スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広東省の普通語教育 

これまた相当に古いエピソードですが、アップするのを忘れていたので・・・。2006年2月、中国・広東省での話です。


 広東省は、湖南省との境『南嶺山脈』から、広州、そして深川。香港、マカオを経て、再び広州から、西に西に走って、広西壮族自治区まで走りました。その間、私が使っていた中国語は、北京語、つまり普通語でした。『ありがとう』だけは、広東語の「多謝(トウチェ!)」を使っていましたが。

 様々な方言が存在する中国ですが、広東語は、ある意味、特別な方言なのではないでしょうか。現在、世界中に散らばっている中国系の移民、つまり華僑の人々は、その多くが広東語話者です。華僑の出身地は、広東省と福建省が大半を占めます。福建語は、また更に違った方言ですが。香港やマカオの人々も広東語話者です。

 広東省を旅していて、田舎の小さな町などで「普通語は解らない!」とあしらわれたことが何度もありました。私の拙い普通語(北京語)を聞くのが億劫でそう言った人もいるかも知れませんが、中には、本当に解らない人もいたことでしょう。

 3月中旬、広東省南部、南シナ海に近い『陽西』という町で、こんな学校を目にしました。


20061223045733.jpg
写真)校舎に掲げられた文字をご覧下さい。

 えぇっと、簡単に訳すと、『本校では、全国に通用する普通語で授業を行っています』ってな感じでしょうか。それが、売り文句になるんですね。ちょっと、意外に感じてしまいました。強力な中央集権国家たる中国ですが、各地方では、その土地土地の言葉が元気に活躍しているんですよね。まぁ、こんなに広い国ですから、国中で、画一的な普通語の教育を施そうというのも、無理な話かも知れません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/192-68b149c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。