スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キト写真館 

2010年09月02日 キト8泊目… 

 喉を痛めてしまったこともあり…、キトには結局8泊もしてしまいました…。5泊くらいで抜け出したかったのですが…。喉の痛みと、それに伴う食事量の減少で、元気とは呼べない1週間でした。まぁ、長い旅です、まぁ、体調不良で足止めなんてのも仕方ないことです。

 そんなキトですが、まぁ、8泊したなりに、ちょこちょこと歩き回っていました。元気がないとはいえ、元々の体力がありますからね。部屋でじっとして、パソコン弄りだけでは勿体ないですし。

 なんてったって! キトは世界遺産に登録されている歴史ある街なのです!!

 では、キト写真館です。どうぞ☆

01_IGP4312.jpg  02_IGP4269.jpg
03_IGP4314.jpg  04_IGP4285.jpg
写真1/左上)旧市街にはいくつか大きな広場があります。これもそのひとつ。壮麗なサンフランシスコ寺院(Monasterio de San Francisco)の前のサンフランシスコ広場(Plaza San Francisco)。
写真2/右上)週末ともなると、パフォーマーや観光客で賑わいます。私はこの日この場所で、スリ未遂に遭いました。スリ男の右腕を掴んで、左手でパンチをくれてやりましたが…。胸元のなんだか硬い物に当たってしまい、逆に私の拳を(ちょっとだけ)痛めてしましました。まぁ、被害はなかったので良しとします。
写真3/左下)名前忘れた…。立派なファザードが美しい教会。
写真4/右下)旧市街は山の斜面に広がっており、『西高東低』です。新市街は比較的平らな南側に広がっています。

05_IGP4287.jpg  06_IGP4324.jpg
写真5/左)29日はメトロ・バスで新市街におでかけしました。
写真6/右)メトロ・バスの駅です。トロリーバスを使った市営交通網です。4路線くらいあります。急発進!急停止!が基本です。慣れるまで怖いです…。

07_IGP4306.jpg
写真7)トロリーで向かったのはコチラ。新市街のショッピングモール。私、登山靴をコスタリカで盗られておりまして…。その代わりをコロンビア以降ずっと探してるのですが…。良いモノは見つからず終いでした。んが、そろそろ本当に必要です!エクアドル、その次のペルー、アンデス山中の山道を歩く場面も出てきます。トレッキングとか、遺跡観光とか。

 このモール内に小さなアウトドア用品店が2店舗ありましたが、結局モールの隣のスポーツ用品店でメレル(MERRELL)のゴアテックス製の登山靴を購入! ヴィブラム・ソールで135ドル(約12000円)、日本で買うと2万円はするモデルです。ここまで頑張って探し続けた甲斐がありました。これならば、雪山は無理ですが、大抵のフィールドで活躍してくれそう☆ 私、靴には妥協しません! 靴は旅を支える『命』です!!

08_IGP4301.jpg  09_IGP4298.jpg
10_IGP4302.jpg  11_IGP4303.jpg
写真8/左上)モールの帰り道、新市街の大きな公園でひとやすみ。週末とあって、家族連れで賑わっていました。
写真9/右上)公園内にはMTBのトラックが! いいなぁ~!こういう公園!!
写真10/左下)あっ!?アレは!! コロンビア南部のアンデス山中に生息する芋虫バスではないですか!? →芋虫バスとの出会い
写真11/右下)公園の一角。天気も良いし、素晴らしい行楽日和ですねぇ~☆ 公園で寛ぐ人々は、比較的小奇麗な身なりの人が多い印象を受けました。周辺はハイソな人々が住むエリアなのかも知れません。

12_IGP4335.jpg  13_IGP4393.jpg
14_IGP4337.jpg  15_IGP4355.jpg
写真12/左上)暴走メトロバスで旧市街に戻り、キト到着時に横を通った『ボト・ナシオナル教会(Basilica del Voto Nacional)』へ。
写真13/右上)この教会、外見も素晴らしいのですが、それ以上に観光客を集める目玉があります
写真14/左下)入場券を購入して、内部へ。普通、カトリックの教会は無料です。もちろん、ここの教会も礼拝堂は無料です。私が支払ったお金は、この…ス!のためじゃなくて…
写真15/右下)こちらです、こちら・・・。螺旋階段を登って、本堂の屋根裏へ

16_IGP4359.jpg  17_IGP4367.jpg
写真16/左)で、屋外に出ると…こんな尖塔が! この梯子のような急な階段を登ると…
写真17/右)どぉ~ん!!と正面の塔2本越しに、旧市街が一望!もちろん、振り返ると新市街も一望!

18_IGP4374.jpg  19_IGP4383.jpg
写真18/左)で、またあの屋根裏に戻って…。今度は、写真17に写ってる左側の塔の上へ! 先ほど登った北側の尖塔(中央に写ってるやつ)よりも一段と高く、見晴らしも抜群!
写真19/右)塔の上から、旧市街を見下ろす。下を歩いてると、歴史ある街並みを感じるものですが・・・。上から見ると、赤っぽい屋根のモザイクで、ゴチャゴチャした街ですね。

 この尖塔、高い所が苦手な人には相当厳しいと思います。階段じゃなくて梯子で登るところもありますから。

20_IGP4401.jpg
写真20)旧市街の中は細く、傾斜が急な道ばかり。ほとんど全てが一方通行です。

21_IGP4402.jpg  22_IGP4539.jpg
写真21/左)宿にキッチンありますが、お昼ご飯はファーストフードってことが多かったです…。田舎の旅に戻ると、ハンバーガーなんて食べれませんし…。コロンビアで定番定食を食べ続けて飽きてしまった…、その同じ轍を踏まないよう、街では街でしか食べれないものを食べます!夕食は中華食堂にもよく行きました。→コロンビア料理、もうそろそろ・・・
写真22/右)街の家電屋さんです。JAPONは、もちろん、日本の意味。日本製家電が多いのかと思って、店内冷やかしてきましたが…。大半が韓国製、LGとかサムスンとか。日本の家電メーカーの品は、こちらでは高過ぎてニーズが少ないのでしょう…。

23_IGP4243.jpg  24R0014867.jpg
写真23/左)30日の夕方、旧市街の南に聳える『パネシージョの丘』に登りに行きました。この写真は別の日に撮ったものです。あの上の方、天使の像が見えますか?あそこまでの道…、非常に治安が良くないと評判です…。
写真24/右)というわけで、岳くんと同宿の瞬くんを誘って3人で! 夕方、暗くなる前にサクッと登りに行きました。手には、催涙スプレーを持って…。財布は持たず、小銭をポケットに少しだけ入れて…。強盗に遭わないことを祈りながら…

25R0014872.jpg  26R0014873.jpg
27R0014880.jpg  28R0014884.jpg
写真25/左上)無事パネシージョの丘の上に到着。途中の道は、貧しい家々の間の狭い階段や通路でした…。襲われる観光客が多いというのは確かなようで、すれ違ったおじさんに「注意しろよ!」と忠告されました。男3人で警戒しながら歩いてきたので、良かったけども・・・。独り歩きはお勧めできません。独りや女性連れならば、バスかタクシー使って下さい。
写真26/右上)旧市街(北側)を見下ろす。帰途の町が山の中腹に広がっているのが良く解ります。左手、写真には写ってませんが…、4000m級の山があります。
写真27/左下)反対側、街の南側を見下ろす。なるほどなるほど、私たちサイクリストは今見えてる市街地を抜けてゆかねばならんのですね…。キト入りも大変だったけど、脱出も大変そうだ…。
写真28/右下)帰り際、記念撮影☆ 強盗多発のパネシージョの丘ですからね! 首絞め強盗さんと一緒に撮ってみました(笑)

29_IGP4272.jpg
写真29)碁盤の目になった旧市街はまだ楽かも知れませんが、郊外の住宅地などを抜けて、この街を脱出するのは大変そうです…。新市街と旧市街の間には、自転車専用レーンを持つ道が数本あるのですが…。まぁ、キトを発つ時には、車道の隅をガタガタ言わせながら走ることになるっでしょうね…。


 キト旧市街、世界遺産に相応しい、美しく活気ある街でした☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1250-8e65ebe0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。