スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000mを一気! 

2010年08月19日 今日は、コロンビア走行で最大の登りです!!

谷底のガソリンスタンド(海抜800m)~ (峠・海抜2800m) ~PASTO(海抜2700m)/ 走行49km


 登り坂を登っているとき、何を考えてるかって? あまり考え事はしてないですね。ただただ周囲の風景を楽しんでいたり、“無”になっていたり。登り坂のとき、心は概して穏やかです。『こんにゃろう!』とムキになったりしませんし、『いつまで続くんだよぉ~…』と嘆いたりもしません。


 では、ここで一句…


 登り坂 心澄ませば 登るだけ


 うぅ~ん…、駄作(笑) 

 ムキになっても、嘆いても、鼻息を荒くしても、どうせ登りは登り。登らにゃならんのです。ならば、心を落ち着かせ、周囲の風景などを楽しみながら、心穏やかに行こうではないですか!


01_IGP3190.jpg  02_IGP3195.jpg
写真1/左)昨晩のお宿はこんなとこ。シングルで12000ペソ(600円)なり。
写真2/右)今日は海抜800mほどからスタート! 目指すパストは海抜2700mほど。その手前に2800mの峠がありますから、今日は最低でも2000mは登らねばなりません! コロンビア走行中で最大の登りの日となります。
03_IGP3204.jpg  04IMG_6686.jpg
写真3/左上)宿はV字の谷の底にありましから、走り出すと当然…登りです。険しい山々の斜面をゆっくりと登っていきます。
写真4/右上)谷にかかる長ぁ~い電線の写真(写真3)を撮っている私。

05IMG_6689.jpg  06_IGP3217.jpg
07_IGP3250.jpg  08_IGP3254.jpg
写真5/左上)写真4に見えていた山の切れ目を過ぎると、今度は左手に谷になりました。写っているのは私。今日は岳くんとお互いに写真を撮り合いながら走ります。
写真6/右上)いちおう道路脇にはガードレールや段差が設けられていますが…、ちょいと向こうを見ると、深い谷底です。
写真7/左下)おっ!今日もトンネルがありました。トンネル、コロンビアでは珍しいんですよ。まぁ、こんなに険しい斜面だと、トンネル掘らなきゃいかんでしょうな。
写真8/右下)トンネルを抜けたところから、谷を見下ろす。谷を九十九折に下り、ぐるぅ~っと斜面に沿って登っていく道が見えますか? あの谷の向こうの山の斜面に村々が見えますか? 私だったら、あんなとこには住みたくない…。自転車でお出かけするの大変そうですもの…。

09IMG_6699.jpg  10_IGP3258.jpg
11_IGP3269.jpg  12_IGP3281.jpg
写真9/左上)ついつい景色の良い谷側ばかり写真に撮ってしまいますが、山側を見るとこんな感じ。斜面をゴッソリ削って道を作っています。地層が硬いのか?こんな垂直に削ってても落石の痕などはあまりありません。
写真10/右上)道路脇の岩に描かれたいた絵…。なに??天使?神様?? バモイド…?(失礼!) 
写真11/左下)2台の自転車。今日は着かず離れずで登ってます。景色が雄大で写真撮影で停まることが多いので、ふたりの距離が大きく離れることはありません。
写真12/右下)随分登って来ましたね。でも、素晴らしい景色に圧倒されているうちに「えっ!?もうこんなに登ってたの??」という感じです。


13_IGP3288.jpg  14_IGP3290.jpg
15_IGP3300.jpg  16_IGP3301.jpg
写真13/左上)今日は、心地好い高揚感の中で山登りを楽しめています。なんてったって★景色が良い! しばらく山肌を削って無理やり造った道路が続いていましたが、この先は尾根道になりそうです。
写真14/右上)小さな売店がポツンと出現し、そこでコーラ休憩。売店一家の子供たち、姿は見えませんでしたが、店の奥から、古ぅ~い感じのテレビゲームの音だけが聞こえていました。「ピコピコ!ピコンッ!ズキュン!」みたいな。猫はやたらと風が通って寒い商品棚の上で身震いしながら昼寝中…。別の場所で寝れば良いのに…(笑)
写真15/左下)そろそろ海抜1800m。もう1000mも登ったのかぁ~!という感じです。コロンビアの山道は、概して傾斜が緩やか。上手に道路を作ってくれてるので、体への負荷も少ないんです。
写真16/右下)まぁ~だ時計は11時前。お昼には早いのですが、朝食が少なかったので、すでに腹ペコ…。チャチャギ(Chachagui)という街で軽食ストップ! エンパナダ(具が入った揚げパン)とコーヒー。相変わらず、コーヒーは安くても美味しいです☆

17_IGP3308.jpg  18_IGP3309.jpg
19_IGP3311.jpg  20_IGP3318.jpg
写真17/左上)チャチャギを過ぎると急に空が黒くなってきました。にわかに雨が降り出し、慌てて売店の軒先に避難! この写真は、通り雨が去った後に撮影。
写真18/右上)雨宿りしてる間に、売店の軒先でラーメンの昼食を済ませました。路面も乾いたので出ようと思ったら、またザーッ!って…。
写真19/左下)結局、小雨の中、レインウェアを着ての走行となりました。写真のための停車がなくなり、私と岳くんの距離が開きます。九十九折に登っているので、時折、後の岳くん(写ってますよ)が見えます。
写真20/右下)さぁ、着きましたぜ!峠です★ 海抜は2700m程度でしたが…。私の高度計によりますと、今日の登坂高度(登った高さの総計)は、すでに2000mを越えていました。途中、短くとも下りがあったりしますからね。小さな“登り直し”も積み重なると大きな登りです。


22IMG_6771.jpg  23_IGP3327.jpg
写真21/左)もう時計は午後4時半を回っています。40kmほどしか走ってませんが、ずっと登りでしたし、途中雨宿りも長かったし…。まぁ、残りの10kmは下り坂ですから! 上着を着こんで、一気に下ります!!
写真22/右)見えてきました。パスト(PASTO)の街並み。大きな街じゃないですか。

24_IGP3351.jpg
写真23)パストの宿は、バックパッカー向けのホステル(コアラ・ホステル)にチェックイン! 夜は賑やかな街を歩きつつ、焼きソーセージを食べたり、美味しくないピザ(カピカピのハワイアン…)を食べたり、露店で揚げてるポテチを食べたり、食堂でお決まり定食を食べたり、食い倒れツアーをしました。


 さて…、今日の走行は約50kmでした。登板高度は2100m。つまり、平均傾斜(勾配)は4.2%ってことになります。1日で2000m以上登ることは山岳国を走行中とて、あまり多くはありません。が、このくらいの傾斜ならば、なんてこたぁ~ありません。

 まぁ、さすがに走り終わってすぐは、太ももとかがピキピキっと引き攣ったりしてますけど(笑) 明日に残るダメージではありません。なんなら、明日も2000m登りましょうか?? あっ、でも明日はせいぜい1000mぐらいしか登らないんですよ。道がね、そういう道なんです。残念だなぁ~(笑)


 今日は、景色は雄大★気分は最高! 素晴らしい登り坂でした☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1238-f44eff96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。