スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の皆さんへ 

2011年03月12日 日本の地震のニュース、こちらチリでも大々的に報道されています。

 私の現在地は、首都サンチャゴから西に100kmくらいの海沿いの町、ビーニャ・デル・マル。今後3ヶ月間続く、慌しい旅、南米最南端・厳冬へと向かう旅の前の小休止のつもりでやって来ました。


 有名な日本人宿『汐見荘』に着いて2日目の朝、東北で大地震・大津波というニュースが飛び込んできました。日本とチリの時差は12時間。夜が明けると共に、衝撃的な映像が届きました。


 衝撃的なその映像・情報に、驚くと共に、強く心を痛めました…。


 この十年程、海外に居る時間の方が長くなってしまった私にとって、母国を襲った災害ですら、実感を伴って感じることが難しいことは否定できません…。

 しかし、いつも心は日本を向いています。心はいつも日本を見ています。


 この度の災害で命を落とされた全ての方々、身内・友人・知人を失われた全ての方々へ、心よりお悔やみを申し上げます。

 被災された全ての方々、今なお救助を待つ方々、困窮の最中にある方々へ、遠く太平洋の対岸より、一日も早い状況の改善をお祈り申し上げております。



 ここチリでも昨晩(12日0時半)、津波が到達しました。2010年2月のチリ大地震・津波を経験したばかりのこの国では、日本のニュースが絶えず報道され続けています。幸い、今回の津波は高いところでも1mくらいだったようで、被害は軽微なようです。
 チリの人々も心を痛めています。目に涙を浮かべて、私たちを励ましてくれる人もいます。チリに限りません。世界中が日本に心を向けています。


 遠くに居ても、私の心はいつも日本に向いています。遠くチリの地から、皆さんへ心を送り続けます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1292-ebcca848

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。