スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い長い空の旅… 

2011年06月25~27日 長い長い空の旅でした…

 未明の上野山荘ブエノスアイレス別館…。12時のフライトに合わせ、8時には宿を発ちたいのですが…。自転車が入った巨大なダンボール箱を運べるタクシーを手配しておかねばなりません。
 スペイン語が充分でない私…。普通にスペイン語の会話ができるケンちゃんこと宮路研一郎くんにお願いして、タクシー会社に電話してもらいました。が!ケンちゃんの(ギブスが取れたばかり・骨折直りたての)手を煩わせたにも関わらず…、「自転車があるならダメ!」とタクシー会社は聞く耳無し!!
 結局、近所の星付きホテルに飛び込んで、星付きホテルの威光で、タクシーの手配をしてもらい、午前7時半、皆に見送られ宿を発ちました。

こころ&杏美 「んじゃぁ~ね!」
ケンちゃん 「じゃぁ!次は福岡で!」
タラちゃん 「ほなまた!」



R0017238.jpg
写真1)40分ほどで辿り着いたブエノスアイレス・エセイサ国際空港は、火山灰によるフライト制限などもなく、空の旅に向かう人々で溢れていました。不眠の杏美嬢は体は起きてるけど、頭が寝てる…zzz。まぁ、チェックインとかは私の得意分野ですから…、寝不足の頭をフル回転させ、大量の装備類を全て無料で預けて、無事にチェックイン☆


 あっという間ですね…


 慌しく宿を出て、慌しくチェックインを済ませ、慌しく搭乗口へ向かい…


 メキシコ航空の中型機B767に乗り込むと、杏美嬢はすぐにzzzZZZ・・・




R0017249.jpg  R0017250.jpg
写真2&3)私は眠れぬフライトとなりました途中、飛行機はアンデス山脈を越えました。私が何度も何度も超えた南米の背骨。上から見ると、こんなにも幅があるんですね! 眼下に輝く雪を被った峰々…。飛行機ってのは、楽チンだけど…、なんだかもったいないなぁ~…。あの山は、下から見てこそ美しいだろうに…。


R0017252.jpg
写真4)メキシコの航空会社ですから! 懐かしいなぁ~☆ TECATE! メキシコで何度も飲んだ馴染みのビール!


R0017254.jpg
写真5)ほとんど眠らぬまま、11時間の空の旅の末に、メキシコシティに到着。3時間のトランジットですが、預けた荷物は全て回収し、再び預けねばなりません。

 預けていた荷物は4つ! 自転車1.5台分の大きなダンボール(25kg)、私の装備類その壱(23kg)、その弐(23kg)、そして杏美嬢のバックパック(18kg)。メキシコ航空は、米国系のキャリアと同様、『ひとりあたり50ポンド×2個』の荷物を引き受けてくれます。
 4つの荷物、いずれもリミットギリギリ(50ポンド=23kg)に収まってはいますが、自転車は別料金を取られるのが普通…。でしたが、エセイサでは1ペソも請求されませんでした。さて、ここメキシコシティでは、また無料でパスすることができるかな…?

 一時入国の手続きを終え、一旦回収した荷物をトランジットカウンターに運び、自転車は…、セキュリティーの都合で出発ロビーのチェックインカウンターへ持ち込むことに。
 幸い、2度目の自転車チェックインも無料で引き受けてもらうことができました。タグがすでに成田まで出てましたからね☆ 『よっしゃ!作戦勝ち!!』私が色々と小細工・対策を施してきた結果です☆ 自転車運賃100ドルくらいを節約することができました。

 この乗り継ぎの際、ブエノス~メキシコ間は手荷物として飛行機に持ち込めたワインが、メキシコ発の便には持ち込むことができませんでした。搭乗まで1時間を切っていたので焦りましたが、再びチェックインカウンターに駆け込み、5つめ(通常は有料)の荷物として、ワインが入ったバッグを預けることができました。



 で…、2つめのフライトは… 約3時間!

 メキシコ北西端、アメリカ国境に接する街・ティファナで補給&乗客追加のストップ! 機内で2時間ほど待たされましたが、ひたすらに眠り続ける私ら2人には無いに等しい時間でした。


 さぁて、3つめ!最後のフライトは…、約12時間!! 時計は26日に変わったばかりですが、このフライト中に27日に変わります。



R0017257.jpg
写真6)1本目、2本目に引き続き…、私の席は、真ん中の真ん中…。私はC列のシート(窓の隣の通路席)が好きなんですが、事前の座席指定などをしなかったので、窓に近い席は取れませんでした。

 でもまぁ、良いのです。2~3本目のフライトは、ほとんど寝てましたから(笑) 起きるのは食事の時間。眠れなくなったら、隣の杏美嬢とおしゃべり。

 食べる、寝る、喋る、食べる、寝る、喋る、食べる、寝る、食べる、寝る、喋る…。

 ブエノスアイレスから6食を平らげ、12時間ほど眠りました。長い空の旅にも慣れていた、旅人・元添乗員の私ですが、さすがにこのフライトは長く感じましたね。


 地球の裏側の日本に向かってるんですもの…。誰だって長く感じることでしょう。でも、その何倍もの距離を自転車で走ったことがある人ってのは、あまり多くはないでしょう(笑)


 最後の食事を済ませると…、周囲がだんだんそわそわしてきて…

 機体が少し前に傾いて…


 ゴゴゴゴゴゴ!!という音とともに、成田空港の滑走路にランディング!!



R0017263.jpg
写真7)おかえりなさい!


 はい、ただいま☆


 あっ…、このエントリー、尻すぼみじゃありません? ブエノスアイレス出発の描写はたくさんあったのに、成田着は少ない…(笑) そんな感じだったんです、実際。

 空の旅が長過ぎて…、長過ぎて…、後半は退屈のあまり、脳みそがその機能を停止していました。成田に着いたら着いたで、実感がすぐには湧かず…。疲れもあって、なんだか変な感じで…。


 どうやら、日本に帰って来たみたい。実感が出てくるのはこれからなんでしょうね。



 成田では、帰国手続き30回目くらいにして初めて、税関で荷物チェックを受けました。まぁ、あんな荷物だから怪しがられるのも仕方は無い…。

 日本円を全く持ってなかった私は、米ドルを銀行で両替し…(笑) そのお金で、巨大な荷物3つを京都の妹の家に宅配便! 手元に残った数千円で、大阪まで移動することとなります。



 さぁ…、着いた…?

 着いた…? の??



 実感は薄いですが、もう一度言っておきましょうかね。



 ただいま☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1333-b0379906

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。