スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリノックス?? 

 ビシュケクで、アウトドア用のナイフを買いました。

 ビクトリノックスか、ウェンガーのナイフが欲しかったんです。日本出発時に携行していたウェンガーのナイフは、旅立ちから半年後に、紛失しました。中国・昆明の宿『THE HUMP』のテラスの植木鉢の上に置き忘れてきたのです・・・。
 その後すぐに、アウトドア用のナイフを購入しましたが、栓抜きや缶切りは、長らくもっていませんでした。紛失から半年後、カシュガルで中国製の安っぽいキャンプ用6徳ナイフを買いましたが、すぐに使えなくなってしまいました・・・。缶切りで缶が切れないんです・・・。栓抜きで栓が抜けないし・・・。さすが、25元(約380円)の品。

 で、ビシュケクでビクトリノックスのナイフを買いました。頻繁に買い物に行っていたツムデパートには、ビクトリノックスのナイフが沢山おいてました。各シリーズが揃っており、品数は30以上!値段は、日本よりも安そうです。欲しいのは、ナイフと缶きり、栓抜き、ワインオープナーが付いてるモデル。他のハサミやらヤスリやらは不要です。ショーケースに顔を近づけ、ひとつひとつ眺めていると・・・、あった!! 

 希望通りの、ナイフ・缶きり・栓抜き・ワインオープナーが付いたシンプルなモデル!!

 値札を見ると・・・、386ソムとありました。えっと、386×3だから・・・? えっ!?1160円?? 安い!! 

 店員さんにお願いして、ショーケースから出してもらいました。手にとってみると、なんだか軽い気もしますが・・・、それは小さいからでしょう。今まで持っていたビクトリノックスやウェンガーのナイフは、料理をすることも考えて、大きなものを使ってきました。今は、カシュガルで買った高級料理用・インジサールナイフがありますから、アウトドア用ナイフは小さくても良いのです。
 念の為、ナイフの根元にあるロゴを確認!しっかりとロゴが刻まれています。ナイフを広げる時のカチッ!カチッ!とした手ごたえも、しっかりしています。偽物ではないでしょう!!ポケットから皺くちゃの紙幣を取り出し、ご購入ぅ~! ありがとうございました。

vikutorinokkkkkksu.jpg
写真1)こんな感じで売ってます。

 その晩、宿でコブヘイさん(疋田さん)に報告。「買っちゃいました!安かったんですよ!」 山男のコブヘイさんも、こういう山グッズが好きなようで、面白そうにナイフや栓抜きなどを広げていました。店員さんにもらったビクトリノックスのカタログを広げ、「あっ!これ持ってました!」「これ、いいですねぇ~!」「コレ欲しいなぁ~。」「あっ、今日買ったのはコレです!」などと、楽しくやっていましたが・・・。話題が、偽物・本物の見分け方に移り・・・

 急転直下!! 


 カタログに記された本物の証と、私のナイフの特徴を照らし合わせます。造りは上等。私は全く疑っていませんでしたが・・・、確かに、1160円というのは安過ぎる・・・。

疋 「デデェ~ン!! 伊東さん、アウトぉ~!!」
心 「えっ!?何ですか?」

 ナイフの根元にあるロゴが、カタログのデザインと違いました。更に致命的だったのが、ナイフのプラスチック部分に刻まれているロゴが・・・、なんかおかしい!! カタログのロゴと比べると、明らかに間違っているのです・・・。

写真2)■■■後日アップします■■■ このナイフなのですが・・・。ロゴのデザインが少し違うんです。

 偽物であることが判明しましたが、まぁ・・・、1160円なら良いです。造りも本物並みにしっかりしていますし・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/644-18fc3dc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。