スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が降る森 

2010年06月25~26日 雨が続きました…

 祝☆大勝利!! 24日の日本・デンマーク戦、見事な勝ちっぷりでした。

 本田の芸術的な無回転フリーキック! 遠藤のゴール隅を突く、見事なフリーキック! 岡崎のごっつぁんゴール!(いやいや、あそこまで詰めてるのが彼の良いとこですよ!)。昨日は、ひとりで宿のテレビを独占し、狂喜のワールドカップ観戦となりました。

 さて、気分は上々! 日本代表の次なる試合にあわせて、私も移動せねば…。 2日間の走行で、首都サンホセを目指します!

01R0014167.jpg  02R0014171.jpg
写真1/左)昨晩のお宿はこんなとこ。この部屋、私に先行すること10日ほど、岳くんも泊まってたみたいです。
写真2/右)宿は外国人バックパッカーも多く訪れる宿だったのですが…、昨日のお客は私だけ! 広いサロンでひとりサッカー観戦してました。他に日本人旅行者とかいたら面白かったでしょうに…。

03R0014172.jpg  04R0014174.jpg
05R0014176.jpg  06R0014181.jpg
写真3/左上)今日は朝から怪しい空模様…。雨季真っ只中の中米ですが、たいていお昼過ぎまでは晴れてるんですけどね…。
写真4/右上)2泊したリベリアは、コスタリカ西部で一番大きな街。と言っても人口数万人規模ですが、そこはさすがのコスタリカ!こんな町にも、マクドナルドがある!!
写真5/左下)走り出してほどなく、徐々に青空が見えてきました。このまま晴れてくれると良いけれど…
写真6/右下)残念!お昼前には激しい雨になりました…。道路脇の空き店舗の軒先で、インスタントラーメンの昼食をとりつつ雨脚が弱まるのを待ちましたが…。全く弱まる気配なし!結局、レインウエアを着ての走行となりました。

07R0014183.jpg
写真7)雨…、日没後まで続いたんですよ。全身びしょぬれです。体も冷えたし、宿をとりたかったけど、適当な町までたどり着けなかったので、ガソリンスタンド裏の整備所内にテントを貼らせてもらいました。写真は翌朝撮影。


08R0014184.jpg  09R0014186.jpg
10R0014187.jpg  11R0014190.jpg
写真8/左上)で、26日です。今日も低い雲が広がっています…。
写真9/右上)お世話になったガソリンスタンドの併設のレストランで朝食。このガソリンスタンドのある交差点から山に入ると、『モンテベルデ自然公園』という有名な自然公園があるんですが…、雨の森を走るのはもう結構…。道路脇でも、サルやハチドリが見れますから、私はサイクリングがてら野生動物を楽しむこととします。
写真10/左下)走り出して間もなく、今日も降ってきましたよ…。止みそうな雨だったので、道路脇の土産屋で雨宿り。
写真11/右下)その土産屋にあったベンチ。サル…?いや、ヒトかな…?

12R0014196.jpg  13R0014197.jpg
写真12/左)15分ほどの雨宿り、するとホラ! 晴れてきた!晴れてきた!
写真13/右)で…、1時間も走ると、また曇ってきて…、小さな雨粒がポツリポツリ…。雨季の走行、雨に濡れるのは仕方ないと思います。だって、雨季なんですから。でも、やはり晴れてる方が気分は良いですよね…。雲が空を覆うと、私の心もどんより…。



14R0014201.jpg  15R0014202.jpg
写真14/左)そんな私を励ましてくれたのは、こいつら! 葉切りアリ!
写真15/右)グアテマラ以降、毎日のように路上で目撃します。ハキリアリ、葉切りアリは、その名の通り、葉っぱを切る蟻です切り採った葉を素に持ち帰り、それらを細かく噛み砕いて、ネチョネチョにした苗床に菌糸を植え付け、そこに生えるキノコを食すという驚きの生態を持つアリです。 ハキリアリが一生懸命に葉っぱを運ぶ姿には、いつも励まされています。「こいつらも頑張ってんだ!俺も頑張るぞ!」と。


16R0014217.jpg  17R0014219.jpg
写真16/左)サンホセは海抜1000mの高地にあります。今朝まで居たのは、遠くに海岸線が見える、海抜100m台のところ。最後の50kmほどは細く険しい山道の走行でした。車の運転は凶暴だは、雨は降るは、シフトケーブルは切れるはで、なかなか厳しい走行でした。
写真17/右)サンホセ市街地に差し掛かって1時間、ようやく中心部に入り、予約していた日本人宿に向かいました。

 サンホセでは、日本から送ってもらってるデジタル一眼レフのボディを受け取らねばなりません。その受け取り場所、日本人の荻野さんが経営している宿『安明宿・サバナ喜多側』に数泊することとなります。宿では、オーナーの荻野さんと長期宿泊客の加藤さんが温かく迎えてくれました。


 深い森の雨、たまになら“おつ”ですが、ずっと降り続くと…、さすがの私も嫌ですね。安明宿で、しばしくつろがせてもらうとします。



18R0014233.jpg
写真18)旅立ちから6万km走りましたが、初めてじゃないかしら? フロントのシフトケーブルがディレーラー接続部分から切れました。雨季で泥水を被ることが傷みが早かったのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1267-93b1c167

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。