スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンビア上陸作戦会議☆ 

2010年07月13日 大事なことを決めねばなりません。

 昨日、北米縦断のゴールの地、パナマ・シティに到着し、岳くんと合流しました。なぜ?彼と待ち合わせていたか?というと…。パナマ→コロンビアを一緒に移動して、コロンビアを一緒に走る約束をしているからです。


 パナマ→コロンビアの移動、これが大変なんですよね…

 パナマとコロンビア、繋がってないんですよ…。北米大陸の南端に位置するパナマは、北にカリブ海、南に太平洋と接し、東にコロンビアと接しています。『接している』けど、『繋がってない』?? おかしなこと言ってますね、私。

 いいえ、おかしくはないんです。その『接している』けど『繋がってない』場所は、『ダリエン地峡』という地域です。ここは未開の深い深いジャングル。そこに道がないので、『繋がってない』。つまり、パナマ(北米)とコロンビア(南米)をつなぐ道が、『繋がっていない』のです。


 道を走るのが自転車です。まぁ、道なき深いジャングルとて、自転車で無理に進めば抜けられるかも知れません…。が、ダリエン地峡は止めときましょう! とてもじゃないけど、そんなことできる場所ではありません(笑)
 まぁ、詳しいことはまた後日ご紹介させて頂くとします。 (追記)→こちらでご紹介しました。


 このダリエン地峡を越えて、コロンビアへ向かう方法は2つ!!

 ①船… 不定期の貨物船を乗り継いだり、ツアー・ヨットでカリブ海を渡る。かかる費用は、250~400ドルくらい。

 ②飛行機… パナマ・シティから、コロンビアの各主要都市(ボゴタ、カルタヘナ、メデジンなど)へ飛ぶ方法。かかる費用は、航空券のみで150ドルぐらい~。加えて、自転車の運賃が50ドル~(?)

 極力飛ばずに旅をしてきた私は、今回も飛びたくないので、①を強く希望。 安い方が良いけど、楽しいのなら~…、と岳くんも①を希望。というわけで、船を探さねばなりません。

 パナマ~コスタリカは二つの海で繋がっています。カリブ海と太平洋。そのどちらの海にも、フェリーなどは運行されていません。道がないんだから…、フェリー会社とかが定期航路作ってくれたら良いのにね! 定期航路、無いんです…

 この海を越える旅人が使う船は2種類。『貨物船』『ツアー・ヨット』。貨物船は、ダリエン地峡の沿岸の漁村などを結ぶ小さな貨物船を2~3度乗り継いでいくという方法。ツアー・ヨットは、カリブ海沿岸の島や村を訪ねながら、コロンビア北部の港町カルタヘナやトゥルボを目指す方法。

 かかる費用を調べてみると、貨物船の方が100~200ドルは安く済みそうですが、せっかくのカリブ海ですから~… 『ツアー・ヨットの方が良いんじゃない!?』ということで岳くんと意見が一致し、私たちはヨットを選びました。

 というわけで、自分でヨットを探さねばなりません。ツアー・ヨットの船長さんたちは、パナマ発の乗客をパナマ・シティで、コロンビア発の乗客をカルタヘナで、それぞれ募っています。旅行代理店とかが予約を受け付けてくれるわけじゃありません。船長とお客が直接交渉するんです。まぁでも、船長さんも暇ではないので、仲介者が存在します。そのパナマ側の代表格が、現在宿泊している『ルナズ・キャッスル・ホステル(Luna's Castle Hostel)』なんです。

 
 パナマシティに到着した翌日、さっそくホステルのスタッフに相談しました。「近々出航予定のヨットある?」と。すると、「あのボードに書いてあるわよ。どれが良い?」 …なんですと!? レセプション横のホワイトボードに、たくさん出航予定のヨットがリストアップされているではないですか!! 

 出航日が近いものは、明日14日…、無理!無理! 16日があって…、20日があって…、23日ってのもあるなぁ~…。27日…は遅過ぎる。出港地点は2つあって、『ポルトベーロ』という港と『カルティ』という港。前者はパナマシティから自転車で1日の距離、後者は1.5~2日の距離です。バックパッカーならば、明日の船でも飛び乗れるんでしょうけど、私たちは港までの移動時間も考えねばなりません。

 なにより!自転車を積めるのか?ってのも問題です。 ヨットに自転車2台積めるのか?? 出航の日付より、運賃より、まずは何より自転車を積めるか?がヨット選びのポイントとなります。

 岳くんと希望を述べ合い話し合い(私が分析&判断し、岳くんの意見を聞く…。ほぼ、私が決めてるようなもの
…?)の末、21日にポルトベーロから出る380ドルのヨット(自転車OK)ってのに、『2名+2台分の空きがあるなら…これで!』ということになりました。で、ホステルのスタッフに頼んで、船長に連絡とってもらおうとしたら…

 
 レセプションのお姉さん、初老の男性と話してます。で、ホワイトボードに何やら書き出しました!



 『17日/ポルトベーロ発/定員5名/400ドル/シー・スピリット号』、と!


心 「あれ、良くね!?」
岳 「17日?、ちょうど良いっスね~!」


 カレンダーを見て再検討。今日が13日、ポルトベーロまでは1日かかるから、16日にパナマシティを出れば、17日の出航には間に合う。で、13・14・15と、パナマシティにはあと3泊かぁ~…。うん!3日あれば、観光やら買い出しやら装備の整備やら済ませられます! あの船に決定!!


心 「こんにちは、あなたがキャプテンですか?」
船長「こんにちは。ああ、そうだよ。君たち、私の船に興味あるのかい?」
心 「はい!!ちょっとお話し聞かせてもらえませんか?」



 船長はスウェーデン人のハンスさん。ちょうど今、ホステルに客探しに着たばかりとのこと。船の設備やら航行予定やらを伺い、自転車が積めることも確認し、迷わずお世話になることを決めました!
 手付金を100ドル払い、残る300ドルは出航当日に支払います。あと3人の客が集まれば、ひとり当り380ドルに割引するそうです。集まらなかったら400ドルのまま。まぁ、賑やかなのは良いですが、狭い船内が余計に狭くなるのも嫌なので…、私的には、あと3人揃わなくても良いかな~…、なんて思ってます(笑)

 いやいや、『タッチの差』とはこのことですな!! もしも、私たちがハンス船長の前にレセプションのお姉さんと話していたら、21日発の別の船を予約しちゃってたかも知れません! ハンス船長、絶妙なタイミングで現れてくれたものです☆

 ハンス船長とは、16日の夕方に出港地のポルトベーロの宿で合流することとなりました。

 パナマから先の旅路が確定し、ホッと一安心です☆




 さて…、コロンビア行きの方法と船探しについて、長々と説明させて頂きましたが…。説明が回りくどく、読んでて苛々しませんでしたでしょうか…?

 まぁ、私の文章はいつも回りくどいのですが(笑) 今回のこれ…、私が簡潔に文章をまとめる能力に乏しいから(だけ)ではありません。『パナマ~コロンビアは陸路で移動できません。船か飛行機となりますが、私たちは船にしました。たくさんあるツアー・ヨットの中から、ちょうど募集し始めたばかりの、スウェーデン人船長ハンスさんの船にしました。出航は17日にポルトベーロという港からです☆』と、3~4行で述べてしまっても良かったのです。
 んが!このパナマ~コロンビア間の移動は、私の長い間の懸案だったのです『線で繋ぐ旅』が私の旅です。飛行機は極力使いたくない。私が優先するのは、1に『自転車』、2に『海路・水路』、3に嫌々で『空路』です。
 『ここの場合、飛行機の方が安いけど、飛行機は自転車積むのが面倒だし、そもそも飛ぶのが嫌!でも旅の予算は少ないし…。ヨットが一番楽しそうだけど~…、貨物船で時間かけて行くことになっちゃうのかなぁ~…?うぅ~ん…、どうなるんだろうなぁ~…?』と、この数ヶ月ずっと悩んでました。そういう思考の紆余曲折を表現したら、こういう長ぁ~い文章になっちゃったんですよ(笑)


 私のように、パナマ~コロンビア間の移動に頭を悩ませている旅行者・サイクリストは多いことでしょう。南北アメリカを縦断するサイクリスト向けに、別途詳しい説明を載せときますね☆

  ↓

 『パナマ~コロンビアを渡る旅人・サイクリストへ』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1275-f6d8409c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。