スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南国のカリへ! 

2010年08月09~10日 カリまでの2日間は、穏やかなサイクリングとなりました。

 昨日は気が付かぬままペレイラを通らぬ“予想外の近道”を走ってきました。もう海抜は900m台。目指すカリまでは230kmほど。途中、峠はありません。アンデス山中、ふたつの山脈の間に広がる平野部です。のぉ~んびり走っても2日あれば十分でしょう!


8月9日/ VITERBO(海抜900m) ~ ANDALUCIA(海抜950m)/ 走行125km

01R0014666.jpg  02R0014668.jpg
03_IGP2739.jpg  04_IGP2743.jpg
写真1/左上)朝ごはんは、町のパナデリア(PANADERIA、パン屋さん)で。
写真2/右上)卵じゃないですよ。トウモロコシ粉の揚げパンです。これ、チーズが少し練りこまれてて、揚げたてはとっても美味☆ サイズは卵より2回りくらい大きく、3~4つ食べれば、サイクリストでもお腹一杯になります。
写真3/左下)昨晩のお宿はこんなとこでした。1泊30000ペソ(ひとり750円)で、とっても素敵な宿でした☆
写真4/右下)この2階がホテルです。荷物の上げ下ろし、ひとりだと通りに停めた自転車や荷物の管理に神経を使いますが、今はペアラン中。岳くんと交代で荷物を降ろすので、盗難の心配などはありません。
05_IGP2748.jpg  06_IGP2749.jpg
07_IGP2757.jpg  08_IGP2760.jpg
写真5/左上)ビテルボを出てすぐ、トラックバスと遭遇。この手のバス、ちょこちょこ見ますが、オフロードの田舎道向けのようで、パナアメリカンのような整備された国道ではあまり目にしません。一度乗ってみたいんですけどね…。チャンス、あるかしら…?
写真6/右上)今日もサトウキビ畑の中を走ります。ここらは、もう北緯4度台。海抜1000mもあれば、日本では高原と呼ばれますが、コロンビアでは温かい低地です。赤道近くの強い日差しが、サトウキビを育てます。
写真7/左下)育つのはサトウキビだけじゃないらしい。カルタゴ手前20kmほど、幹線道路の合流地点には、パイナップル売りのおじさんが沢山いました。大きなカップに山盛り乗って1000ペソ(50円)! おやつがてら、甘ぁ~いパイナップルをもりもり頂きました。
写真8/右下)今日はとっても良い天気☆ 標高も低くて、半そででちょうど良い気温。気持ちの良いサイクリングが続きます。

09_IGP2767.jpg  10_IGP2769.jpg
11_IGP2783.jpg  12R0014669.jpg
写真9/左上)パイナップル屋さんと遭遇する前の丘で、海抜1200m台まで登っていましたが、また900m台まで下ります。道路はパナメリカンハイウェーに戻り、路肩も広くて走りやすい! この坂では、時速70kmも出ちゃいました。
写真10/右上)カルタゴという町を過ぎ、小さな町を結びながら、一路南へ。平地な上、若干の追い風があるので、平均時速20km以上で楽に走れます☆
写真11/左下)昼食を撮った食堂。コロンビアの人々、カメラを向けるとポーズを取ってくれます。
写真12/右下)いつもの、『定番定食』…美味しいんですよ!でも、いつも同じ食材で、同系統の味付けなんでね・・・。そろそろ・・・、ね。

13_IGP2791.jpg  14_IGP2795.jpg
15_IGP2799.jpg  16_IGP2800.jpg
写真13/左上)夕方、売店前でアイスクリームを食べながら午後の休憩。当分補給して、さて!というところで、私の自転車のパンクが発覚!!最近、ちょっと多いなぁ~…(コロンビアで2回目)。こちら、パンク修理を見物していた野次馬の皆さんです。私の作業中、岳くんがカタコトのスペイン語で全員の相手してました。
写真14/右上)目指すはカリ(右)です。首都ボゴタは、左だそうです。私ら、ボゴタには行きません。遠回りになるし、用事ないのに治安の悪い大都会に行くこたぁ~ありません。
写真15/左下)『凧』、見えますか?コロンビアの子供たちにも人気の遊びです。
写真16/右下)あっ!いたいた!あの子達が揚げてる凧でした。

 急いだつもりも、頑張ったつもりもないですが、今日は125km走れました。コロンビア入り後、最長の走行距離です。天気は良かったし、停まった町々で笑顔の地元民と言葉を交わせたので、とても気持ちの良い一日でした☆



________________________

8月9日/ ANDALUCIA(海抜950m)~CALI(海抜1,000m)/ 走行102km

 さぁ~て、もうついでだ! 一気にカリ到着まで紹介しちゃいましょうか!


17_IGP2806.jpg  18_IGP2807.jpg
19_IGP2808.jpg  20_IGP2810.jpg
写真17/左上)昨晩の宿はこんなとこ。キレイなホテルでしたが、狭いツインルームしかなかった…。1泊25000ペソ(ひとり600円)で、水シャワー。
写真18/右上)出発前。ガソリンスタンドに併設されたホテルでした。
写真19/左下)食堂もスタンド併設のを利用しました。昨晩の夕食と、今朝の朝食をお世話になった食堂のおばさん。って…、あまり私と年変わらんかも…?30代後半かな?おねえさん!ですね)
写真20/右下)今日もパナメリカンハイウェーのきれいな道路。ほとんどこれ、高速道路みたいなもんです。

21_IGP2817.jpg  22_IGP2821.jpg
23_IGP2825.jpg  24_IGP2828.jpg
写真21/左上)カリまで残り60kmほど。カリ市街に入る国道は2本あり。私たちは、カウカ川の西側、パナメリカンハイウェーとは違う方を取りました。どちらにせよ、道路脇には広大なサトウキビ畑が広がるばかりです。
写真22/右上)道路の右手(西側)は、緩やかな山。そして、左手(東側)は広大な平野。厳密に言えば、ここは南北に走る2つの山脈の間の谷間です。ここはコロンビアのサトウキビ栽培の中心地帯。
写真23/左下)だからね! あると思ったんですよ!! カリ市街に差し掛かったところ、国道のロータリー沿いにポツンと居ました、サトウキビジュース屋さん!
写真24/右下)飲み終わりかけて気が付いた!「あっ、写真!写真!」(笑) サトウキビを搾った汁に、氷水とレモン汁を加えた、天然100%ジュース。すっきりした甘みが美味しいんです☆ 1杯1000ペソ(5円)なり。

25_IGP2834.jpg  26_IGP2837.jpg
写真25/左)さぁ、カリ市街へ。コロンビア屈指の大都会です。地図を見ながら、中心部を目指します。
写真26/右)中心地に近いところ、インターネットで目星を付けていたホステルに到着。1泊15000ペソ(750円)のドミトリー。こういうホステルはカルタヘナ以来、久しぶりです。

 カリは、コレといった観光の目玉のない大きな街…。周辺の自然公園などへ向かう拠点になるところみたいですが、私らは周辺の山の中から来たサイクリストなので、ここは休養のための滞在地となります。
 温かく、黒人系住人が多いこの街は、サルサなどラテンのダンスや音楽が盛んな街なんだそうです。でも、サルサのリズムを踏めない私には用はないでしょう(笑)



 サルサよりも何よりも、この街は、美人が多いと称されるコロンビアにおいて、一番の『美人の産地』として有名☆




 南の街で、美人が多い…。おまけに、音楽が盛ん・・・。ん?福岡みたいな街か(笑)?
 (また福岡の話か!?って…?はい、そうですとも。俺は福岡を好いとぉ~と☆ 自慢したかと!)


 なんだか親しみが持てそうな街です。ここでは3泊のんびりします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/tb.php/1229-a5ee9fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。