スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崑崙越え!タリム盆地へ!! 

11月3日 崑崙山脈最後の峠を超え、タリム盆地へ。昂る心のままに、一気に170km以上走っちゃいました。

10時、勢い良くクディを出発! 勢いのままに、写真で1日を紹介していきましょう。

20061221075506.jpg
写真1)クディの朝。朝食は、昨日と全く同じ木耳定食でした。朝から、中華の炒め物は重い・・・

20061221080651.jpg
写真2)今日も快適なアスファルトを走る!!

20061221080934.jpg
写真3)クディから27kmで、再び道はオフロード。更に進み、海抜2650mのところで、峠越えの道に入る。海抜3350mのクディ峠頂上まで、標高差は700m

20061221083645.jpg
写真4)上りって言ったって、そこ海抜は3000m前後。谷間の斜面を大きく蛇行して登る道を、快調に走る。

20061221081349.jpg
写真5)ちょうど中ほどで、食事休憩。周囲の乾いた山々は、チベットの風景とは大違い。タリム盆地は近い!!

20061221081623.jpg
写真6)峠の頂上に到着!向こう側にも、乾いた山並み。オフロードの長い下りに突入!!

20061221081735.jpg
写真7)アクメキットという村を通過。シルクロード情緒漂う村の光景に、テンションMAX! 止まりませぇ~ん!! 緩やかな下りを走って、走って、道はアスファルトに! アスファルトだから、更にスピード加速!!止まりませぇ~ん・・・

20061221082304.jpg
写真8)午後6時、90km走ってプシャという町に到着。子どもたちに囲まれる。ここで宿泊のつもりでしたが、10km先にもう少し大きな町があるらしい。プシャも通過!! ロバ馬車で家路に着く人々に、元気に挨拶しながら走ります。止まれませぇ~ん・・・

20061221083019.jpg
写真9)日没前、宿やシャワー屋もある大きな町コキャールに着きましたが、まだテンションは高い・・・。行っちゃえ!!ということで、月夜の砂漠ライド開始! 俺を止めてくれぇ~・・・。
 途中、地平線の向こうに沢山の火柱。油田か天然ガス田でしょう。私には、見慣れた光景ですが、新疆のこんなところで油田開発をしているとは、意外でした。

20061221083038.jpg
写真10)道は、緩やかぁ~な下り。50kmで、500mぐらい下ります。平均傾斜は1%だけですが、滑らかなアスファルトなので時速30kmキープが可能!月夜の砂漠は、ライトなしでも中央線や路肩の線が見えるくらい明るい!! まだまだ走ります!

20061221083438.jpg
写真11)午後11時、アーバンの町に到着。アーバンは、巨大な軍事拠点、かつ交通の要衝。兵士向けの商店や怪しい床屋さんがずらりと並び、宿も沢山。ここでは泊まらず、イエチョン(叶城、ウイグル名・カールギリック)まで更に4km走ります。

 海抜3000mのクディから、3350mのクディ峠を越え、1400mのイエチョンまで、14時間で172kmを走りました。 イエチョンの宿に入ったのは、24時半。勢いに任せて、走りに走った1日でした。

 乾いた崑崙北縁の風景。美しい山間の村々。ロバ馬車の列。月夜の砂漠。怪しいアーバンの町。ゆっくり走れば2日かけて楽しめたところですが、今日の私は止まらなかった。さすがに、14時間走ったので疲れましたが、疲れてなかったら、一晩中でも走ってたかも・・・。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/548-ffd8b37e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。