スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋の上の教会 

2010年08月22日 コロンビア最後の日、イピアレスの観光に行きました。

 今日は日曜日です。エクアドル国境まではもう数kmという距離ですが、日曜日に国境を跨ぐと何かと面倒くさいことが多いので、わざわざ週末に国境を越えるこたぁ~ありません。面倒とは、例えば、国境の銀行や観光案内所が閉まってたり、やたらと国境通過に時間がかかったり、とか…。商店が閉まってたり、とか…。

 それに、イピアレスには観光の目玉がありますからね! それを見ずに去るのは勿体ない!!

00-IGP3622.jpg
写真1)この教会です。


 さて、この教会の何が“目玉”なんでしょう!?


 って…、題名を見れば解るか…(笑)



 橋の上に建ってるんです★ それも普通の橋じゃないですよ!?

02_IGP3656.jpg  03_IGP3632.jpg
写真2/左)どうだ!教会の高さよりも、橋の方が高いのだ!!
写真3/右)どうだ!! こんなところに建ってるんです!!

 谷の底の方、教会の一部は斜面に乗ってますが、ごく一部…。大半は、谷を跨ぐ橋の上に乗っています。なんでこんな所に建てたんでしょうねぇ~…? 詳しい話は知りませんが、この教会、名前を『サントゥアリオ・デ・ラス・ラハス(Santuario de Las Lajas)』と言います。100年くらい前に建てられた、比較的新しい教会です。

04IMG_6986.jpg
写真4)場所はイピアレスから7~8km離れた隣村。乗り合いタクシー使って、3人で出かけまいた。左・美紗ちゃん、中央・私、右・岳くん


 さて、充実の観光を振り返りましょうか!

05_IGP3513.jpg  06_IGP3519.jpg
写真5/左)朝8時に宿を出発。昨日自転車で登ってきた坂…、歩いて降りても、恐ろしいほどの傾斜です…。
写真6/右)カフェで朝食を取った後、町の北の方へトボトボ歩きます。で、乗り合いタクシーを拾って、一気に隣村へ! 車ってのぁ~、速いですねぇ~!

07_IGP3532_20101001122324.jpg
写真7)降りたところは、谷への下る道の端。教会へと続く参道です。日曜日とあって、コロンビア人も沢山訪れています。ずいぶんな賑わいです。で…、あの人だかりは!? あっ!!

08_IGP3545.jpg
写真8)あぁ~!! アルパカちゃんじゃないですかぁ~!! もふもふしてて、可愛い☆ このおすまし顔が堪らない!!

09_IGP3541.jpg  10_IGP3563.jpg
11_IGP3556.jpg  12_IGP3559.jpg
写真9/左上)アルパカに乗って、写真を撮るという商売のようです。子連れのコロンビア人が沢山囲んでいましたが、一番嬉しそうだったのは、このお父さん!?
写真10/右上)参道を更に進みます。あ、画面下の黒い“もふもふ”は岳くんの頭。「また髪の毛伸びてきたねぇ~…」
写真11/左下)あっ!またいた! 別のアルパカ写真屋さん!
写真12/右下)おめかししちゃって★ カワユイです…。けど、顔だけ見るとラクダそのものですね(笑) まぁ、同じ種類の動物ですから、当然ちゃぁ~当然か?


13_IGP3564.jpg
写真13)おっ! 真っ白い“もふもふ”発見!! またアルパカか!?



14_IGP3570.jpg
写真14)もふもふ犬でした(笑)


15_IGP3579.jpg  16_IGP3582.jpg
17_IGP3588.jpg  18_IGP3598.jpg
写真15/左上)参道には、お土産屋や飲食店などがズラリと並びます。
写真16/右上)コロンビア人にとっても、人気の観光地のようです。
写真17/左下)どんどんと谷を下ります。
写真18/右下)見えてきました!教会!! 背後からアプローチします。

19_IGP3608.jpg  20_IGP3619.jpg
写真19/左)入り口から見た感じ、内部は至って普通な装飾です。ちょうど日曜のミサの最中だったので、混雑していて奥までは入れませんでした。
写真20/右)橋の反対側から見るとこんな感じ。上だけ見てれば、単なる、斜面に建つ教会ですが…。

21_IGP3642.jpg  22_IGP3649.jpg
23IMG_6989.jpg  24IMG_6992.jpg
写真21/左上)谷の反対側を左手に歩いて行くと、橋と教会の全容が見えてきました!
写真22/右上)谷底に降りて、遊戯具で遊ぶ子供たちと教会をセットで撮影。
写真23/左下)そんな私を撮った美紗ちゃんの写真がコレ。
写真24/右下)そんな私たちを撮った岳くんの写真がコレ。

25_IGP3670.jpg  26_IGP3675.jpg
写真25/左)谷の反対側の斜面の上まで上ると…、観光用の資料でしょうか? 不思議なマスクダンサーの一団を、ビデオカメラマンが撮っていました。
写真26/右)インディヘナの伝統舞踊という感じでもないし…。スペイン伝来の伝統舞踊という感じでもない…。この不細工さが、こっけいで面白かったですけども。

27_IGP3686.jpg
写真27)長い帰り道に出会ったお姫様☆

28_IGP3698.jpg
写真28)帰りは当然、反対側の谷を登らねばなりません。風邪気味なのと、空腹なのとで、疲れ気味の私…昨日のお酒が残ってんのか??なぜか、足元がおぼつかない岳くん…で、サイクリストたちよりも元気な美紗ちゃん。3人でトボトボ坂を上っていたら、小さな公園にあったシーソーが気になった…「あの傾斜…、危なくない!?子供、飛んじゃったりしないのかなぁ~…?」

29_IGP3702.jpg  30_IGP3713.jpg
写真29/左)おっ!クイじゃん!クイ!! クイ=CUY、とはモルモットちゃん。アンデスでは伝統的な食用肉として、一般的です…。その哀れな姿を見ると、食欲を失うという人もいますが…。「ねぇ!今晩、クイ食べようよ!」と私。岳くんはもちろん、美紗ちゃんもノリノリでした(笑)
写真30/右)お昼ごはんの前に、食堂で買い食いして小腹を満たしました。まぁ、街まではどうせタクシーですから、満腹食べなくても良いです。

31_IGP3722.jpg  32_IGP3727.jpg
写真31/左)イピアレス中心部に戻り、買い食いしつつ、宿に戻りました。やはり、宿の前の坂は…、凄い!
写真32/右)夕方、町をちょこっと歩きました。この写真には写ってませんが、イピアレスでは、羊毛やアルパカ毛のポンチョを着た人が沢山います。海抜2800mならば、パストと大差はありませんが、周囲の地形がそうさせるのか…?年中肌寒い町なんだそうです。住民には、コロンビア人らしい人懐こさはが少し欠けるように見えます…。肌寒く、インディヘナ人口が多いからか…、あまり陽気な雰囲気は感じられませんね。

33R0014789.jpg
写真33)で、夕食です! クイ! …じゃないんだなぁ~、残念! 街中のクイ専門レストランは日曜日で閉まってました…。クイ料理は、町外れとか田舎の村のほうが見つけ易いようです。
 代わりは、中華料理★ コロンビア最後の晩餐、私はコロンビア・ペソがもう尽きており…。岳くんは残り僅か。でも、美紗ちゃんは沢山余ってました。ならば!と3人で中華に行き、美紗ちゃんが私の分も支払いしてくれて、3人仲良くコロンビアペソを使い切りました。もちろん、借りたお金は返しますよ!美紗ちゃんとは、数日後、エクアドルの首都キトでまた会うことになりますから!その時に、現地通貨である米ドルで返します。


 以上! コロンビア最後の1日に相応しい★ 充実の観光でした!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1242-d5a3864e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。