スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ!新しい旅立ちだ!! 

 カイラース周辺では、11泊しました。あっという間だったような、もっと長かったような・・・。充実した日々でした。
 
10月9日 タルチェンを出発しました。

 出発の日、朝食はいつものカンティセレストランへ。お気に入りのポウズ(小さい肉まん)を10個平らげました。品揃えの薄いタルチェンの商店で、野菜やラーメンやお菓子等、この先5日分の食料を購入。宿に戻り、荷造りに取り掛かります。のんびりダラダラやっていたため、出発準備が整ったのは昼過ぎ・・・、1時を回っていました。11日ぶりに荷物を満載した自右衛門号は、ずいぶん重そう・・・
 昼食も食べてから出る事になりました。今日は、リョウゴ君もタルチェンを出る予定で、私たち2人の見送りの為、タルチェンにいる日本人が全員集まりました。私、リョウゴ君、古林さん、野口君、友井さん、修さんの6人。コルラ3周目で会ったヒラちゃんは現在3周目コルラ中。食堂のラーメンで軽くお腹を満たし、さぁ、出発です。

心 「ではでは、皆さん! 良い旅を続けてください! またどこかで☆」

 午後2時50分、仲間たちに見送られ、国道219号線へと伸びるガタガタ道へ。町を出て振り返ると、カイラースの頭がちょこっとだけ見えました。カイラース・・・、充実した時間をありがとうございました!

20061212054849.jpg
写真1)国道を西へ。さぁ!新しい旅立ちだ!!

 11日ぶりに乗った自転車は、速ぁ~い!!路面が悪いので時速10kmほどしか出ていませんが、やはり歩きに比べると速く感じます。歩くことにも慣れてきてたんですけどね。やはり、自転車が良いな☆ この先、2日かけてモンツェルという町まで走り、カイラース巡礼を締めくくるティルタブリという霊場へ向かいます。距離にして80km程度なので、40kmずつで刻んで明日の午後にはティルタブリの巡礼も終わるでしょう。

 徐々に小さくなっていくカイラースを右手後方に見ながら、緩やか~な登りを快調に走行。途中、西からやって来たベルギー人サイクリストと会いました。カイラースの巡礼方法と、アワン旅館の場所を教え、再び走り始めると、30分程で、今度はロシア人サイクリストに遭遇!さっきと同じ話をして、別れると・・・、また30分後にサイクリスト!!今度はフランス人サイクリスト。1時間で3人のサイクリストとすれ違いましたが、面白いのは、3人が3人ともお互いを知らないということ!?いやぁ~不思議ですよねぇ~・・・。多分、同じ日に同じ町に泊まったりもしてるんでしょうけど、アリみたいな大きな町だと出会わないでしょうし。走ってる時も、ペースに大きな違いがなければ、追い抜くことも追い抜かれることもないでしょう。タルチェンへ向かった3人全員にアワン旅館を勧めたので、アワン旅館で皆が顔を会わせるかも・・・。面白そうだなぁ~、その瞬間に立ち会いたかった。

20061212060352.jpg
写真2)最後のフランス人サイクリストとすれ違って間もなく、坂の頂上に到着。

 さて、下りですが、なだらかぁ~な傾斜なので、下っている感覚はあまりありません。10km走っても標高差は100m以下。ほぼ平坦な道は、比較的状態もよく、大きな石や深い砂利・砂はありません。スムースに走り続け、走行距離は15km・・・・、20km・・・、25km・・・。この調子だと、今日は日没までに50kmは行くかな?と思っていたら、28km地点で異常発生!!
 後輪のスポークが1本折れていたのです!そういえば昨日、野口君が「リョウゴ君が帰ってきた後、自転車を借りたんですけど、荷台のゴム紐のフックが軸に引っかかってるのに気付かなくて、走り出したら、軸に巻きついちゃってゴム紐を切っちゃったんですよ。」と言ってました・・・。折れているスポークは、幸い左側。つまり、スプロケ(後輪のギア)とは反対側。スプロケ側だと、スポークの張り直しが非常に面倒なのです。折れていたのは、リム側の根元付近。スポーク折れは、できるだけ早く修理しないと、荷重のバランスが悪くなり、リムや他のスポークに負担がかかってしまいます。どうしよう・・・?

 その場では修理せず、なんとかあと8km走って、テントを張ってから修理することに。8km先に、川があるらしいのです。時間にして、1時間程度・・・、まぁ大丈夫でしょう。なるべく路面の悪いところでは減速して、後輪が跳ねるのを防ぎながら走りました。

20061212060852.jpg
写真3)午後7時、目標の川まではあと3km・・・。

 スポーク折れに気がついた地点から、8kmが過ぎました。が!川はまだない・・・。更に4km走って、ようやく川に到着!!川岸は30mほどの切り立った崖になっていて、その崖沿いのガッタガタの急坂を降りて、川に架かる橋のたもとへ。丁度良い草地があったので、そこにテントを張りました。早速修理に取り掛かろうと、後輪を外しますが・・・、ちょっとした谷間にいるため、もう陽が射さなくなっていました・・・。ヘッドライトの明りで修理作業は面倒です。明日にするか・・・。

 夕食は、簡単にインスタントラーメンに、人参・玉葱を入れただけのもの。新しい旅立ちの初日は、川の音を聞きながら眠りに落ちました。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/518-46519122

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。