スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしき☆ イラン人の厚い歓待精神 

4月28日 フーマン滞在6日目になりました。

 フーマン?ご存知ないでしょう。小さな町ですから。なぜ私がこの町に5泊もしているかというと・・・

 4月22日、4泊もしてしまったラシュトを出発し、少ない所持金での厳しい移動に突入しました。ラシュトで立てた移動プランは、4月29日に到着予定のタブリーズまで、7日泊のうち、ホテル泊が2泊、残り5泊がテント! 1日の食費は2ドル未満!というものでした。

 とにかく、ケチケチの厳しい生活をして、タブリーズまで頑張る覚悟でした。

 が!そんな私に救いの手が!

 旅人に優しいのがイラン人の素晴らしいところ。ラシュトを出発して僅か25kmほどのフーマンというに差し掛かったところで、道路脇のレストランから、おじさんが飛び出してきました。開口一番・・・!?

 「おはようございます!」日本語で!

 イランには沢山いますが、久しぶりに出会いました。一昔前に日本で働いていたというイラン人男性です。フーマン市の町外れでレストランを経営するこの男性は、ホセインさん(54歳)。

ホ 「朝ごはん食べましたか?どうぞどうぞ、私のところで食べながら、お話しましょう!」
心 「朝は食べましたが、そろそろお昼ごはんの時間ですし・・・、甘えさせて頂きます。」


 というわけで、食事をお世話になっているうちに・・・、話はどんどん広がり、私はホセインさんの家&お店にお世話になることになりました。

 22日は、フーマン市から35km離れた山奥にあるマースレー村という観光地でキャンプしましたが、23日には再びフーマン市に戻り、その晩から、ホセインさんの家で寝泊りしています。

 ホセインさんと彼の素敵なお店、楽しい仲間たちの話は、追ってご紹介することにします。

 とりあえず、極貧旅は脱しました。4月30日には、ここフーマンから、バスでテヘランへ向かい、日本から届く物資やお金を受け取ります。5月3日にはフーマンに戻り、自転車旅を再開です。

 イランの人々の温かいもてなしのおかげで、なんとか無事に、楽しい旅を続けています★
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/661-3bf72ceb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。