スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂の世界から帰還しました 

2月10日 砂の世界から帰還しました・・・

 トンブクトゥを出たのが、2月2日。3日半、荒野の凸凹道を走り続け、ドゥエンザという町に着いたのが、2月5日の午後。
 で、そこから完全なる荒野、道なき道を南下して、ドゴン族の集落巡りへと向かいました。ドゴン族は、バンディアガラの断崖と呼ばれる断崖&岩の台地に暮らす少数民族。独自の文化と宗教を持っていて、マリ観光の目玉でもあります。
 ドゴン族の集落巡りは、4泊5日の地獄のサイクリングでした。砂!砂!砂!たまに岩!の過酷なロード・・・。キツイ移動でしたが、存分にM性を満たしてくれた時間でした。

 ドゴンの話はまたこんど紹介しましょう。

 現在地は、3週間前にトンブクトゥ行きの船に乗ったモプティです。当初は、バンディアガラという小さな町に滞在するつもりでしたが、もうちょっと砂の少ない町でのんびりしたくて、わざわざ90km走って、モプティに戻ってきました。

 ここで4~5泊休憩します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/713-bbac27a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。