スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナマ・シティへ☆ 

2010年07月11~12日 北米大陸縦断・ゴールの地、パナマシティへ!!

01_IGP0270.jpg
写真1)サンチャゴでシニア海外ボランティアに従事されている湯谷さん。2泊お宅にお世話になりました。

 今日は日曜日。お仕事はお休みということで、一緒に自転車でパンアメリカンへ。そこで末迫さんと合流し、おふたりで私を見送って下さいました。

 お世話になりました。ありがとうございました!



 さぁ~って! 向かうは、パナマシティ☆ 2日間で着いちまいますぞぉ~!!

02_IGP0275.jpg  03_IGP0277.jpg
04_IGP0280.jpg  05_IGP0282.jpg
写真2/左上)今日は朝からうす曇…。
写真3/右上)雨が降り出す前に、今日は100kmくらい先のペノノメという町まで一気!
写真4/左下)今日はね、ワールドカップの決勝戦『オランダ-スペイン』戦です。せめて、ホテルのテレビで観戦したいなぁ~…、とキョロキョロしながら走ります。これは、いわゆるラブホテル。自転車でふらりと入って、ひとりで泊まっても何ら問題はないのですが…。パス! ペノノメに行けば、普通のホテルがあるでしょう。
写真5/右下)で、ペノノメのお宿です。1泊24ドルもしましたが、一昨日から3泊(消防署1+湯谷さん宅2)無料でしたから、奮発して! 雨が降り出した音を聞きながら、『オランダ-スペイン』戦を観戦☆

 ひとりぼっちの観戦だったからか…。攻撃的なチーム同士がガンガン!シュート打つ割に、点が全く入らなかったからか…。ゲームが荒かったからか…。応援してたオランダが負けちゃったからか…。

 なんとなく、「ふぅ~ん…」という感じで観戦が終わってしまいました。スペイン初優勝、おめでたい☆ と思います。でも、なんか「はぁ~…終わったなぁ~」という感じがします。



 これ、“寂しい”んでしょうね…。



 今回のワールドカップ、私、過去に見てきたワールドカップの中で、最も多くのゲームをテレビ観戦しました。日韓大会の時よりも多いくらい。中米諸国では、全試合テレビ中継されているのです。テレビがある宿ではいつも生中継やダイジェスト視てましたし。全試合生中継ですから、試合やってる時間帯には、町の食堂やレストランやカフェや家電屋などテレビのある場所には、人だかりがありました。さすがは、ラテンアメリカ! みんな心底サッカーが好きなんです☆
 日本の試合のあとなんかは、路上や街角で出会う人々から声をかけられることも多々! 「ホンダは良い選手だなぁ~!」、「昨日の試合、惜しかったなぁ!」、「昨日の試合見たぞ!3-1!日本強いなぁ!」、「あのキーパーは良いな!」、「ナカタは出ないのか?」、「日本人のフリーキックは凄いなぁ~!」、「日本、強いじゃないか!」などなど。サッカーという『共通語』のおかげで、この1ヶ月間の旅は、地元の人々との距離が近かった気がします。


 そんなワールドカップが終わっちゃった…。

 祭りの後ってぇ~のは、ちょっと寂しいもんですね…



06_IGP0287.jpg  07_IGP0290.jpg
08_IGP0294.jpg  09_IGP0295.jpg
写真6/左上)12日は、朝から大粒の雨…
写真7/右上)8時には出るつもりでしたが、午前10時まで部屋でゴロゴロ…。WIFIが使えたので、ネットサーフしながら、ワールドカップを振り返ってました。
写真8/左下)待っても雨は止まないので、レインウェアを着て走り出しました。
写真9/右下)今日の雨は“しつこい”。一度も止むことなく、しとしとしとしと、時にザーザー降り続きます…。


10_IGP0296.jpg  11_IGP0298.jpg
写真10/左)パナマシティが近づいてくると、パンアメリカンハイウェーは、高速道路っぽくなってきました。
写真11/右)ってか、完全に高速道路ですね(笑) 路肩はありますが、ゴミが散乱しており、車道は車ガンガン!なので、非常ぉ~に!走りにくい。

12_IGP0300.jpg  13_IGP0302.jpg
写真12/左)さぁ!これが最後の難関です! 『ラス・アメリカ大橋』
写真13/右)パナマシティのすぐ西、パナマ運河へと続く深い入り江(川?水路?)にかかる鉄橋です。

 海面からの高さは…、知りませんが(笑)、どう考えても自転車で走れるような橋ではありません! 例えるなら、レインボー・ブリッジを自転車で渡るようなもんです。レインボーブリッジ、歩道ありますけどね…、その歩道を使わず、車道を走ると思って下さい。自転車で!レインボーブリッジの車道を!です。私の地元・福岡で例えるなら、荒戸大橋を自転車で!って感じかな。荒戸大橋、バイクでもちょっと怖いですよね。

 多分、この橋は自転車で渡っちゃいけないんだと思います。歩道はないし、車道に路肩もありません。でも、ほかに道も見当たりません…。背後からはジャンジャン車が来ているので、10分ほどタイミングを図り、車が減ってきたところで!


 うりゃぁ~!!

 っと、一気に渡り切りました! 橋の上からは、運河へ入ろうとしているタンカーや、パナマシティの街並みなんかも見えたのですが、風景を楽しむ余裕など無い!! 私が橋を渡りきる頃には、背後に車の列ができていました…。

14_IGP0307.jpg  15_IGP0310.jpg
写真14/左)時速30km台まで加速した自転車で高速を降り、市の西部にある旧市街へ。途中通過した貧困街的なところの雰囲気、非常に良くなかった…。ここも時速20km台後半で駆け抜ける!
写真15/右)で、ボロボロの旧市街で一方通行の道をぐるぐる回って回って…

16_IGP0313.jpg
写真16)着きました!岳くんと待ち合わせてる宿『ルナズ・キャッスル・ホステル』。

 岳くん、昼間岳くん。昨年のアラスカ以降、カナダ、米国、メキシコ、グアテマラだ度々度々遭遇している日本人サイクリスト。彼とこのパナマシティで合流の約束をしており、私、グアテマラ以降のこの1ヶ月間、彼に追いつこう!と頑張っていたのですが、終ぞ、北米大陸のゴールまで追いつかず終いでした。

 一日中降り続いた雨で湿ったカバン(カバンは防水ですが、泥水被ってるのでザラザラドロドロ)をドミリーに運び込むと、そこには岳くんの姿!

岳 「あっ、お疲れ様です!久しぶりです。」
心 「おっ、疲れたよぉ~…。今日はずっと雨だった!せっかくの北米縦断の最終日だったのにね。」

 そう、ここパナマシティは2009年7月9日に始まった『北米縦断』のゴールの地なんです。実はまだ1日ほど走る可能性もあるのですが、いちおう、ここで一区切り! アラスカ・アンカレジからここまでの走行距離は、1万5629km。旅立ちからの総計は61162kmです。


心 「とりあえずの北米ゴールを祝して!」
岳 「お疲れぇ~っス!」



 夜は祝杯を上げました☆

 とりえず(笑) 北米縦断の旅、終!了!です!!
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1274-f0f1718f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。