スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋上空に響いた… 

2011年06月26日 “音楽の神様”っているんですよね。

 自転車世界一周の海外ステージを終えたアルゼンチンから、2年ぶりの日本へと向かう空の旅。ブエノスアイレス・エセイサ国際空港を発ったアエロ・メヒコ航空のB767は、メキシコ・シティのベニート・フアレス国際空港に到着。乗り換えの後、メキシコ北端のティファナを経由して、成田空港へ。待ち時間を含めると、40時間にも及ぶ長い長い空の旅となりました。

R0017238_20111116112943.jpg
写真1)25日朝のエセイサ国際空港。心配された火山噴火の影響もなく、巨大な荷物のチェックインにも超過料金の請求はなく、スムースな出発となりました。混雑する空港の雰囲気、嫌いじゃないんですが…。やはり、今回は複雑な気分です。興奮半分、寂しさ半分。



R0017251.jpg
写真2)昨晩は2~3時間の仮眠だけだったので、飛行機に乗り込むと間もなく眠りに落ち…。起きたら飛行機はアンデス山脈の上を飛んでいました。約1年の間に何度も越えた南米の背骨。最後に越えたのは、6月12日のことですが、この写真のあたり(アルゼンチン北西部)を走っていたのは、4ヶ月以上前の夏の盛りの頃。今ではスッカリ雪に覆われています。

R0017252_20111116112941.jpg
写真3)エアロ・メヒコ航空機内で飲めるビールは、やはり『TECATE』!メキシコの定番ビールです。機内食の時間以外は昏々と眠り続ける杏美嬢。私は寝たり、起きたり、映画を視たり…。

R0017253.jpg
写真4)メキシコ・シティに到着すると、もう夜になっていました。3時間のトランジットで、預けた荷物を一旦回収し(自転車2台+荷物2個!)、再びチェックインし直すので、バタバタの乗り継ぎになりました。おまけに、アルゼンチン出国時には機内持ち込みが可能だった土産のワインが、メキシコ出国時には機内持ち込みできず、例外の“5個目”預け荷物として、預かって貰いました。2011年に4ヶ月間を過ごしたメキシコですが、今回はメキシコを感じる間もなく去ることに…。


 さて、メキシコシティを飛び立つと、また長い空の旅…。2011年1月に自転車で通過したティファナで給油や乗客の追加して、飛行機は太平洋上空へ。


 ブエノスアイレスを発って丸1日以上が経過し…。そろそろ寝るのにも疲れてきた。ビデオも2巡目~3巡目となり、いよいよやることもなくなってきた…。杏美嬢が起きてる時は、話し相手がいますが、彼女は私よりも寝てる時間が長いので…。



 さぁ~て、いよいよ暇になってきた…



 何気なく、機内放送の音楽を聴いていると…



ドミニカのミュージシャン、Juan Luis Guerraの【Bachata en Fukuoka】

 この歌、以前ブログでご紹介しました。→福岡でバチャータ♪


 初めて聞いた頃は、“FUKUOKA”という部分以外ほとんど歌詞の意味は解りませんでしたが…


 ラテン・アメリカを1年半旅した後、太平洋を超えて日本へ帰る(福岡へ帰る)途中の今、しっかり聞いていると…

 いくらか聞き取れる歌詞がありました。シンプルな歌詞なので、耳に残った単語を辞書で引くだけで、歌詞の大半を理解できそうです。が、私はこの心地好い歌を聞いているだけで心和むんです。故郷を思い出すんです。それで充分なんです。

 歌詞の中に『ももち浜を歩いた』というフレーズがあることを聞き取れました。


 ももち浜…、福岡市早良区の博多湾沿岸の埋立地・新興住宅地・オフィス街です。人口浜あり、公園あり、福岡タワーあり、博物館あり、オシャレなお店あり、私の少年~青年期の思い出もあり。


 太平洋上空で、日本に向かう飛行機の中で、この歌を聴けるとは…

 音楽の神様っていますよね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1430-f92e526f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。