スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリで、モリモリ食べて、モリモリ話す 

 アリでは食事の相手に困りませんでした。

 アリに到着した日の晩、宿で、カイラースで一緒だった古林さんと修さんと再会しました。私がタルチェンを出発して3日後にバスに飛び乗り、1日でここまで来たとのこと。カイラース・コルラ9周を終えた古林さんは、ビザ期限が切れそうなので、ビザ延長の手続きに来たとのこと。修さんもビザ延長ですが、まだ延長のタイミングには少し時間がある。ふたりとも、延長手続きが終われば、再びタルチェンに戻るのですが・・・、手続きだけですぐにトンボ返りする訳がない・・・。やはり皆同じです。久しぶりの文明にウハウハ言いながら、物欲と食欲を開放していました。
 インターネットカフェに行き!宿でテレビを見て!贅沢なお菓子を食べ!果物を食べ!シャワー屋で溜まった垢を落とし!(古林さんはカイラースコルラ13周終了まで入らない!と我慢してました)、美味しい中華を食べる!

 古林さんと修さんとは、3日一緒でした。毎晩、揃って夕食に出掛け、テーブルを囲む!中華料理は人数が多いと沢山頼めますからね。タルチェンのカンティセレストランや蘭州飯店でもやってましたけど、人数×1~1.5くらいの料理を頼めます。例えば、3人だと、炒め物3品+スープ1品+白ご飯。4人だと、炒め物4品+スープ1品+白ご飯、とか。独りだと、炒め物1~2皿と白ご飯とか、麺料理1つだけとか・・・。3~4品あると、ご飯もすすみます!

 4日目の朝に、古林さんと修さんは、グゲ王国の遺跡で有名なツァンダ(札達)に向かいました。再び1人になり・・・、食堂で麺料理を3食続けて食べました・・・。 『独り飯って、寂しいなぁ~・・・』と思っていたら!?通りで日本人を発見!!

 パキスタンから、カシュガル、イエチョンを経て、ここまでやってきた日本人旅行者カップル、舞ちゃん&洋平君。宿探しをしていた洋平君を捕獲して、私の宿に連れて行きました。旅行証の提示を求められないことと、カイラース方面へのヒッチハイクがし易いということを教えると・・・、「良さそうスね。」と。やった!飯の相手ゲット!!一旦、パートナーを呼びに戻った洋平君、数分後に彼女も来ました。
 旅行資金が尽きかけているというふたりは、カシュガルで買ってきたインスタントの食材を電熱コイルと小さな鍋で調理して、物価高のチベットを乗り切るとのこと・・・。ひと袋のラーメンをふたりで食べる様に、“一杯のかけそば”を思い出しました。『健気だなぁ・・・、良い子らだなぁ・・・』涙腺が緩みそうな光景ですが、これは良くありません!
 「イエチョンから登って来たばっかりでしょう?栄養のあるもの食べとかないと、高所順応ができないよ?それに、チベットで体調崩すと、なかなか回復しないし・・・」 前者の関係性は確信がありませんが、後者は確かです。海抜1300m台のカシュガル・イエチョンから、4200mのアリまで、2泊の寝台バスで一気に登ってきます。いきなり富士山の頂上のはるか上に来ちゃうわけです。体が高所に慣れるのには、大抵数日はかかります。3000mの高度差から、15℃の気温差が出ます。地形を考えるともっと気温差があるはず。冷たく薄い空気のチベットで体調を崩したら、なかなか回復しないのです・・・。
 到着翌朝、洋平君に高山病の症状がありました。頭が痛いって。寝ている間は、呼吸量が落ちるので、目覚めて頭痛がすることは良くあることです。水を多めに飲みことと、少しだけ体を動かすことを勧めました。私、高山病にしいでしょう?添乗員の必須知識です。体が慣れるまで、アリで休養するという彼らと、数日一緒に夕食を食べました。『彼らには、痛い出費かな?』と心配しましたが・・・、やはり、1日1回はまともなモノを食べた方が良いでしょうし。

 舞ちゃん&洋平君が来て、2日後、「あれ!?もう帰って来たんスか!?」 修さんがツァンダから帰って来ました。古林さんはタルチェンに戻ってコルラの続きですが、修さんは前回のアリ滞在でビザ延長ができなかったので、帰って来たのです。「手続き終わるまで、しばらくのんびりしますわ。」と修さん。

 その後、私がアリを出るまでの数日、舞ちゃん&洋平君、修さんと4人で食事をしてました。孤独で厳しい旅となるアリ~カシュガルの3週間移動の前に、たっぷりの美味しい食事と、たっぷりの日本語を満喫しました。

 さぁ!!エネルギー充電完了! カシュガルへ向けて・・・、走るぞぉ~!!
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/523-f44f9a45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。