スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地球みちばた見聞録』連載開始から1年☆ 

 西日本新聞で連載させて頂いている私の旅行記『地球みちばた見聞録』(朝刊・生活面にて、第2第4火曜日掲載。掲載週がずれることもあります)が、連載開始から23回を越え、12月26日掲載の24回目をもって、1年となります。

 隔週・月2本なので、忙しく原稿に取り組んでいるような感覚はありませんが・・・、24本の連載原稿を読み返してみると、『あぁ・・・、けっこう頑張って書いたっけなぁ。』と思えてきます。

 福岡・九州以遠にお住まいの方には、『地球みちばた見聞録』をご覧頂く機会もないかと思い、このブログ上に、新聞記事をそっくりそのまま載せています。すでに公開済みの第1~14回に加え、第15~23回もアップしました。このエントリーの下に、ずらっと23本アップされていますので、ご覧下さいまし。24回目以降の記事は、掲載され次第、追っかけながらアップしていきます。


 さて、今日は、“みちばたでの出会い”が、“地球みちばた見聞録”の記事になるまでの話をご紹介しましょう。

上述の通り、掲載は月に2回。西日本新聞さんの都合で、変則的になったりすることがたまにありますが、原則的に第2・第4火曜日

担当は、社会部の福間記者。お会いしたのは、出発前の4回だけですが、親しみの持てる担当さんです。福間さんの人柄に加え、年齢が近いことと、共にイスラーム通ということもあるでしょうね。この旅の2年目、3年目はイスラーム圏が主な “みちばた” となるので、『福間さんで良かった!』と思える機会が沢山あることでしょう。

原稿が記事になるまでの流れですが・・・。
 ①印象的な人々や光景に出会うと、まず頭の中でエピソードを整理します。自転車で走りながら、口に出して響きの良いフレーズを考えることも。印象的な出会いが多い時は、それぞれ全部、まとまてみます。頭の中でうまくまとまらないものは棄却。 この作業は、常日頃から行っています。
 ②一番良いと思ったエピソードを1つ、PCで文章に起こします。文字数は、だいたい900字前後。一度書きあがった文章は、翌日や翌々日に読み直します。時間を置くと、文章のおかしいところや、もっと良い表現が浮かびやすいでしょう? この作業は、掲載予定日の2~4週間前に行います。
 ③納得いく文章ができたら、インターネットカフェから、担当の福間さんへ原稿(初稿)を送ります。この時、掲載する写真の候補を2~3枚と、移動ルートを記した地図画像、文章からは読み取れない背景の事情や用語の説明等も送っています。原稿(初稿)を送るタイミングは、掲載予定日の10日前~3週間前ぐらい。
 ④当日~数日後、福間さんから、文字数調整をして頂いた『手直し原稿』が返ってきます。いつも文字数オーバー気味の私の原稿(初稿)を短く簡略にしてくれる訳です。②で送った写真の内、どれを使うか?写真のキャプションはどうするか?の提案もあります。更に、文章全体のイメージから、見出しの文章も考えてくれます(写真・写真キャプション・見出しは、初めから私が指定することも)。見出しと写真と写真のキャプションは、この時点でほぼ決まります。
 ⑤手直ししてもらった原稿を読んで、違和感がないかを確認します。文章を縮める為に、別の表現や単語に変わっていることもあり、私が伝えたいニュアンスと若干変わってしまうことがあるからです。違和感のあるところは、適当な表現に戻して、その旨を福間さんにメールで伝えます
 ⑥福間さんから、違和感のある点を再修正した『完成原稿』が返ってきます。私がこの完成原稿に問題がない旨を伝えると、この時点で記事の完成です。まだ微妙な違和感がある場合は、再びその旨をメールで連絡することもあります。

 最終的に原稿が記事として完成するのは、遅くとも掲載日の1週間前。私が山篭りを予定している時や、通信事情が悪い地域に入る前には、早めに原稿のやり取りを行い、掲載日の3~4週間には記事が完成しています。

記事には、『伊東心』の名と、『自転車旅行家』という肩書きを載せて頂いてますが、ブログのアドレスはありませんにもかかわらず、読者さんから、ブログ経由で励ましのメールが届きます。嬉しいですねぇ☆ 返信できないことがあるのが、大変申し訳ないです・・・。頂いたメールの中には、『ところで、“こころ”というのは、本名ですか?』という質問が過去何通かありました。伊東心が本名ですよ!!

自転車旅行家と名乗っている私ですが・・・。当初は、旅行家と自称することに抵抗がありましたが、今では堂々と名乗っています。この旅行によって収入を得ているからです。『地球みちばた見聞録』の原稿収入のおかげで、旅の資金を補うことができていますん?原稿料いくらかって?それは秘密です。私のような貧乏旅行家には、大きな助けになる金額です。


 年明けから、2年目となる連載。この旅が終わるまで続けて、少なくとも92回(22回×4年)、もっといけるようなら、100回突破を目指したいと思います。皆さんも、地球のみちばたをお楽しみ下さい。


 最後に、担当の福間さん、西日本新聞社会部・生活班の皆さん。今後ともよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/510-0880a7f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。