スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注文を聞かない床屋さん 

2010年12月10日 あまりの酷さに笑うしかありませんでした。

_IGP0014.jpg
写真1)最近の私、こんな髪型です。髪が伸びるといつも「竜馬君(兄)に似るよなぁ~」と思う、次男坊です。


 8月以降、髪を伸ばしています。旅行5年目、最後の1年はまた長髪にしてみようと思って…。

 
 私、この旅1年目~2年目にも、髪を伸ばしてみたことがあります。2006年6月~2007年9月の15ヶ月間。ほぼ坊主の状態から始めて、ひとくくりに結べるようになるまでに、丸1年要しました。

IMG_1804.jpg
写真2)2007年9月の私(もちろん、右ですよ)


 で、今年の8月です。ふと思ったんです。私が旅を終えるのは、2011年の10月。ということは? 残り15ヶ月…、十分な時間です。

 旅の最後に、また髪を伸ばしてみるか?? と…




 でも、今日…




_IGP0016.jpg
写真3)床屋さんに行ってしまいました(笑)




 え…? 長髪化計画は!?って…??


 だって、長い髪、うっとおしいんですもの…。というのは半分冗談で、このまま伸ばしてみても、帰国までに結える程の長さにならなそうなんです。帰国がね、5月末になりそうな予感が強くなってきまして…。残り6ヶ月間では、結えるには伸びないでしょ?
 来年、私が帰るのは初夏の日本。中途半端な長髪をなびかせて走るには、暑苦しい国です…。海外走行中は、多少薄汚れてても、髪の毛バサバサでも妥協できるんですが、日本走行中に不恰好は見せたくありません。


 さぁ、久しぶりの床屋さんです。私、携帯用バリカンを持っていますから、坊主やソフトモヒカンならば、自分で見事に刈れてしまうのです。が、先日、その携帯用バリカンを手放してしまいました。

 床屋さん…、日本でも“行き付け”じゃないと苦労しますよね? なかなかイメージ通りに切ってもらえない…


 人口11万、アンデス山中では比較的大きなプーノの町。そのセントロ(中心街)のとある路地。美容室や床屋さんが数件並ぶ、この街の美容センター的なところへ。



 写真3のお店のおばちゃん、そのハイテンションな呼び込みに釣られて、お店に入りました。

こころ 「ヘアカタログとかある?」
おばちゃん 「あるある!どれが好み??」
こころ 「えぇ~っとね…、あっ!こんな感じ!できる??」
おばちゃん 「もちろん! さぁ!座って!座って!」


 私がカタログで示したのは、側頭部・後頭部を短く刈り込んであって、頭頂部は長めの髪がツンツンしてる、コッテリ系のペルー人モデルでした。まぁ、簡単に言うと、2002年ワールドカップ時の『ベッカムヘアー』(ソフトモヒカン)です(笑)


 自信満々で私の髪に霧吹きを吹き始めたハイテンションなおばちゃん…。この霧吹き、“霧”になっておらず、頭皮に水鉄砲を浴びせてるようなもので、あっという間に頭はビシャビシャ!目も開けられません…。

 愛用のハサミを手に持った笑顔のおばちゃん…。左手のクシで持ち上げた私の髪に、「シャキ!シャキ!シャキ!」っと3回ずつハサミを入れますが、極端に切れ味が悪く、「シャキ!プツ!ブチッ!」と…、2回目以降は、髪が千切れる音がします…。

 それでも一生懸命に切ってくれるおばちゃん…。あまりに一生懸命で、とても鼻息が荒い…。「おばちゃん? 時間あるから、ゆっくりで良いよ?」と言ってみても、私の拙いスペイン語では伝わらない…。おばちゃん、鼻息「フゥーフゥー」言わせて一所懸命に切ってくれます…。

 珍しい外国人客に興味津々なおばちゃん…。「中国の床屋はどんな感じ?」「あ、日本人ですから」「日本のチーファ(南米で言う中華料理店)はある?」「ありますけど、日本ですから」「日本人は何を食べるの?」「大抵何でも食べますが、伝統的な食卓では野菜や魚が主役だね」「まぁ!魚ならペルー人も沢山食べるわよ!」と、お客さんとのコミュニケーションはバッチリ☆
 ですが…、あまりおしゃべりに夢中で…、「あ痛ぁ~っ!」「あら!ゴメンなさいね!」 私、危うく耳を切られるところでした! 確かに2枚の刃に耳が挟まれたのですが、切れないハサミと、“キレ”のないおばちゃんの腕のおかげで、私の耳は助かりました…





 カットを始めて20分、鏡に映っている私は、ベッカムヘアーではありません…。



 きっとこれから、側頭部や後頭部をバリカンで借り上げていって…、仕上げに入るんだろう…?






おばちゃん 「できた!」
こころ 「・・・・はい、ありがとう・・・」



_IGP0020.jpg
写真4)ベッカムヘアーの出来上がり!


 代金は10ソル(300円)。あまりのハチャメチャぶりに、途中から「もう、好きにしてくれ!」という心持ちになれた、頼れる床屋さんでした。

 仕上がりは…、注文の10%くらいしか達成されていませんが…


 まぁ、これでも良いです…


 私も大人になりましたねぇ~☆ 髪型が気に食わないくらいで凹んだりしません!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1285-f24070b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。