スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド帰りのチベット人 

 8月のラサ滞在中に2人、そして9月の老定日で1人、サガで1人、合計4人のインド帰りのチベット人に出会いました。

 『インド帰り』とは?インドから帰って来たということです。私が出会った4人は、インドにあるチベット亡命政府の教育機関で勉強をして、中国に帰ってきた人々。彼らのような人々がいることは知っていましたが、実際に出会った時は、驚きました。

 チベット本国では、チベット文化が急激に廃れていっています。近年ではチベット語による授業を行う『民族学校』が増えていますが、それは小学校などの初等教育に限られているようです。チベットで高等教育を受けようと思うと、中国の学校に通うしかないのです。中国政府は、チベットは中国だと言っていますが、チベットの教育水準は、中国本土に比べると、かなりの低さ・・・。
 インドには、亡命政府が設立した、チベット文化の保存と復興、亡命チベット人の教育を目的にした学校があります。前述の通り、チベットでは満足なチベット語教育が受けられないので、子どもだけでも亡命させて、この学校で勉強させるチベット人が少なからずいます。
 私は、以前、亡命政府の町・ダラムサラで長居したことがありますが、そのとき、何度かこのような子どもたちと話をする機会がありました。英語を勉強する為に、外国人旅行者に積極的に話しかけてくる子ども(10代後半の若者でした)が多いのです。そんな子どもたちが学ぶ寄宿学校は、『チベット子ども村』と呼ばれ、本校はダラムサラ郊外、インド各地の亡命チベット人入植地にも分校があります。ダラムサラの本校に行きましたが、立派な教育施設でした。
 ダライラマ14世の実姉であるツェリン・ドルマ女史が創立したこの立派な学校。立派なのは、見た目だけでなく、教育内容も充実しています。チベット文化、チベット語はもちろんのこと、英語、ヒンディー語などの教育もかなりの高レベル。海外の多くの団体から援助もあり、仏語、ドイツ語、日本語、韓国語の授業まであるんだとか。

 私がチベットで出会った4人は、これらの学校で教育を受けてきて、チベット本土(中国チベット自治区)に帰って来た若者たちです。チベット問題に興味がある人なら、抱くであろう疑問。『亡命した人が帰って来て、問題はないの?』私もやはり気になりました。老定日で泊まった宿の従業員、とても流暢な英語を話す22歳の女性(名前は聞いたけど忘れました)に聞いてみました。

Q: 「チベットに帰って来る時、中国の公安(警察)とかに捕まったりしないの?」
A: 「昔は捕まって、長期間拘束されていたけど、今は調書を書かされて、『中国政府に不満があるわけではありません』という文書を書かされて終わりよ。」

 へぇ~・・・、そうなんですねぇ。中国政府もいくらか寛大になりましたねぇ。

 高等教育を受けてきた彼女は、とても商売上手☆(関連エピソードはこちら→http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/#entry457)しかし、悲しいかな、インドのチベット亡命政府で教育を受けてきた人が、チベット自治区政府などで働くことは非常ぉ~に難しいようです。自治区政府で働けるのは、中国的高等教育を受けた中国に従順(なフリをできる)なエリートだけ。非常に優秀な頭脳の持ち主の彼女ですが、彼女の仕事は田舎町の食堂&宿の従業員。
 12年間両親と離れて暮らした彼女は、故郷の老定日で両親と共に暮らしています。家族の傍にいれることは幸せですが、どうも彼女にとって、ここ(中国チベット自治区)は退屈なようです。彼女の言葉の端々から、そのような雰囲気を感じました。

20061116043018.jpg
写真)老定日の宿の前にて。左がインド帰りの女性従業員。右が、スイス人サイクリストのマイヤ。

マイヤ 「彼女、何ヶ月か前までダラムサラにいたんだって。」
心 「そうらしいね。俺も6年前にダラムサラ行ってるから、もしかしたら、彼女と通りやチベット子ども村で会ってるかもね。」
マルセル「あの子に会ったのかい?」
心 「いや、そうじゃなくて、同じタイミングでダラムサラに居たってことだよ。あの子は12年ダラムサラで暮らしたらしいからね。」
マイ 「彼女、インドのことは楽しそうに話すけど、この町での暮らしについては殆ど話さなかったわ。」
マルセル「インドからここに戻ってきたんなら、退屈だろうよ。高等教育を受けていても、それを生かせる場所じゃないよ、ここは。」

 彼女みたいなインド帰りのチベット人が、活躍できるチベットにならないかな・・・

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/468-b7ecf35e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。