スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ表紙写真集/ヨーロッパ再訪編 

2011年07月08日 過去のブログの表紙写真をご紹介しています。

 第三弾は、ヨーロッパ再訪編です!

BlogTop-080720.jpg
写真1)2008年7月20日頃に差し替えた表紙です。これは同月にスペイン・アンダルシア地方の山間の村で撮影した写真です。白塗りの家々がアンダルシアの強烈な陽光に映え、とても印象的でした☆
 旅行期間は…、『2005年12月~2010年05月(予定)』となっていますよね? 2008年3月頃までは、2009年末までに旅を終えるつもりでしたが、この頃の計画では、2010年05月に伸びていました。で…、結果はご存知の通り、2011年07月を過ぎても…、まだ旅は終わっていません(笑) 2011年10月が本当のゴールです。
 アンダルシア…、ちょうど3年前の夏ってことになりましたね。あの夏も暑かったなぁ~…。でも、アンダルシアは暑いからこそ!その雰囲気が際立つんですよね☆ 夏のアンダルシア、私は大好きです。


BlogTop-080728.jpg
写真2)2008年7月末に差し替えた表紙です。これは同月にスペイン・ラマンチャ地方、『ドン・キホーテ』に登場する風車の物語、その舞台とされる“カンポ・デ・クリプターナ”の手前で撮影した写真です。遠くの丘の上に見える風車、判りますか?
 この頃から、表紙の写真を差し替える頻度が高くなってきます。ヨーロッパや北米の先進諸国では、WIFIが使える場所が多く、自前のPCでの作業がし易くなったことで、ブログの加工も容易になりました。


BlogTop-080808.jpg
写真3)2008年8月10日頃に差し替えた表紙です。これは(写真2)と同じ日に、スペイン・ラマンチャ地方で撮影した写真です。
 『現在、フランス走行中!』となってますけどね…、写真はスペインのなんです。この頃、私はパリでプチバカンスを取っていました。パリの街並みの写真なんかを表紙にしても良かったんですけど…。私はサイクリスト!自転車で旅しとるんです!表紙はなるべく、“それっぽい”ものにしようと思いまして


BlogTop-080928.jpg
写真4)2008年09月下旬に差し替えた表紙です。これはドイツのデュッセルドルフのビアレストランで撮影した写真です。デュッセルドルフで何度も通った、ライン地方の地ビール・アルトビールの醸造レストランです。
 えっ?「サイクリストっぽくないじゃん!?」って…? はい、そうですね…(笑) この頃、私はデュッセルドルフのとあるゲストハウスで、住み込み清掃スタッフとして働いていました。給料はなし、無料で宿泊できる代わりに、1日1~2時間の簡単な仕事を任せられていました。この1ヵ月半、全く自転車に乗ってませんでした。そして、これが大きな転換期だったんですよね。

 旅行予定期間が、『2010年9月』までに延長されています。これ以前は『2010年05月』でしたから、更に4ヶ月延長となったわけです。この時ですでに私は3年近く海外を走っていましたが、「残り1年半では、南北アメリカは走破できないのでは…?」という焦りがありました

 まぁ…、決められた期間内でガツガツ走って旅をしていれば、それも可能だったかも知れませんが…。当時の私、旅行費用の大半を原稿収入で賄っており、『走りに集中すると仕事ができない…。仕事をしないと旅ができない…』というジレンマの中にありました。ライター仕事の為に走ってるのか?走ってるからライター仕事ができるのか? どちらもその通りなのですが、そのバランスを失いかけていたのです…。


blogtop-081025.jpg
写真5)2008年10月下旬に差し替えた表紙です。写真は、2006年8月にチベットで撮影したものです。

 書き込んである文の通り…、『チベットの空が懐かしい…そんな今日この頃』でした旅が停滞している時は、旅が充実していた頃を懐かしむものです。デュッセルドルフでの暮らしも1ヶ月を超えていました。移動の再開は、11月3日、ニューヨークへのフライトを抑えていました…。

 このタイミングで、私は大きな決断をします。『北米横断後に一時帰国しよう! 一時帰国して、旅人・伊東心とライター・伊東心のバランスを取り戻して来よう!』と決めたんです。 無帰国での世界一周を掲げていた私には、辛い選択でしたが…、結果としてそれは長い長い旅に良い効果を生むこととなりました(それを感じるのはこの半年後くらいなんですけどね)。



 2008年夏~秋のヨーロッパ再訪は、3ヵ月半ほどでした。走行距離は3000kmほど。途中、フランス国内(ボルドー~パリ間)の電車移動などもありましたし…。パリで4週間、デュッセルドルフで1ヵ月半、自転車を降りていましたから…。位置づけとしては、“横断”でも“縦断”でもなく、『長い旅の中休み』みたいなものでした
 ヨーロッパ、物価が高くて長居すると残りの旅に影響大ですが…。私はヨーロッパが好きなんです。長く旅をしていると、心を休める時間は必要になってきます。落ち着ける場所、落ち着ける環境、そういうのって大事なんですよね。
 結果として、このヨーロッパ再訪で底が見え始めていた旅行資金を更に削ることとなりましたが、この3ヵ月半は、私にとって大事な時間であったと思っています。これがあったことで、残りの旅に勢いと活力が戻ったのですから☆


 ヨーロッパ再訪編は以上! 写真3と4の間隔が1ヵ月半もありますし…、他にもいくつか表紙写真があったような気がしますが…。手元に残っていません。残念!



 表紙写真を振り返ると、いろいろと当時のことを思い出して、面白いものです。



 では次は、北米横断編です☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1326-1c923d73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。