スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゲトゲの枝、バオバブの巨木 

2007年12月29日 走ります。今日もただただ、走ります。

 目覚めると、驚きの光景! 自転車の前輪がパンクしていました。自転車用タイヤの中で、ツーリングに特化した、頑強極まりない『シュワルベ/マラソンXR』が使い始めて僅か500kmでパンクするなんて・・・。タイヤを見てみると、大きな植物のトゲが刺さっていました。テントを畳んだ後、急いでチューブ交換。出発準備が整ったのは、9時前でした。

IMGP4386.jpg
写真1)このトゲ、なかなかのツワモノです!マラソンXRを貫くとは・・・。今後、ブッシュの走行はトゲのある植物に注意が必要ですね。

IMGP4388.jpg
写真2)こんなところでキャンプしてました。朝方、テントのすぐ近くを牛の群れが通過しました。テントの20mほど先を牛飼いが通過し、手を振ると、手を振り返してくれました。ただそれだけでした。チベットでこういう状況になると、チベタンは必ず!テントの前まで来てたんですけどね。マリ人は、キャンプしてる人に無関心なようです。

IMGP4392.jpg
写真3)朝食は、適当な村がなかったので、昨夕買っておいたさつま芋のフライで軽く済ませただけでした。午前の食事はそれだけでは、当然お腹がグゥグゥ騒ぎます。午後、初めに通過した村で食堂に飛び込みました。牛肉の煮物のぶっかけご飯! マリの食事は本当に美味いです★たまに、ご飯に小石が入ってますが、まぁ、それは仕方ない・・・。あの「ジャリ・・・ジャリ・・・」って音と歯ごたえは嫌ですけどね・・・。

IMGP4393.jpg
写真4)昼食後は、シエスタです。どこか適当な木陰を探しますが・・・、ない!? 『次に大きな木があったら、そこで休憩にしよう・・・』 結局10km近く走り続けて、適当な木陰を見つけました。今日は昼寝せずに、1時間半、フランス語の勉強に勤しみました。

IMGP4394.jpg
写真5)夕方、小さな村を通過した際、面白い光景を見ました。豚です!豚さんがいます!! まぁ、家畜で豚を飼ってても何も不思議ではありませんが、マリはムスリムが80%を占めるイスラームの国です。でも、クリスチャンや土着の宗教を信仰する人が20%近くいるわけですから・・・、豚もいますよね。この写真、手前に豚の群れ。奥にあるのは、モスクです。この村には、モスクと教会が1つずつありました。

 夕方、サンという大きな町を通過しました。宿もありそうですが、宿泊はしません。どこぞのオフィスの前でホースで植木に水遣りをしていた人にお願いして、6リットルの水を補給。そのまま、町から出ました。日没が迫りますが、大きな町なので、かなり走らなければ荒野にはなりません。いつまでも国道の両脇には、人家や畑が続いています・・・。
 日没後30分走り続け、薄暗くなってきたところで、道路脇の荒野に入りました。荒野と言っても、ここはまだ畑が広がっている地域です。冬場&乾季でどうせ畑に人は来ません。もうこれだけ薄暗くなっていれば、私が畑の隅でテントを張っていても誰も気がつかないでしょう。日没間際の頑張りもあって、今日は108kmを走りました。

IMGP4395.jpg
写真6)日没後、西の空に残った夕焼けに、バオバブのシルエットが映えます。

 暗くなると、いつもの行水。素っ裸になってペットボトルの水を被るのですが・・・!? その時、どこからかバイクの排気音が聞こえてきました!! 全裸のまま、慌てて茂みにうずくまります。バイクは私に気付かず走り去りましたが、どうやら、私がテントを張ったあたりは、村か何かに通じる道の近くだったようです。これでは、油断はできませんね・・・。でも、今更テント撤収して別の場所を探すのは面倒なので、周囲の音に気を使いながら、夕食を済ませました。

 耳を澄ましていると、実に様々な音が聞こえてくるもんです。変な鳥の鳴き声、変な虫の鳴き声、コウモリの羽音、風の音、遠くの町の音、遠くの車の音、えとせとら。空には、今日もお星様。流れ星を3つ数えてからテントに入りました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/726-0d5ad5c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。