スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グリンゴ』と『チニート』 

2010年06月17日 私、『グリンゴ!』も『チニート!』も嫌いです。
 
 呼ばれるのがね、叫ばれるのがね、嫌なんですよ・・・。


 まぁ、その話はあとにしましょか。ニカラグア2日目の夜が明けました。
 
01R0013839.jpg
写真1)ん…? 足元に子犬・・・


 そうだそうだ、私は民家にお世話になってるんだった!


 昨日、宿があるような町にたどり着けなかった私たちは、小さな村に暮らす一家に迎えられ、1宿2飯をお世話になっているのです。

02R0013842.jpg  05R0013857.jpg
写真2/左)こんな一家にお世話になってました。右隅は、ヨランデ。その左が、おかあちゃん。その左が、おとうちゃん。中央の太い人は長女の旦那。左後ろの4人は娘&息子。下のおちびちゃんたちが長女の娘たち。次女はすでに仕事に出かけたので写ってません。私たちを拾ってくれた少年たちは、赤いシャツと黄色いシャツの息子たち。おっ、意外と私、しっかり覚えてるじゃない!?
写真3/右)息子たちと私は、東屋(農機具置き場&台所)のハンモックで寝ました。一家には、他にも2人息子がいるそうですが、隣国コスタリカに出稼ぎに行っているそうです。私が使ったハンモックは、その息子のものでしょう。

04R0013836.jpg  03R0013840.jpg
写真4/左)朝食は、手長海老の天ぷら! 昨晩は姿を見なかったおとうちゃん、猟師さんだそうで、未明に漁から帰ってきていました。獲れた手長えびと小魚をジャンジャン油揚げにしていきます!その揚げたてをパンに挟んで頂きます☆
写真5/右)犬が写ってるでしょ? 犬は他にも4~5頭います。鶏はそこらへんに10羽ぐらい歩き回ってます。馬が1頭います。豚が2~3頭います。やたらとうるさいインコもいます。それらが未明からフゴフゴ、ワウワウ、ブフゥブフゥ、ピーチク、コッコッコッコッコッコッ…と賑やかだったので、私は午前5時くらいにはスッカリ目が覚めていました(笑) 目覚めた後も、ボケェ~っと、ハンモックの中に居ましたが…。私が乗ってるハンモックの高さがちょうど良かったのでしょうね…、豚さんが背中を掻きに来るんです。私の腰の辺りに、背中を擦り付けて、ゴリゴリと…。



 うぅ~ん☆ 素晴らしきカントリー・ライフ!! 嫌いじゃないです。こういう朝も☆





 たまになら…




 さて、朝食は、海老の天ぷらサンドをモリモリと頂きました! 塩とレモン汁を振っただけの天ぷらですが、この数週間で一番のヒット! 朝から幸せ全開の美味しさでした☆ 満腹になったところで、荷物をまとめなおし、お手洗いもお借りして・・・、準備完了!

 「ムーチャス☆グラシアス!」一家へのお礼に、私からコーヒー、ヨランデから砂糖を置いていきました。「ブエン・ビアへ」(良い旅行を!)笑顔の一家に見送られ、村を後にしました。

06R0013861.jpg  07R0013866.jpg
写真6/左)村は、この火山の北側の麓にありました。昨夕、遠くに見えていた火山です。
写真7/右)走り出して1時間ほどで、比較的大きな町を通貨。ガソリンスタンドのATMでニカラグア通貨『コルドバ』を下ろし、先へと進みます。こちらの商店は、途中の村でアイス休憩に立ち寄りました。まぁ、売られているものは、エルサルバドルやホンジュラスと大差ないですね。

08R0013868.jpg
写真8)目指すレオンまで後20kmほど。ふと、前方をゆっくりと走る自転車に目を奪われました。えっ!?自転車積んで走ってんの!? なんと!自転車を背負ってる人がペダルを回しています。ハンドルは、前方でトップチューブに座ってる人が操作しています。なんて…、なんてアクロバティックな男たちでしょう!!


 今日の走行は70km程度。お昼ごはん前には、レオンに着いちゃおう!と快調に走り続けてきました。ヨランデが前だったり、私が前だったり。ピッタリとくっついてではなく、抜きつ抜かれつ、少し距離を取って走っていました。

 そんな私たちには、沿道からよく声が飛んできます。「頑張ってぇ~!」「ファイトォ~!」じゃないですよ、マラソンじゃないのです。一番飛んでくる言葉はですね・・・


 「グリンゴォ!」


 中南米のスペイン語です。意味は…、狭義で『北米人』、広義で『外国人』。ですが、この言葉少なからず侮蔑の響きを有しています…元々は、米国人を指す言葉だったんだそうです。中米諸国は19世紀以降、米国の強い影響・圧力を受け続けてきました。このグリンゴ(Gringo)の語源は、英語のGreen Coat(緑の上着)、つまり中米に展開してきた米国軍人の緑の軍服から来ているそうです。
 当時の情勢を考えてみると、これが侮蔑を含む言葉であることは容易に想像できます。米国は、中米諸国を懐柔すべく、軍隊を送り、政治的圧力をかけてきたのです。その先兵であった緑の服を着た軍人たちを、好意的な目で見るはずはありません…。



 「グリンゴォ! グゥ~リンゴォ~!!」


 こう声を上げるのは、ほとんどが子供。大人で言う人は滅多にいませんし、昨晩お世話になった一家のように仲良くなった人の口から発せられることはありません。子供たちが「グリンゴ」という言葉を叫ぶ時、そこには“冷やかし”や“からかい”の意図を感じずにいられません…。

ヨランデ 「私、嫌なのよね…。グリンゴって呼ばれるの…。そもそも、私アメリカ人じゃないもの。」
こころ 「まぁ、そりゃぁ、嫌だよね。でも、アメリカ人かどうか?ってことよりも、“白人”とか“外人”っていう意味で使ってるみたいだよ。俺だって、たまに言われるくらいだもん。」


 そう、私もグリンゴ!と呼ばれます。走行中は、サングラスをしてヘルメットを被っています。目元がハッキリ見えないので、欧米人と変わらぬように見えることもあるのでしょう。
 でも、サングラスじゃなくてメガネをかけてる時や、相手が近くにいて顔の輪郭までしっかり見えるようなときは…


 「チーノ!」 とか… 「チニート!」

 とか言われます。意味は『中国人』。チニート(Chinito)は、スペイン語で小さなものや可愛らしいものを呼ぶときに語尾が『-to』『-ta』と変化する、あれでしょう。となると、意味は『中国人ちゃん』でしょうか…?

 これもね…、侮蔑の響きを感じてなりません…。私が中国人に見えるのは仕方ない。こちらの人々に、日本人と中国人の違いが解るはずもない。とりあえず、東洋人は中国人だと思い込んでしまうのも仕方ない。



 でも、叫ぶ必要があるかい? すれ違いざまに、ボソっと呟く必要があるかい?



 子供たちは自分に興味を引きたいがために、とにもかくにも相手を呼んで、振り向かせたいだけかも知れません。が…、その言い方がね…、その発音がね…、嫌なんですよ。悪意を感じるんですよ…。暇なときなどは、停車して、そう叫んだ子供が近づいて来るのを待つこともありますが、いつまで待っても近寄ってこないことがあります。ただ、遠くからグリンゴだのチーノだのと叫んでニヤニヤしているだけです…


 グリンゴォ~! グリンゴォ~!

 チィ~ノォ!! チニ~トォ!



 これは、メキシコ以降常に身の周りにあるストレスです…。今日ここで初めて紹介しましたが、別にニカラグアのこの地域が特別だというわけではありまえせん。ちょうど今日、ヨランデとそういう話になったので、今日紹介しただけのことです。

 中米諸国と南米の一部の国では、『グリンゴ』、『チーノ』という呼びかけとずっと付き合っていかねばなりません…。そういう国は、長い歴史において虐げられてきた人々が暮らす地域でもあります。人間、長く虐げられていると、逆に虐げる・侮蔑の感情をぶつける相手を欲するのが、性なんだと思います…。なんて、寂しい、悲しい性でしょう…


 日本にも、外国人を侮蔑する言葉が沢山あります。私は全く使いません! 自分が侮蔑の対象になる悲しさ・悔しさを知っているから。いろんな国の人々と接してきて、『外国人』であることは、人間として何ら大きな違いではないと知ったから。侮蔑や軽蔑は、無知と偏見、過去の歴史などから生じたものであり、それらを読み解けば・紐解けば、侮蔑の感情なんてのは消滅するものだと思うから。

 やめましょうね! 人種差別!! 人として恥ずかしいですよ…?


 さて、ちょっとスッキリした。続きに参りましょう!


10R0013875.jpg  09R0013874.jpg
11R0013877.jpg  12R0013878.jpg
写真9/左上)ガォ~!っと、レオンの街に到着しました! 古いコロニアルな建物が多く、キレイな街です。
写真10/右上)こちらレオンの大聖堂は、中米最大の教会だそうです。ここで言う“中米”、メキシコは含みません…。メキシコには巨大な教会がアチコチにあります…。
写真11/左下)宿を求めて、街をふらふら…。
写真12/右下)結局、インターネットで調べておいた宿…、の目の前の別の宿にチェックインしました。街の中心部はこんな感じで石畳になっているので、あちこち走り回るのは面倒です…。

 宿の決め手は、1泊7ドル、キッチン、WIFI付き! にあらず…。この宿には、テレビがあったので、ここにしました! 明後日19日は?? そう! 日本の2戦目! 対オランダ戦です!!


 歴史あるレオンの街で3泊ほどして、しっかり日本・オランダ戦を観戦したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1255-50878cee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。