

 ※カドの正確な意味は、“贈り物”ですが、“お金”とほぼ同じ意味で使われているように感じられます。実際、何が欲しいか尋ねると、出てくる言葉は「100フラン」とか「1000フラン」です・・・。

 田舎の人が全員そうという訳ではありません。が、子供の7割ぐらい、成人女性(青年~老年)の6割くらい、青年男性の2割くらい、が「金!金!金!」です。数人村人が集まっている前を私が通ると、誰かが「カド!」と叫び、時にはその場の人々全員での大合唱に発展します。

 きっと、彼らには、私の顔がセーファー・フランのコインに見えるのでしょう・・・。立派な500フラン・コイン(約120円)かな? 磨り減った50フラン・コインかな・・・?

 欲しがるのはお金だけではありません。「ボトルくれ!」、「服くれ!」、「食べ物くれ!」、「水くれ!」(まぁこれは場所によっては正当な欲求です)。極めつけは、「自転車くれ!」 田舎の村にはモノがないんです。それをしっかりと理解しているつもりですが、最後の言葉はいただけない!私、地球上で一番嫌いな人間が、自転車泥棒。刑法を改正して、自転車泥棒は重罪に処すべきです。自転車泥棒の次に嫌いなのが、私の相棒・自右衛門を欲しがる人。それだけ私の相棒が魅力的なんだということでしょうけども、私たちを引き離すことは犯罪も同じです。

 ん?話が逸れたかな?どうも熱くなりやすいですね・・・。ほんと、自転車泥棒は最低最悪の大犯罪ですよ!私の友人で、自転車を盗んだ経験のある方は、絶対に黙っておいて下さい。友情にヒビが入る可能性台ですから・・・。

 本来、外国人が滅多に訪れない田舎での地元民との交流は、旅の楽しみのひとつです。が、今の私にとっては、その交流が楽しくない・・・。フランス語が話せたら、また違った交流もできるんでしょうけど、私のフランス語は現地の小学生以下のレベル。そもそも、第一声が「金くれ!」という人と、その後どうやって接したものか・・・?? 

子供「トゥバブ!カネ!カネ!カネ!カネちょうだい!カネ!」
心 「カネぇ~!? お前にやる金はない!! とっとと、失せろ!」

 彼らの絶叫に負けない怒号で一蹴!!です。

 そんなこんなで、村での停車を避け、黙々と走り続けてきた結果が、2日間で282kmだったのです。いけませんね、今の私の状態・・・。セネガルの首都ダカールまでは、あと190km、2日の走行です。アフリカ大陸最西端の地で大西洋と出会ったら、心持ちも変わるかも知れませんね。

 穏やかな心を取り戻さねばなりません。気分転換が必要です、今の私。

 カオラックではのんびり2泊します。
スポンサーサイト

コメント

アフリカの洗礼

心さん、大変そうですね。
洗礼を受けましたね。私達もマラウイなど東アフリカエリアで洗礼を受けました。
本当にカチンときまよね。何度も胸倉を掴んだりしてワイルドに走っていました。
そのエリアを走ると皆こうなります。

http://capetown.exblog.jp/
途中で会った日本人サイクリストです。
とても穏やかな好青年でしたが、洗礼によりこうなっちゃいました。

なるほどね。。色々ありますな。
でも体調治って間もないんだからほんとムリせず走って下さいね。先日、会社でWorld JCの冊子を入手。ナント心さんの記事が!なんだか嬉しくなりました♪気分転換が必要な時は、日本にハガキなど書いてみるのも手かもよ?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/753-a1356586

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。